岡山の夏は3年連続「初出場」校。

おかやま山陽は春・夏通じても「初」。

時代は動く。



前日の降雨コールド再試合で迎えた決勝。

IMG_2755

 

IMG_2767


IMG_2779


悲願の制覇に涙する選手も。

昨年は秋ベスト8、春優勝、夏ベスト4。

今年は秋、春とも奮わず・・

しかし、開会式の時に少し雑談した山陽・堤監督から「今年は秋も春も結果がでてないが、実力はあるチームなんですよ」と自信を漲らしてました。

旧チームは秋と夏は創志学園に敗れただけに、決勝の舞台で最大のリベンジ達成。


IMG_2363



IMG_2370


IMG_2427


IMG_2430

IMG_2564


IMG_2376

序盤から打線が爆発。

難波投手も決め球を狙い打たれ苦しい投球だった。


IMG_2390



IMG_2594


打力ばかり注目されてるが、守備も堅い今季の山陽。

IMG_2493



IMG_2469



IMG_2539

薮田投手(理大附・亜細亜大・広島)同様、広島来た大型ルーキの創志・西投手。

関西戦は速球で押したがこの日は切れ切れの変化球も披露。

先輩高田投手(巨人)の1年時より素材的には上だろう。

IMG_2454


8回まで無安打無得点の大江投手。

マウンドを降りるとき、7回まで元気にベンチ向かっていたのですが、8回は歩いて帰っていたので「足やったかな?」と思いましたが、やはりこの回で降板。全国までに回復祈る。

IMG_2383

大江投手も143k計測。小松投手、有本投手も140k台を投げるだけにかなり投手陣も強力。

一チームに3人の投手が140k超を投げる投手が居るチームは県内ではかなり珍しい。


IMG_2695


肩を急遽つくった感があった1年生大会優勝投手・有本投手は2失点されるもほぼ速球で押し切った。

この経験は来年活きる。



IMG_2901


昨年の高田投手同様、難波選手も1年時から岡山の高校野球界を引っ張った。

最後はこんな笑顔も。

IMG_2793


開会式の時、堤監督に「最初、部員3人からスタートで大変だったでしょ?」と。

「あの時は本当に苦労しました」と語っていました。

赤いユニで新生・おかやま山陽の新しい伝統を創った同監督。

1年夏のB戦での倉敷工戦でセンター方向越しから見た長身の右腕。当時は名前も知らなかったが「いい球筋の投手だなー」と注目し、後に坂田投手を指導していた中学時代の恩師に「小松っていう子です」と聞いて注目していた投手でした。今度は甲子園で投げる姿が見れそうですね。

時代は動く。

同じ日には中学野球ではお隣の里庄中が猛打で優勝。

同校の甲子園出場を見て、進学するかもしれない。

岡山県の勢力図は確実に変わりつつある。

今季の岡山を代表する好投手を次々粉砕しての完全優勝。

甲子園での活躍期待しています!

岡山大会で散ったライバル達の思いを胸に・・