平成2年ー平成5年まで甲子園出4年連続で初戦敗退と低迷も角田監督就任後に躍進した関西が平成6年夏から3季連続で甲子園出場し全て初戦突破。

新興の城東が平成8年センバツでベスト4進出。両校とも的確な指導がチームに浸透し試合内容も全国の強豪と堂々と渡りあった。低迷期を脱出した。


古豪復活・倉敷工

平成8年

前年夏、センバツベスト4の関西を準決勝で追い詰めた倉敷工。その主力が残った本年は決勝でセンバツベスト4の城東と「球史に残る決勝」を演じ優勝。準決勝では三連覇を狙った関西に前年のリベンジを果たした完全優勝だった。

甲子園でも2勝を挙げ県勢3年連続初戦突破。

準優勝の城東も精神的に大人のチームで後に「城東野球」で中国路をけん引した土台を残した。

豪快な野球で初のベスト8入りした学芸館、大会初勝利を果たし岡山東商,倉敷を撃破した古城池なども印象に残っている。


平成9年

倉敷商が優勝した本年は6季連続で全国初戦突破の県勢もこの年は初戦敗退。

この大会のハイライトは準決勝の岡山南ー津山工。

9回裏5-4でリードし2死まで無走者。岡山南の勝利が見えた瞬間、安打、失策と津山工が粘る。

岡山南・古市監督は外野前進守備で2塁走者を本塁で刺す守備体系を指示。

が、次打者はライト後方を襲う打球を放ち一気に1塁走者まで生還し逆転サヨナラ。

通常の守備体系ならライトフライの打球も、同点を嫌った作戦が裏目に出た。

この代の岡山南は秋の中国大会、県勢が次々と初戦で姿を消す中で山陰勢相手にコールド負け寸前から大逆転勝ちや乱打戦を際どく制しベスト4進出でセンバツ出場。センバツでも今をときめく光星学院を初戦で下す。

守備力を重視した長谷川監督の倉敷商は以後甲子園から遠ざかった。(平成20年・森光監督で出場)

比較的打力があった代(昭和63年、平成元年)では甲子園で勝てたが、それ以後は初戦敗退を繰り返した。




昨今、打力が全国に追いついてない・・と声を聞く。

打力で県でも圧倒するチームが少なく、好チームは多いが全体的に「均等化」しているように思う。

そんな中、おかやま山陽はかつての岡山南のような打力に活路を見出そうとしているのかなと思えるチーム作りに方向転換しているように思う。


-続く-