来春のセンバツに繋がる、秋季高校野球岡山大会は2回戦5試合がありベスト8が出揃った。


理大附5-4岡山南

昨日の古城池戦で快勝した岡山南はその試合で7回を投げた高城投手が連投。

昨日に比べ、やや球威が落ちたが丁寧な投球で4回を投げ2失点。

何れも失策絡みの失点だった。


理大附の先発は左腕、岩本投手。

7回まで3者凡退を6度とほぼ完璧な内容も、8回、突如理大附守備陣が崩れる。

4連続失策で同点とされ走者2人背負って、ここまで2三振と全くタイミングが合ってなかった3番・頼本選手がセンターオーバーの三塁打で逆転。

岡山南としてはここでもう1点欲しかったが救援した長身右腕の金子投手が4,5番を連続三振に抑える。

9回裏、理大附は粘る。

四球に3安打と繋ぎ、1点返し尚も満塁で5番・土山選手がライト横に運ぶサヨナラ打。

夏に失策連発で敗退したような嫌な流れを最後に払拭した。

逆に岡山南は5回から登板のエース万代投手が好投し流れを引き寄せるも最後の最後で再度、また夏と同じ結末に。

夏の教訓を活かした理大附に軍配があがった。

1

小気味よく投じる理大附・岩本投手。

中盤までは完璧な内容。

2

3

8

11

8回、初戦から当たりがない3番・頼本選手が値千金の三塁打で逆転!

9


12

1死3塁の場面で登板した長身右腕・金子投手が連続三振を奪い望みを繋げる。

金子投手の速球は威力十分。

今日、第三試合で登板した関西・栗原投手より球速は出ていたように思う。

13

最終回、1点差とした後の1死満塁。

5番・土山選手がサヨナラ打。

14


15


16

夏の大会の対倉敷商戦。

歩かせてもいい場面で、一番投げてはいけないコースの外角高めを引地選手にサヨナラ打を浴びた万代投手。

この秋も最後に力尽きた。

古豪復活の期待を抱かしただけに残念な秋になった。

少年時代に見た、川相・横谷選手ら勝利への執念をギラギラと燃やし、負ければ本当に悔しそうな岡山南のファンでしたが、最近は爽やかな敗戦が多いのは時代の流れか。

臼井監督時代を知るファンとしては空振りしても笑顔とか、時代のギャップを感じました。

IMG_0390


玉島商4-0岡山東商


21


22




23

予選リーグではかなり点を取られてた印象も、県大会で渡邊駿投手が7安打完封!



24


関西5-1東岡山工


31


35

36

東岡山工は夏、栗原投手と対戦あるだけに藤原監督も対策十分だった印象で安打を重ねるも、冷静に後続を栗原投手が抑えた。

37

東岡山工は終盤まで田中陽投手が好投。

関西はややエンジンの懸りが遅い攻撃陣が今後の課題か。


■倉敷市営球場
明誠学院 9-0 勝山高校
倉敷商業 7-0 金光学園

準々決勝

創志学園ー明誠学院

学芸館ー倉敷商

光南ー理大附

関西ー玉島商

勝てば中国大会へ!