j19_R


令和最初の夏は学芸館が2-1で倉敷商を下し4年ぶり2度目の優勝!

決勝は名門公立の倉敷商VS新興勢力・学芸館の対決になった。

平成後期から続く「新興勢」の勢いが止まらず、今年も学芸館が優勝。

岡山の高校野球は新しい流れの中で新時代を迎える。


j1_R


倉敷商・先発はここまで19イニング連続無失点の木村投手。

連投の疲れはあったが9回を投げ切り2失点。

大会を代表する左腕だった。

j2_R


j3_R

j4_R

6回裏、倉敷商は2死2塁から岡田選手が左前打。

2走・谷選手が本塁を狙うも7-6-2と好連携でタッチアウト。

知念選手がレフトの近くまでバックアップし矢のような送球。センスの塊だ。

j6_R

j7_R

2番・3番に入る「沖縄コンビ」は大会を盛り上げた。

不振の金城選手に大会後半、積極的にアドバイスを送る知念選手。

j8_R

そのアドバイスが効いたか・・8回、決勝タイムリー

j9_R

内野から投手陣に声をかける知念選手

j10_R


j11_R

2年生捕手の溝上捕手は大会を通じ投手陣を好リード。

j12_R

最後は昨年のエース・金村投手直伝のスプリットで空振りを奪う。

2年越しの「執念」だ。

j13_R


j14_R

j15_R

j16_R

j17_R


IMG_7959_R



IMG_7969_R

IMG_7986_R

j18_R

j20_R

j21_R

優勝した学芸館の粘りは見事。

おかやま山陽・倉敷工・倉敷商と終盤に逆転。

競り合いを制するのは地力がある証拠。

前監督の「城東野球」をベースに「足」を意識した機動力は少し高川学園のような嫌らしさもあった。

昨年のような大型チームではなかったが、沖縄組を中心に勝利に対する執念が凄かった。投手継投も絶妙でした。

またスタンドの一体感も素晴らしく、校風の良さが伝わり、選手も「伸び伸び」プレーしていたのが印象に残りました。

先ずは甲子園1勝して新しい「歴史」に期待します。


倉敷商は3季連続の決勝進出。

例年以上の打撃力は新しい倉商野球を感じました。