令和初の大会は下級生が多く活躍した年でした。

既に「センバツ」に向けて始動している各チーム。

注目選手を挙げてみた。


学芸館

夏の甲子園出場の学芸館は新チームも「左右」の好投手が残る。

130k後半の速球を投げる左腕・西村投手(1年)、140k超の速球が武器の仲村投手(1年)。
新チームも継投を武器に戦うのか?

期待の1年生投手陣をリードする溝上捕手(2年)や甲子園出場組でチャンスに強い岩端選手(2年)にも注目。

先ずは今夏の初戦、対広島商戦の勝利に期待。

   
学芸館・1年の西村陸努投手。


マウンド度胸抜群の左腕は130k後半の速球を武器に勢いがある。


学芸館・仲村竜投手(1年)。


学芸館からはもう一枚。

184cmの長身から140k台の速球を投げる。中学軟式で139k計測した大型右腕。

左腕・西村投手との2枚は出色だ。




おかやま山陽

1年生大会優秀校世代のおかやま山陽の2年生組。

勝負強い久戸瀬選手(2年)、森原選手(2年)、長打力が魅力の漁府選手(2年)、梶谷選手(2年)ら攻撃陣が充実。粒ぞろいの投手陣を使い秋の躍進を狙う。


おかやま山陽・漁府輝羽選手(2年)

勝負強さと長打力を秘める県屈指のスラッガー。

2年ぶりのセンバツを狙う。


創志学園

春季大会で登板した右腕・三方投手(2年)や旧チームからレギュラーの森田選手(2年)富田選手(2年)の三遊間が残った。

ベンチ入り以外にも実力を秘めた選手がひしめき、選手層は県内トップクラスか。


創志学園・三方陽登投手(2年)

184cmの長身から140k台中盤の速球を投げる。

選手層が厚い同校。

新戦力も含め、秋の戦いに注目。




理大附

1年生大会優秀校世代。

広角に打ち分ける土山選手(2年)、楠本選手(2年)はセンスが光り勝負強い。

長打力がある梶川選手(2年)、吉良選手(2年)らの打球は鋭く、経験豊富な捕手・入江選手(2年)が投手陣をリードする。

前回センバツ出場と比べ攻撃力は遜色ない新チームになりそう。


理大附・梶川航之介選手(2年)

打球スピードは抜群の強打者。

昨秋の中国大会経験者が多く残る同校、この秋も注目だ。




玉野光南

旧チームの主軸だった大塚選手(2年)、岡野選手(2年)が残り、選手個々の身体能力は高い。

高校通算40本塁打に迫る大塚選手は屈指の長距離砲。


玉野光南・大塚将馬選手(2年)

豪快無比な打撃は長打力抜群。

安打のほとんどが長打になる。



玉野商工

夏の大会で無安打無得点試合を達成した長谷川投手(1年)を軸に旧チームのメンバーほとんど残った。

夏の大会、洗練された守備は1回戦、2回戦と無失策。

3回戦の最後のイニングで選手入れ替えして初の失策を記録するも、良く鍛えられた。

大船渡・佐々木投手の温存策が話題になったが、将来あっての事。角田監督の夏の長谷川投手の起用も同様かと感じた。



玉野商工・長谷川康生投手(1年)

夏の大会鮮烈デビューのスーパールーキー。

洗練された守備陣をバックに、この秋の同校の戦いも注目。


岡山東商

経験豊富な村上投手(2年)、赤井投手(2年)の両左腕が古豪復活を狙う。

強気な投球が冴える両左腕に期待。



岡山東商・村上陸投手(2年)


今春以降、急成長の左腕は夏ベスト8.

古豪復活を担う投手だ。



岡山東商・赤井智生投手(2年)

岡山東商からはもう一枚、強気な左腕の赤井投手。

スタミナがつけば面白い。



倉敷工

夏の大会で好投した左腕・福島投手(2年)は140k超の速球が武器。

4番を打った中谷選手(2年)も残り、投打の軸は安定。



倉敷工・福島章太投手(2年)


左腕から140k台の速球は球速以上に速さを感じる。

夏の雪辱なるか?



金光学園

関西を完封した左腕・伊藤投手(2年)が残り、打線も長打力がある中村選手(2年)が中軸に座る。

西部地区は好チームが分散し、リーグ戦から熱い戦いになりそう。

   
金光学園・伊藤暖人投手(2年)

左腕から小気味よく投げ、経験豊富。

奪三振率が高い左腕。







例年以上に好選手が多い今秋の岡山県。

その他、関西には森安選手恋田選手の大型野手が打棒を武器に活躍しそう。

昨秋・今春ベスト8の明誠学院の左腕・横川投手も縦の変化球を武器にどんな投球をするか?


西部地区は激戦になりそう。

原田選手福島選手が残り選手層が厚い倉敷商も有力候補。

旧チームのレギュラーが多く残る興譲館高梁日新、夏ベスト8の翆松は投手2枚と打力ある町選手が引っ張り、伝統校・玉島商ら上位グループを追う予選リーグ例年以上に白熱しそう。





秋の激戦を前に、先ずはこの夏を勝ち抜いた学芸館を全力で応援します!!

佐藤監督の野球スタイルは緻密かつ選手主導で新しさを感じます。

一勝を挙げて、「学芸館野球」の基盤を固めてほしいですね。