来春のセンバツの最終関門、秋季高校野球中国大会が昨日から開幕した。

昨日は鳥取城北、平田がそれぞれ広島、山口を撃破。

大会2日目も山陰勢の勢いが止まらない。


 
EHxlGROUwAAAmaz


1回裏、出雲西は先頭・濱崎選手が三塁打、続く2番・保科選手が2球目をセンターに運び先制。

4回には当たっている1番、濱崎選手が2点適時打を放ち3点目。

8回裏にも保科選手に適時打が出てダメ押しの4点目。

山口1位の意地を見せたい豊浦は9回、脅威的な粘りを見せ長短4安打を集め1点差。

9回まで散発6安打に抑えていた出雲西の変則本格派・武木田投手をマウンドから降ろす。

尚も1死1,3塁のチャンス。

2番、小中選手の打球は二直、飛び出した一走がベースに帰る間に送球が1走に当たり、ボールがこぼれる間に3走生還。同点。

しかし、出雲西のアピールプレーで3走離塁したまま帰塁せず生還したとし、3塁にボールを送り「アウト」。(多分そんな内容だったと思う。審判のマイクもスタンド声であまり聞こえなかった・・)

試合終了し整列する出雲西。

ここで審判団が協議に入り、生還が認められ「同点」。

延長に入った10回裏、2死1,2塁から3番・石飛選手が左越え二塁打を放ち出雲西がサヨナラ勝ち。

球場内のアナウンスで矢上が勝った情報が入り、山陰勢怒涛の4連勝だった。

t

ttt

出雲西の先発は変則本格派。武木田投手。

8回まで無失点に抑える。


ttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttt

9回、ピンチで登板の羽原投手(1年・岡山東陽中)が粘投。

tttttttttttt

アピールプレーが認められ1度は試合終了も・・・
ttttttt

協議の結果、セーフになったが落ち着いて後続を抑えた。

ここで同点止まりは大きかった。

IMG_0717


ttttttttttttttt

最後は3番・石飛選手がサヨナラ打

ttttt


1度は4点差追いつた豊浦だったが・・。

tttttttttttttttttttt

好ゲームでした。


tt

元・プロ野球選手、中京のエースで甲子園のレジェンド・野中監督率いる出雲西。

中京時代はエースとして岡山勢に立ちはだかった。(安富投手の関西、横谷投手の岡山南)

同じ歳の佐々木誠監督(元ダイエー・水嶋工出)は鹿児島城西で九州大会ベスト4。

明日はそんな因果関係がある岡山勢との対戦。

ブルペンの投手を見ると、総じて安定している。

左腕・中田投手は早々と肩を作るも登板回避。

明日を見越しての温存なら、したたかな采配だ。