2006年07月

2006年07月31日

順当なFIFAランキング

 ドイツW杯以後、FIFA(国際サッカー連盟)のライキング表示方式が大幅に変更になりました。詳しいことはわかりませんが、日本は前回の18位から49位、韓国が29位から56位、イランが23位から47位、サウジアラビアが34位から81位、バーレーンが54位から94位、中国が68位から89位、イラクが52位から88位と大幅にアジア勢は順位が下がりました。

 一方W杯で決勝トーナメントへ進出したオーストラリアは、42位から33位に躍進しました。しかしいずれもアジアは30位以内に入る国はなくレベルの低さをあらためて証明しました。

 スイスが35位から13位、ウクライナが45位から15位、イタリアが13位から2位へ欧州勢が躍進していますね。


 アジアの出場枠が減るでしょうし、オーストラリアがアジア枠に来ますので、2010年大会は早くも予選段階で大変ですね。オシム日本代表監督は「日本はサッカーが弱いということを自覚しないと」と言われましたが、FIFAのランキングはそれを裏づけています。


tosaminken at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月30日

メールの95%は迷惑メールとか

 電子メールの95%以上は「ジャンクメール」という迷惑メールだとか。そういえばうちもそうですね。平均1日に300から400通来る電子メールの95%は確かに迷惑メール。先ほど来たメールも229通中、229通はスパム(迷惑)メールでした。わたしも今日の着信メールの94.9%は迷惑メールでした。

 アダルト系の女性名での卑猥なメール。メールマガジン形式のもの。ブログへのトラックバック・スパムやコメントでのものなど。多くは乗っ取られたゾンビパソコンからのものも多いようです。

 確かにこの迷惑メールを送りつける人たちの技術力は大したものですね。それをもっと有益方向に活用いただけないものでしょうか。

 夏場になると電力不足が言われます。しかしそれは自動販売機のせいとは思いませんか?自動販売機1台の消費電力は1家屋の消費電力に匹敵するとか

 田んぼのなかの自動販売機。この暑さではありがたい存在。しかし消費電力を考えますと「まてよ」と言うことになりますね。
 高速ブロードバンド時代。高速道路の車の95%が迷惑メールであったらどうなります?

 もっと事態を深刻に考えましょう。隣国のミサイルよりももっと大事なもんだいではないかと思います。ミサイルが飛んでくる以前に情報管理が出来ない国なのですから。


tosaminken at 08:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パソコン・インターネット 

2006年07月28日

米国産牛肉は大丈夫なのか?

bf4df707.jpg 来月中ほどから本格輸入が始まります。私は「命が惜しい」から米国産牛肉は食べません。今後も食べないようにします。うちの家庭でもそういう方針ですね。

 アメリカには卑屈な小泉内閣の「政治決着」なのでしょう。国民の命と健康よりアメリカが大事なのですから。国民は自分で身を守れと言うことです。ならば米国産牛肉を購入しないことですね。

 献血では以前より、イギリスや欧州への滞在期間を厳しく問われます。これもBSE問題。献血では水際作戦を継続しているのに。安全性が今でも疑わしい米国産牛肉を政治決着で輸入するとは。

 疑わしいものは手を出さないのが一番ですね。誰が何を発言したのか。国民各位は閣僚や政治家の発言を記録に取りましょう。

tosaminken at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国政問題 

2006年07月27日

ミサイル防衛より情報管理の優先を

 政府機関の職員が使う端末(業務用パソコン)の情報保安対策に不備が目立つことが、内閣官房情報セキュリティセンターの調査で明らかになりました。
 調査によれば安全対策がずさんであり、ハッカーに攻撃されたり、公的情報を私物の職員のパソコンに入れ、ウィルスやスパイウェアに感染する事例が多いと言います。

 全く情報管理の基本が出来ていません。国はミサイル防衛より、国防の要は情報管理でありますね。その安全対策を最優先すべきでしょう。


tosaminken at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社会問題 

2006年07月26日

イランの沈黙が不気味

 イスラエルがレバノンに軍事侵攻しました。外国人は国外へ脱出しています。一般市民も隣国のシリアに脱出しているようです。多数の市民が先頭の巻き添えで死傷しています。

 ヒズボラを支持しているイランが目立つ動きをしていません。そのあたりが大変気になります。イスラエルの動向次第では、イランの介入もありえるのではあにでしょうか。

そうなれば、どうなるのでしょうが?石油価格は高騰。昨日も取引メーカーが製品値上の見積もりを持参されました。じわじわと製品価格に転嫁されています。

 これ以上の危機にならないように国際機関は調停に汗をかいていただきたいですね。アメリカとイスラエルへの憎悪は臨界点を超えますと手がつけられなくなります。

tosaminken at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国際問題 

2006年07月25日

天木直人さん講演会のお知らせ

tosaminken at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国際問題 

2006年07月24日

オシム監督を支援しよう

 21日に正式契約されオシム氏が日本代表監督になりました。適切な人事でしょう。でもすぐには強くはならないでしょう。
 日本人の将来の監督候補をコーチに抜擢し、その監督術を伝授しようとしているところはさすがです。

 ユーゴ代表で「わがまま」なピクシーこと、ストイコ・ビッチ氏が心酔しているだけでもたいしたものですね。中田英寿さんもJリーグに戻ってこられた一緒にやれば良いとも思いますね。

 ジーコ前監督も結果は出ませんでしたが頑張っていましたよ。監督自らフリーキックの練習役をしていましたし、ポストプレーのキッカーまでしていましたし。もうすこしへばらず選手達もドイツW杯で「意気に感じて」いただきたかったです。

tosaminken at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2006年07月23日

イスラエルはやりすぎ

7e462071.jpg イスラエル軍がレバノン南部へ侵攻しました。空爆だけでなく地上部隊を侵攻させました。これにより攻撃対象のヒズボラの拠点は一時的には崩壊するでしょう。でも多数のレバノン市民にイスラエルへの憎悪を植えつけることになりました。

 また新たなイスラエルの敵がすぐに誕生するでしょう。軍事的には無力かもしれませんが、絶える事はありません。無尽蔵に湧き出てきます。この闘争は未来永劫に続くでしょう。

 アメリカは露骨にイスラエルを支持し、国連も無力です。過去の中東和平工作は一体内だったのでしょう。イランの動向が関連して気になるところです。
 イスラエルがある臨界点を超えますと、イランが出てきます。そうなりますと石油危機は収拾がつかなくなるでしょう。

 新たな世界大戦の脅威を感じます。それにしても小泉首相。この中東地域に外遊されましたが、何しに行かれたのでしょうか?税金の無駄遣いではなかったのでしょうか?

tosaminken at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 平和の問題 

2006年07月22日

本当に米国産牛肉は安全なのか?

3db0401e.jpg 先般の報道ではアメリカでは「必要性がなくなった」という名目で全頭検査を縮小しているとのこと。これではますます安全性の担保は出来ませんね。
 政治決着で米国産牛肉を輸入することを政府は決めました。国民の健康問題も「自己責任」と強弁したいのですね。

 国民は米国産牛肉を購入しないようにするべきでしょう。それが自分と家族の健康を守ることです。


tosaminken at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国政問題 

2006年07月20日

危険水域に入っている中東情勢

 イスラエルの横暴ぶりには歯止めが効かない。アメリカは露骨に支援していますし。イスラエルは中東の軍事大国。アメリカ政府の支援と世界中のユダヤ人からの支援で軍隊は最強。やりたいほうだいをしている。

 いまや世界でいちばん貧しい地域にアラブ世界がなっていると言います。イラクやアフガンへのアメリカの介入は大きな不安定要素になるでしょう。

 イスラム原理主義での活動組織であるヒズボラやハマスはテロ組織ではありません。社会公益活動もしているNPO的な側面もあります。タリバンもそうでした。西欧型の公益組織ではなくイスラム社会の互助組織なのでは。

 であるので大衆の支持があるのですね。軍事力で大衆の怒りを静めることなど出来ません。今は押し捲られているアラブ社会ですが、イランなどの参入で必ず反撃するでしょう。そうなれば石油価格など吹っ飛んでいまいます。


tosaminken at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 平和の問題