2007年03月

2007年03月31日

高知県民に希望を与えた室戸高校!

 強豪宇部商業(出場18回)を好試合で4対1で破りました。
 室戸高校はのびのびと野球を楽しんでいました。どちらが勝ってもおかしくない好試合でした。

 経済産業省が室戸市の隣町の「東洋町での高レベル放射性廃棄物文献調査を認可」という暗いニュースが高知県民はがっくりきていました。
 
 野球名門校相手にも臆せず堂々とした試合振り。力以上のものを発揮した初出場で出した室戸高校に拍手です。

 30年前の選抜大会。初出場の中村高校は山沖投手の活躍もあり準優勝しました。当時は前の会社へ入社し、尼崎市に住んでいましたので、甲子園へ観戦に行ったことがありました。外野スタンドから観戦しました。強豪天理高校との対戦でしたが、中村が勝った試合でした。スコアは忘れました。

 1985年の選抜は初出場の伊野商業が優勝しました。渡辺投手の活躍で準決勝で桑田ー清原のPL学園に勝ちそのまま優勝しました。
 近年は高知県予選は明徳義塾高校の壁が厚く、県立高校はなかなか甲子園には出れませんでした。伊野商業以来22年ぶり。室戸は「高知県民の希望の星」になりました。

 次の対戦相手は強豪熊本工業。もしそれに勝つことが出来ましたら、準決勝の想定される相手は優勝候補の大阪桐蔭学園。怪物中田選手がいるところです。是非対戦を見たいものです。ここまでしたら優勝してもらいたい。
 県東部に明るい灯をともしていただきたい。

 国策を捏造した原子力環境保全機構と、資源エネルギー庁職員を四国から追い出す力になるでしょうから。



tosaminken at 07:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2007年03月30日

公共工事は必要ですー地震対策に

2560c81d.jpg 国からの交付金や、地方交付税が「三位一体改革」と称した地方自治の弱体化により、公共事業費も削減。土木建設業者や業界全体が大不況になっています。

 今高知県で話題の「高レベル放射性廃棄物最終処分場」文献調査に応募した東洋町も、ここ数年間で財政規模が20%の縮小を余儀なくされ、「迷惑施設でも何でも良い」という判断を首長がせざる得ないように地方自治体はどこも追い込まれています。

 しかし3月25日に能登半島地震が起きました。地震白紙地区でした。東南海、南海、関東地域から言えば「地震が発生が少ない地域」でありました。関係者の衝撃がありました。

 「行政の最大の仕事は国民の命と財産を守る」ことです。どうやらこの何年間かは政府は国民の命や財産を守ることには熱心ではありませんでした。

地震対策、耐震補強は、国の安全保障です。他国との戦争を想定した議論には熱心だが、国民の「命と財産」を守ることには不熱心な安倍内閣のようです。

 地方こそ「耐震工事」をしないといけまねんね。国土100年の計であると思います。

 高知市におきましても護岸堤防の耐震化。避難施設の耐震化は政策課題です。

tosaminken at 06:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 南海地震対策問題 

2007年03月29日

U−23はアジアの壁を敗れるのか

 対シリア戦。二次リーグでは一番の強敵。親善試合ではなく公式戦ですのでなにが起こるのかわからないもの。それにしても観客動員が少ない。満員ではない国立。人気がないU−23というの実力不足とサポーターが見ているからでしょうね。

 前半に家永のワールドクラスのミドルシュートが決まる。程なく追加点はヘラ山がヘッドで決める。これで日本もリズムが出ました。それまで2度ほど危ないシーンがありしのいでいたから。

 梶山。家永はうまい。本田は相手の攻撃の芽をうまくつぶしていましたし。ただDFラインが不安定な日本。そこを本田が上手につぶしてはいました。ただDFの連携が悪い場面も。

 前線で平山が孤立しがち。せっかくキープしても周りのサポートが遅いので囲まれボールを良く獲られていました。強引にドリブルで崩す選手もほしいですね。そうしないとワンタッチパス回しもうまく行きません。

 前線へのパスの出しどころがなく、まわしているうちに相手に狙われ逆襲をくらうことも何度もありました。最終予選ともなると、サウジや中東勢はカウンターが早いので今の守備の連携では破られますね。

 次の試合はアウエーでのシリア戦。なにが起こるかわかりません。サッカーは。きちんと勝って最終予選進出を決め、準備もすべきでしょう。



tosaminken at 07:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2007年03月28日

桑田選手の健闘に拍手

 もう少しで夢のメジャー登板まで行きましたが、思わぬ怪我で残念。
 思えば22年前の選抜高校野球で既にスターでした。その年は初出場の伊野商業渡辺投手の好投で、準決勝でPL学園を破り優勝しましたし。

 ベストを尽くした顔はすがすがしい。あれほど明るいキャラクターだったのか。つくられているのか、それとも暗いイメージがつくられていたのか?メディアは事実の一部しか伝えませんのでわかりませんね。

 でも桑田選手の挑戦は勇気を与えてくれたのも事実。横浜の工藤投手、中日の中村選手など野球の好きな中高年は面白い。

tosaminken at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2007年03月27日

完全版「高レベル放射性廃棄物の地層処分」について、県議会議員選挙に立候補者による公開質問状の回答結果

7a59c2e2.jpg 高知県議会議員立候補者候補者63人にすべて「公開質問状」を出し、このほどようやく完全版の「高レベル放射性廃棄物の地層処分」について、県議会議員選挙に立候補者によるた公開質問状の回答結果がだされました。

 市民団体である「原発さよならネットワーク高知」としては大変な作業であったことを聞きました。候補者事務所への電話やFAXでの回答の請求や、聞き取り調査など大変な労力を費やしたそうです。

 そのかいもあり、このたび全員の回答が揃いました。また回答用紙に入りきれない文書を書かれた候補者もあり、「高レベル放射性廃棄物最終処分場問題」が高知県政の重要課題であることが県議会へ立候補された皆様へ浸透した証であると思います。

 有権者として4月8日の県議会議員投票の場合の、1つの判断材料になると思いました。じっくりと資料を吟味ください。
Kengikaitou32301_1
Kengikaitou32302_1
Koumeitoumm_1

清藤真司さんの見解です。
Kiyotoumm_1

 画像はスキャキャナーで取り込んだので字が小さく読みにくいと思われます。

 別添のPDFファイルを参考にしてください。

「kengi-kenkai323.pdf」をダウンロード


tosaminken at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 高知県議立候補者への公開質問状 

2007年03月26日

大事件!室戸高甲子園初勝利!

 高知県の県立高校が選抜へ出場できたのは確か20数年ぶりのはず。あの渡辺投手がいた伊野商業高校以来の出来事。伊野商業は結局桑田ー清原のPL学園にも勝利し,初出場、初優勝しましたから。しかも今回の室戸の対戦相手は優勝候補の兵庫の報徳学園高校。野球の名門校ではありませんか。

 ちょうどジムでリハビリをするため移動中で7回表の室戸高校の攻撃で2点先取は見逃しました。しかしその裏報徳学園の長打で1点差になり、終盤の攻防が気になりました。
 室戸はショートや外野の超ファインプレーでピンチの目をつみ、2対1で見事に初勝利。見ていて感動しましたね。

室戸がV候補報徳破る初勝利/センバツ(日刊スポーツ)

 次の対戦相手も強豪の宇部商業(山口)です。ここまできたらどこが相手でも同じ。遠洋漁業も不振で良いことがない室戸もさぞや元気になっていますね。隣町の東洋町も同じです。「核のゴミ問題」で町が明るくないですし。

tosaminken at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2007年03月24日

オシム日本の課題

 海外で活躍しているFWの高原選手と、MFの中村選手が日本代表に合流。今日の体ペルーとの対戦で腕試しをするようです。
 ペルーはなかなかW杯には出れない国ではありますが、そこはサッカー大国南米大陸で、ブラジルやアルゼンチンなどと戦ってきた国ですね。

 個人技に優れている選手も多いでしょうから楽勝する相手ではないでしょう。オシム日本の課題の「得点力不足」が解消されるのかどうかが見ものです。
 
 中村選手のFKが武器であると言いましても、それだけ攻めて,相手陣営深く押し込んでいないと相手の反則から、良い位置でのフリーキックは確保できません。そのあたり観客として「安心して見れるのか」どうかでしょう。

しかしこの試合どこのテレビ局も放映しないのはどうしたことでしょう。例によってテレビ朝日系列のみですね。田舎では見ることができませんし。

tosaminken at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2007年03月23日

原発の情報公開こそが不正を正す唯一の方法

2f5deb8f.jpg あいつぐ原子力発電所の事故隠し。データの改ざんと捏造。日本の原子力政策が全く信用できなくなりました。なぜそれほどまでに隠すのか?やはり人間にとって原子力発電は制御不能で危険な存在であるからではないのでしょうか?

 ここへ来て全国各地の原子力発電所が揃って「事故隠し」をするということは、それだけ危険性が増して来ている証拠なのかもしれません。またそれにしても隠した人達の責任はそれほど追及されないのはどうしてなのでしょうか?

 国の安全保障につながる大事故にもなりかねないというのに。日本の危機管理はこと原子力発電所に関しては機能しないようですね。
 どうしても必要な発電方法であるのなら、包み隠さず情報を国民に公開する必要になりますね。

 原子力発電所関係事業が情報公開をしないのなら、それは「危険な施設」であるので、「国民投票」で継続か廃止かを決まるべきでしょう。それには情報公開が必要です。


tosaminken at 06:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 高レベル放射性廃棄物最終処分場問題 

2007年03月22日

高知県議会議員立候補者から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状への回答記録」が公表されました。

高知県議会議員立候補者から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状への回答記録」が公表されました。

 3月20日市民団体「原発さよならネットワーク高知」が、高知県議会選挙に立候補されている全候補者に「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状を3月8日付けにて出していました。

 このたび、高知県議会立候補者された全員からの回答が集り、集計されたので公表します。
Kengikaitou32301


Kengikaitou32302


 PDFファイルをクリックし熟読下さい。もう少し大きくなります。

「kengi-kenkai323.pdf」をダウンロード




( 付記事項について)

 2007年度高知県議会議員選挙に立候補を予定されておられる高知県下のすべての県会議員立候補者の皆様に、市民団体「さよなら原発ネットワーク高知」から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状」の回答が寄せられました。


 一覧表の回答以外に、公明党高知県議団と、清藤真司さんより別に「見解書」が「さよなら原発ネットワーク高知」にFAX送信されてきました。
 その文章を公開させていただきます。(2007年3月23日)

Koumeitoumm

Kiyotoumm




 高知県議会選挙の投票日は4月8日(日曜日)です。


tosaminken at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 高知県議立候補者への公開質問状 

2007年03月21日

土佐の自由民権運動の遺伝子を継承する

7502d16c.jpg 最近私は中学生以来40年間呪縛されていた「革命幻想」から思想的に開放されました。愚かな自分に呆れています。

何も生み出さなかった新左翼運動

どうなった社会主義・共産主義・無政府主義
 昨年5月から腰痛分離症で体調不良のため、じっくり読書したり考えることが出来ました。

 そして土佐の民主主義の伝統を末裔である私たちは今こそ頑張って守らなければならないと思いました。

土佐人の民主主義の遺伝子を継承しよう

東洋町の住民はリコール運動に動き出しました。
 請願が受理され、住民の署名を集めると住民投票へ。過半数でリコール成立。町長選挙の実施と大変なエネルギーを費やしています。

 同じ高知県民として知らん顔をすることはできません。
 それぞれできることはあろうと思います。

 今後も「行動は言葉である」原則で、自分なりにできるやりかたで民権志士の末裔に恥じない生き方をしようと思います。


tosaminken at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 市民運動・社会運動