2009年02月

2009年02月05日

自然エネルギー活用で高知はトップに!

 エネルギー資源(石油・石炭・原子力)を海外に依存する限り、常時経済変動と戦争とテロの脅威もあります。第二次世界大戦も石油をめぐる争いであり、イラク戦争もそうでした。石油に依存せず太陽光、風力、水力、地熱、潮力、木質バイオマスなどの自然エネルギー利用を100%にすれば、為替の変動に悩まず、戦争やテロの脅威もなく、地域に雇用が生まれ、低炭素社会も実現できます。地球温暖化も阻止できます。良いことづくめです。

 しかし現在の日本のエネルギー政策は「2015年の見通しは、原子力43%。石油火力が6%。石炭火力が19%。天然ガス火力が22%。水力が9%。新エネルギーが1%」(電気事業連合会資料)となっています。自然エネルギーの活用には全然熱心ではありません。
 いまや世界の潮流は「エネルギー資源の自給自足」「地産地消」になっています。欧州やアメリカは自然エネルギー活用に本気で動き出しました。

 今高知から低炭素社会を実現す千載一遇の時代の到来を感じます。高知は日照時間も長く、放置された森林資源もあります。水源も豊かです。高知県は太陽光、水力、風力、木質バイオマスの活用で「地域エネルギー100%自給は可能」です。他の地域へエネルギー供給も可能でしょう。新しい雇用も生まれます。高知は日本全国に先駆け低炭素社会が実現可能できます。

 今こそ高知が幕末維新の頃のように低炭素社会実現のための先陣を走らないといけないと私は思います。高知県の「産業振興計画」の主要な施策に「自然エネルギー資源の活用により低炭素社会を高知から実現する」と知事は明記すべきです。達成目標年次を定め県政の舵取りをすることが、高知県浮上になると私は確信します。

tosaminken at 20:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 地域の問題 | 社会思想の問題