2009年10月

2009年10月14日

羽田空港”ハブ化”は大賛成

 前原国交大臣の「羽田空港を日本の空港の玄関口。ハブ空港化する」発言には大賛成。

 最近とんと海外旅行をしなくなったんで言っていることが正確なのかどうか今ひとつですが、とにかく高知から海外旅行にいくのは、関西空港も、成田空港も不便極まりない。関西には大阪伊丹まで飛んで陸路でいくしかない。成田へは羽田まで行き、そこから連絡バスかなんかで成田へいかないといけない。航空便の都合では、行きか帰りに1泊しないと海外旅行が地方在住者はできないのです。

 その点韓国の仁川空港は日本各地の地方空港路線があります。高知からですと高松空港、松山空港へ車で行き韓国仁川空港乗換えでいけば簡単に海外へフライトできますし。もっとも高松、松山は週に2回程度の便。岡山空港まで足を伸ばせば毎日運行しておりますし。

ETC搭載の車で岡山へ行けば安くいけますし、確か岡山空港駐車場料金は無料なはず。誰でもこれでは関空や成田を利用しません。当たり前です。不便ですし。

 「地元の意向を無視した」と森田健作千葉県知事は騒いでいるが、正しくは「地元の利害を無視した」と言うべきである。なにより日本の航空行政は利用者無視もいいところですし。次々と日本の航空会社が撤退している地方空港。その穴埋めしているのは韓国のKOREAN AIRであります。

 日本の空港行政が「地元の利害関係者」に顔を向けてきた結果の惨状ではないでしょうか。日本航空もある意味その利害関係に巻き込まれた(あるいは一蓮托生なのかもしれないが)犠牲者ではないでしょうか。

 航空行政がようやく「利用者本位」になったことは喜ばしいとは思います。

tosaminken at 07:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)