2009年05月26日

危ない北朝鮮は”1線を越えて”しまった!

korea1-tizu 核爆弾と弾道ミサイルを保有する北朝鮮。国民大衆が飢えているというのに、ひたすら軍事大国(「強盛大国」というらしいいが)、を目指しています。

 確かに以前も指摘しましたが、朝鮮半島付近の地図を逆さまにすると、日本列島が覆いかぶさり太平洋の出口を押さえています。ここに在日米軍部隊が駐留しています。世界最強の米軍がいます。韓国にも駐留しています。

 更に韓国軍と自衛隊もアメリカ式の最新鋭兵器を装備しているので、声高に日本や韓国を非難する北朝鮮政府にとっては怖い存在なのでしょう。

 そうした「身勝手な」脅迫観念が、自国民が飢えに苦しみ、最低限の生活にも事欠いている反面、核開発とミサイル開発に国の資源の大半をつぎ込むいびつな国家に成り果てました。

 特に今回は「暴挙」

 韓国の前大統領ノ・ムヒョン氏が逝去された直後に哀悼に意を表するといいながら、核実験をするとは。「礼節」を欠いた振る舞いではないか。これでは韓国内の「統一」を夢見る人たちの夢も打ち砕くものでした。

 また何かと北朝鮮を支援している「宗主国」である中国の面子を著しく傷つけました。兄貴分を侮蔑したことになります。兄貴の中国が主導している「6カ国協議」からの脱会を宣言するなど面子丸つぶれ。これも東洋的儒教道徳からしてもいけないこと。
 
 アメリカ主導の対北朝鮮包囲網が狭まることでしょう。

 北朝鮮はイランやシリアなどの中東の反イスラエル諸国との連携を深め、資金的な支援を受けようとしています。それはアルカイダなどのテロ組織に、核兵器やミサイルが供与されることになり、イスラエルやアメリカが1番恐れる事態になるからです。

 そうなる兆候が現れればアメリカは北朝鮮を空爆するでしょう。そうなると核戦争になり日本も安全であるはずはありません。

 1日も早く北朝鮮の独裁政権は民主化していただきたいと思います。

tosaminken at 20:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔