じゃぱかる日和

イ草産業と畳文化、水引産業と水引文化を通して本質的に豊かで幸せな暮らしに心を向ける事業です。 イ草と畳に関することや水引に関すること、日常での個人的に愉快で面白いと思うモノコトを綴ります。

『じゃぱかる』
【HP】http://www.tosa-k-style.org 
【Twitter】https://twitter.com/tkstyle6
【Instagram】https://www.instagram.com/japacul/?hl=ja

【水引に関するワークショップのご依頼】 随時受付・応相談
▶主な内容
①水引の歴史や背景を学び理解を深めます。
②水引の色々な結びや結びの使い方を習得します。
▶価格:一人2,000円~(2時間程度)応相談
▶人数:応相談
▶出張も承ります
例:学校 子供会 婦人会 事業者 公民館 お友達の集まりなど 

▶お申込み方法(お問い合わせ)
①☎088-881-2167
②申込みフォーム
http://www.tosa-k-style.org/form1に必要事項を入力後、送信してください。
③Twitter・InstagramのDM又はメッセージ

7月からお買い物時にはエコバッグが必須となりました。
いつも車中にバッグを忘れ、レジで慌てふためいているわたくしです。
駐車場所が遠いとわざわざバッグを取りに行くのも…雨ならば尚更怠惰

そんな時は仕方なく、手持ちのお仕事バッグにギュウギュウ詰め込みます。無謀

なので「バッグの取っ手の付け根がダメになるのが早いだろうなぁ」…といつも思っています。自業自得

皆さんに伺いたい。いつもエコバッグを持ち歩いているんでしょうか

私は、車には常備しているものの持っていくのを忘れてしまいます。
「そんなの知らんがな」とツッコまれればそれまでですが、普段のお仕事バッグを持ち、更に別のバッグを持つとバッグ&バッグで手一杯。他にもう何一つ持つ気になれません。
全般的にエコバッグの持ち手が華奢なのもちょっといや。肩にかけても腕にかけても微妙に食い込んで痛い。
お買い物の量は日によって違うのにバッグの容量が変わらないのも何だか不自由 
こうなったら好き勝手言い放題です 炎上覚悟

ゴミは減らしたい。自分のストレスも減らしたい。


そこで、風呂敷を使うことにしました

以前ブログで書いたように普段も風呂敷は使うのですが、手持ちの風呂敷はサイズ的に若干小さく、エコバッグ向きではなかったのであらためて探しに行ってきました
⦿2019.2.16ブログ風呂敷の良さを感じる日々。

風呂敷なら畳んでしまえばお仕事バッグの中でかさばらないし、いつも持ち歩けて忘れることもない。
また、買い物の容量によって形を自在に変えることができる。なんたって手軽に洗える利点も。

私の未来はきっと明るい

風呂敷と言えばなんたって唐草模様だよねー、とか じゃぱかるの水引アイテムのパッケージモチーフとなっている市松模様もいいなぁと思っていたら良いのがあったので手にしレジに向かいました。


途中、何気なく同じフロアの手芸店をのぞいたところ、大変可愛らしい生地が目に留まり釘付けにっ

ゴックン(生唾を飲み込む音)…すごく可愛い…どうしよう…手にしていたものを戻すかどうかひとしきり悩み、戻し(戻すんかいっwww)、その生地を手に改めてレジへ。

私を悩ませた可愛らしい生地がコチラ
風呂敷 (5)


そう水引柄
風呂敷 (2)


生地は持ち帰ってから1m×1mにカット。ミシンでチャチャッと端の始末をして完成
風呂敷 (4)
白くてピロピロした耳の部分は可愛かったのであえて残し。

一度洗って生地を柔らかくして、とても良い感じになりました
結ぶとこんな感じ
風呂敷 (1)

これでもう、レジ前で慌てることもない…はず







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





数々の日本一生産量を誇る高知の農産物
なす・ししとう・オクラ・ゆず・文旦・みょうがなどなどありますが…高知と言えば『生姜』でしょう。
2位:熊本県の4倍近い生産量を誇ります。

新生姜をたくさんいただいたので「さて、どうしよう」とあれこれ考えまして、初めてジンジャエール用のシロップを作ってみることにしました。

【我流ざっくりレシピ】
新生姜は丁寧に(唯一丁寧な工程)洗って皮ごと使います。
傷部分などは包丁の背でこするようにしてきれいにお掃除。ピンクの部分は切り落とします。

写真:ウーマンエキサイトより拝借
1472552836_1


新生姜を(繊維の向きに対して垂直方向で)1~2㎜の厚さにスライスし、生姜と同量程度(ざっくり)の三温糖をまぶす
私は三温糖をちょっと減らして、その分ハチミツを入れてみました。(ざっくり目分量)
166B3B1B-51AA-40D4-82D1-4B32D59AB1F9
新生姜はとても柔らかい。なのでスライス作業がものすごく楽しい

30分ほどで水分がいっぱい出てきたら鍋に移し火にかける
私はここでコップに半分くらい(適当)の水を足しました。
最初は強火→沸騰したら中火の弱火又は弱火(ざっくり)
最初のほうだけアクが出るのでとります。

くつくつ煮て、ちょっと煮詰まったくらいのイイ感じになったら(超ざっくり)レモン汁をいれ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
レモン汁は2、3滴とかじゃなく大さじ3杯分くらいかな…結構多めに入れました(ざっくり)
スパイシーに仕上げたい場合は、煮る際にシナモンや黒コショウ粒などを入れると良いみたい。
私も入れてみたかったけど、夜、急に思いついて仕込み始めたもんだから手元になく断念



シロップを濾して完成
AFD24951-0764-451D-A507-297786914155


せっかくなので取り出した生姜の半分をオーブンで乾燥してみました(なんのためにっ!?)
ちょっと目を離したすきに焼きすぎた…もうちょっと温度を低くしてじっくり焼けばいいんでしょうが、そこはざっくりさんなのでね。
7D1B1BE7-A44B-4CAA-A95F-9F549BF61A1D
オーブンで焼いている間「はて、焼いてはみたものの…どう使えばいいんんだ」と自問自答

ところがですね、このカリカリ感
そのまま食べても美味ですが、サラダとかに入れると食感も味もアクセントになってめちゃくちゃいいですよ
サラダとかって言ってますが、今のところサラダにしか使っていませんwww
他に良いアイデアがあったらご伝授ください。お菓子に使ってみたらどうかなぁ…



ひとまず実験は大成功

肝心のシロップはそりゃもう感動するくらい美味しいです
生姜のガツンと感もありながら、新生姜ならではの清々しい風味がおいしいのなんの
生姜焼きや魚の煮付けなどお料理にも色々使えそう。
少ない材料で簡単だし、私くらいざっくりした人間でも作れるし、生姜だって皮ごと使うので全然面倒いりません。

むしろ…そう、わたくし向きっ
ざっくりしている人は生姜をたくさん貰ったら(買ってもいいよ)ぜひ作ってみてください





・・・・・・・・・・・・・・・

6月末。
4年3ヶ月過ごした事務所から引越しによる全ての搬出を終えました。

なんと広いこと。
IMG_1073

IMG_1076

867ad5e8-s_LI


大開口から眺める景色も見納め
IMG_1077
年中開放していた大開口からはツバメや鳩、蜂など、一年通していろんな動物や昆虫の出入りが激しく
事務仕事をしている頭上でツバメが舞うなんてことも日常茶飯事でしたな。


窓からの景色はのどかとしか言いようがない風景が広がっています
IMG_1080


この場所での最後となる客人に「せっかくだからどう」と誘ってみたところ、喜んで乗ってくれたので一緒に
二人共向き合って構えておりますね。何が始まるのでしょう
バトミントン (5)

バトミントン (4)

バトミントン (1)
ご覧のとおり、バドミントン

わたくし、スエットパンツ・膝にサポーター・首にタオルと、ものすごくやる気まんまんに見えますね。
スエットパンツは引っ越しで汚れてもいい服装、更には引っ越しでヤってしまった膝をサポーターでカヴァー、掃除で滝のように流れる汗をを拭うためのタオルであって、けしてバトミントンで彼女をこてんぱんにしてやろうという気持ちなど微塵もございません



最後にも楽しい思い出ができてよかったー
誘いに乗ってくれてありがとうございました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はじゃぱかるの水引ピアスを付けてくださっている女性3名に(間接的に)お目にかかることができました。

お一人目は須崎市の佐々木かおりさん
夕刻6時10分~NHK高知放送局で放送されている「こうちいちばん」で佐々木さんが取り組むわら馬を伝える活動が取り上げられました。
2020.6 (4)

ザクッと申し上げると…須崎市では七夕に藁で編んだわら馬を飾る風習があります。
「わら馬」には災い除けの意味合いがあると考えられていて、
大冒疫(今でいうインフルエンザ)などの疫病が流行したときに七夕様に願掛けしたことから始まったと言われています。
佐々木さんの活動は、このわら馬の風習を後世に伝え残そうというものです。
番組では、コロナによりアマビエ様が厄除けの神様として全国で広がりを見せていますが、須崎市ではわら馬の歴史や意味も含めて暮らしに息づいてほしいと開催した『わら馬作りのワークショップ』についての内容でした。


2020.6 (6)

2020.6 (5)
彼女が身につけてくれている白い水引のピアス
紺色のお洋服と潔いショートカットによくお似合い
私が知る彼女のちゃんと生きることに対する真摯な姿勢と真っ白の水引がとてもリンクしているように思います。


お二人目は、それをリポートしていた揚田葵衣アナウンサー
2020.6 (1)
耳元には小梅のイヤリングをつけてくださっていました
ほんわかと優しい雰囲気の揚田アナにピッタリですよ
プロフィールによるとお着物が好きでご自身で着付けもされるそう



3人目は、イベント司会業のお仕事をなさっている森木めぐみさんのFacebookから。
※森木めぐみさんについて→先日のブログ

小さな規模だったそうですが記者発表の場にて。
※お写真は森木さんのFBより拝借
2020.6 (2)

2020.6 (3)

2019 (3)

めぐみさんによりますと
テーマの仁淀ブルーに合わせ
・紺色のワンピースに じゃぱかるさんの水色の水引ピアス ・おばあちゃんの形見のアクアマリンの指輪 ・高知家のバッヂもブルーが入ったものにして ・越知町のヨコジロー のピンバッヂも付けました ・マスクもブルー ・靴も水色でした(*Ü*) とのこと

こちらは大ぶりのあわじ結びのピアス。カラーもフォルムもめぐみさんからのオーダーです。

めぐみさんがお仕事をする際、装いに心がけていること「服装にストーリーを」というお考え。
とても素敵ですよね


昨日は一度に3名の方々がじゃぱかるの水引ピアスを付けてくださっている姿を拝見することができ、とても嬉しかったわたくしです
こんな偶然は滅多にありません。とっても

素敵な感性の持ち主でいらっしゃる女性がつけてくださっていることも嬉しい

ここしばらく事務所の引っ越しに追われ毎日結んでいた水引に触れられていませんが、ちょっと落ち着いた今、わたくし…


猛烈に…そう、猛烈に…
その人の個性が、魅力が引き立つ水引ピアスをつくりたい衝動に駆られております

あんな色で、こんなフォルムで。
スタイリッシュに、エレガントに、キュートに、クールに、ポップに。
あの方なら、この人なら…と妄想が果てしない

一日も早く引っ越しのダメージ色濃い体力気力の回復に努め、水引に向き合いたいものです。。。

じゃぱかるの水引ピアスが買えるところ
⦿高知龍馬空港 アクセスはコチラ→
http://www.kochiap.co.jp/access/
⦿土佐和紙工芸村くらうど アクセスはコチラ→
http://www.qraud-kochi.jp/access/
⦿じゃぱかる 土佐市高岡町甲2161-4



水引ピアス・イヤリングについて
ご依頼・ご相談・お問い合わせ先は
【じゃぱかる】
〒781-1101 高知県土佐市高岡町甲2161-4
▶お問い合わせフォーム
▶Tel/Fax 088-881-2167
▶HP http://www.tosa-k-style.org





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


事務所の引っ越しで疲労困憊・限界突破
搬出・搬入・運搬も自分たちでしているため若くない身体への負荷も大きく、その影響で疲れからか脳内もそれなりにダメージ(記憶が飛ぶ・やるべきことを片っ端から忘れる)蓄積中ですが、そんなさなか ほっこり和むこともあります。

事務所近くの川にて。。。
バームクーヘンみたいな石、見っけ 
105318950_2912474195548322_5677490473263102653_o


DIYでこしらえた作業台を片付けたら…多幸感が溢れておりました
作業台を支えていた足たち(ちなみにこれもDIY)
9389CD63-ABA2-4BF7-A142-48542674DFDB


ちょっとしたおもしろみを見つけ上手なのが私のイイところ
と、自分で自分を持ち上げモチベーションアップして、残りの引っ越しを何とか乗り切ろうとするー



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高知市帯屋町大橋通りにお店を構える森木翠香園さん主催【土佐茶の美味しいいれかた講座】の1回目(4回開催)「新茶の美味しいいれかた」に参加しました。(開催時間:11時~12時)
学びの場は久しぶり。

場所はじゃぱかるのイ草商品も販売してくださっている「土佐せれくとしょっぷ てんこす
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (17)

森木翠香園はじゃぱかるが親しくさせていただいている上山めぐみさんのお父様が営むお茶の老舗店。
おそらく高知では一番古いお茶屋さんとのことで100年ほどの歴史がおありだそう。

講座は、お茶のあらゆることはもちろん土佐茶についてなら日本一の見識を持っておられるめぐみさんのお父様から直接教えていただけるということで、とても楽しみにしていました。
めぐみさんは日頃から「父の淹れるお茶は一番おいしい」と仰っていたし、お仕事でご一緒した際にお父様が淹れたお茶をいただいて美味しいことを体感済みのわたくし。

存分に教えていただくつもりで申し込みました。

めぐみさんとツーショット。
めぐみさんの瞳の大きさが印象的  打って変わって、わたくしの瞳のつぶらさもある意味印象的

2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (1)



受付時、好きな茶筒をチョイスし
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (9)


着席
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (2)

2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (3)


ネームプレートにはめぐみさんらしい配慮が
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (11)


席はソーシャルディスタンス
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (12)


講座の前に冷たいお茶をいただく。
めぐみさん「ゴクゴクと飲まずにワインのように舌で味わって飲んでみてください」(と言ったような気がする)
わたくし「ワインのようにね♪」と返事をしたものの内心「ワ、ワインのようにとな…」
まるきり下戸のわたくし。ワインのようにと言われても今一つピンとこない。
ワイン独特の動きである手のひらで回すようにするのか…光にかざして嗅いでみたりするのか…
どうも違う気がする…

おそらくこれが正解だろうと思う動作で静々と口に含み、ゆっくり味わう。
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (10)
ほんのりした甘さとほのかな苦みがおいしい
お茶の甘さって何ともいえず幸せな気持ちになる。。。
この幸せな気持ちって、いわゆる出汁的なお茶の「旨み」なんじゃなかろうか…と思っていたら、講座の中でお茶の旨みについてのお話がありました。納得。

一番乗りだったので、皆様が揃うまで用意してくださった色々な文献や資料を拝見
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (4)

2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (5)


講座では産地について、業界の背景、お茶の種類や特性などなどお父様の長年のご経験と感想を元に多岐にわたって見解や実情をお聞かせいただきました。
じゃぱかるが行うイ草や水引の授業についても、単に「知ってほしい」「楽しんでもらいたい」という観点だけから事業をしているわけではない私にとって沁みる内容でもあり、もっともっとお話を伺いたいと思ったことでした。

めぐみさんによると毎回話の内容が違う(笑)とのことなので「もっと聴きたい私は、そうなるともしかして毎回参加しなくちゃいけないのか…」と思ったり

とにかく大変興味深いお話です。面白いです


そして、次に淹れ方を習います。
いつもどおり淹れてみたお茶と、ちゃんと習って淹れたお茶とでは明らかに違います。

参加者がいつも通り淹れたお茶
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (14)


お父様が淹れてくれたお茶
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (15)
見た目はさほど変わりませんが、私の隣の方は一口飲むなり「全然違うっ❢」と声をあげてらっしゃいました。
私も心で「ほんとだ、全然違うね」と大きく頷いていました。


淹れ方のマニュアルはありますが、加減が大事だと思いました。
茶葉の加減、お湯加減、待ち時間の加減。
このちょっとした加減の違いが旨みに大きく左右していて「こんな感じ」と教えてくださることが大変役立ちます。

この辺は直接お話を伺わないとわかりづらいところですね。
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (16)

(↓写真:森木翠香園さんのFacebookから拝借)
講座の様子
わたくし、ポットのお湯の出し方がわからず、混乱のあまり色々つついてポットの蓋が勢いよく開いたことは内緒です。

そして何より、お父様が長いご経験を得て、何をどんなふうにお考えになってお茶の世界をご覧になっておられるかを垣間見ることができたことが私にとってはとても意義深いことでした。


帰りはお土産までいただきました。これ、ぜーんぶ土佐茶です
2020.6.17 お茶の淹れかた教室 (8)


わたくしは新茶と和紅茶をチョイス
IMG_0947


講座は終始、めぐみさんの進行・タイムキーパー・配膳などなどきめ細やかなサポートの元、和やかにかつ真剣に進みあっという間の1時間でした。そして、すごく有意義。
講座が終わったあとも皆さまお父様とお話などされていましたが、私はこのあと2か所ほど立ち寄る仕事があったので後ろ髪をひかれつつおいとましました。

2回目のテーマは「冷茶」だそうです。
日時はまだはっきりとしませんが、Facebookなどで森木翠香園さんのページをチェックしてみてください

わたくしはこの時期から既に自宅で冷茶を作って飲んでいます。
ちなみに手順は…やかんでお湯を沸かす→お湯をさます→茶葉を入れる→冷蔵庫で一晩おく→茶葉を濾す、です。
冷茶は冷茶ですが、おいしいかと言われれば大いに疑問。気になるところでございます

最後に。
記念写真は安定の目つぶりショット(写真:森木翠香園さんのFacebookから拝借)
記念写真


森木翠香園さま、とても良い講座を開いてくださってありがとうございました





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、近所のスーパー:サンシャインオリビオの入り口で見つけたマスクシート
お値段:100円(税別)
IMG_0860

IMG_0859
あっ♪わたくしの故郷 「紙のまち」愛媛県四国中央市本田洋行さんの商品ですねっ

余談ですが…四国中央市は紙関連の事なら市内で完結できないことはないというくらい、あらゆる紙産業や技術が集結している日本一の紙のまちです
(経済産業省が毎年公表している「工業統計調査(平成30年工業統計表 地域別統計表 市区町村別)」によると、「パルプ・紙・紙加工品製造業」の製造品出荷額等(平成29年実績)において、四国中央市が平成16年の市町村合併以降、14年連続で全国1位となっています)


IMG_0861


箱から出して袋からも取り出してみたよ。
包帯みたい。
一枚の上下が折り返しになっています↓
76B1EDDB-7822-4A53-B75B-0ACFF48A7810


IMG_0858

ロールにはミシン目が入っていて、一枚の大きさはこんな感じ。
以下、写真は本田洋行さんから拝借
③

一枚を横半分に折ると↓
②

一枚の上下を広げて半分にすると↓
①
(上・下のどちらかだけを広げることもできます)

箱にも書いてあるように、たいへんサラッとして薄くて軽いシートです。

正直、こう暑くなってくるとただでさえ厳しいマスクの着用。これからますます暑いーっ
シートの必要性がどこまであるかわかりませんが、リーズナブルで色々な大きさのマスクに対応できるので必要という方は重宝なさるのではないでしょうか


それにしてもひょんなところで故郷の商品を見かけると嬉しいものですね






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回は珍しく装飾性の高い結びをいくつかご紹介
IMG_0758
IMG_0757
IMG_0769

どうでしょうか。
なんとなく厳か

どことなく華やか


どれも基本のあわじ結びからの展開です。
私自身はシンプルな結びを好みますが、シチュエーションやお好みに応じてこのような結びが相応しいことも

水引のひと筋から生まれる結びの造形は尽きませんね。


【水引のお稽古】ご依頼・お問い合わせは、下記お問い合わせフォーム又は電話でお願いします。
じゃぱかる
▶お問い合わせフォーム⇒https://www.tosa-k-style.org/form2
〒781-1154
高知県土佐市新居1945-8 2階
▶Tel/Fax 088-881-2167
HP http://www.tosa-k-style.org













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





名古屋銘菓『なごやん』をご存知ですか。

写真:なごやん公式HPから拝借
なごやん (1)

写真:日本47の良い物HPから拝借
なごやん (1)
詳しくはこちら→なごやんについて
なごやんを見れば「なんか、こんな感じの味だろうなー」と想像はつきやすいかと。



ところがどっこい、つい先日。
近所のサンシャインで『生なごやん』なるものを発見❢
生なごやん (3)

生なごやん (1)



ちなみに公式HPにも掲載されていました
生なごやん (1)


生なごやんとなっ これは食してみねばっ
生なごやん (2)

生でないなごやんと全く違う

まず皮…蒸しパンに近いけれど蒸しパンよりはるかに軽くてしっとり。
次に餡…黄味クリームと名打つだけあって餡のようでもありクリームのようでもあり。
皮も餡もしっとり柔らかく、饅頭としては形状を保つギリギリの線を狙ったのではないだろうかという感じ。

目を瞑って口に入れたら味は饅頭だけれど、口あたりはスポンジケーキに近いような。
これまた和と洋のギリギリの線ではなかろうか。

おいしいーっ
一つと言わずもっと買えばよかった。
今日だけでも3つくらいは簡単にイケそうなくらい甘さもちょうど良くて非常においしい。


後悔



今度行ったとき、まだあるかなぁ。。。



心配


製造がPascoと言うのが意外だったけれど、おいしいので皆さんもお試しあれ







・・・・・・・・・・・・・・・

好き嫌いがほとんどないわたくし。嫌いなものが思いつかないねぇ…

ただ、子供の頃苦手だったのがコールスローサラダ。
今思うと給食で出されたコールスローサラダの味(サラダ油+酢)が苦手だったんだと思います。
わかってくれる人いるかなぁ。。。

そのまま時が過ぎ、あえて作ることもなかったのですが、一年ほど前に別バージョンがあることを知り愕然
それが まー美味しくて


今日も30㎝級のタッパーいっぱいに作って職場に持ってきました
夏のサラダはなんと言ってもコールスローよねー
コールスローサラダ1 (2)

コールスローサラダ1 (1)

自分でもこんな変わり身の早い女だと知りませんでした

あれほど苦手意識の強かったコールスローサラダなのに、以来ことあるごとに大量作り置きでございます。

今更と笑われることを承知で きっと皆さんはとっくにご存知のはず。
マヨネーズ+お酢・ハチミツ・コショウ・時にコンソメ顆粒を投入
個人的にはお酢多めが好き。

今回は千切りにしましたが、みじん切りにするとまた食感が違ったり、フルーツやレーズン、ナッツ等を入れても(超おススメ)すごく美味しいです
また、副菜としてだけでなく、ウインナーや茹で卵(又は薄焼き卵)と一緒にパンにはさんでも美味しい。

サラダ油バージョンでは味わえないバリエーション豊かな楽しみ方が多いのもいいよねー。
大量に作ってとことん味わい尽くす感じです

ちなみに今日は…職場で昼食に鶏のささ身フライを作ったので副菜としていただきます♪
IMG_0718


うっかりコールスローサラダを誤解したまま人生を終えるところでしたが、何があるかわからないもんですね。本当に良かった。

そもそも、コールスローサラダの正解はあるのか、定義は何なのか
サラダ油バージョンvsマヨネーズバージョン、好きな人が多いのはどっちなのか。
いろいろな疑問がふつふつと。


ただ一つ心配なのは、ことあるごとに作りすぎて嫌にしまうんじゃないかと…
ほどほどにしとかんと




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


見て

すごく綺麗な石を見つけたよ。


IMG_0666


IMG_0665


アンテロープキャニオンみたい。
アンテロープキャニオン




・・・・・・・・・・・・・・・・・

(自粛の影響もあり)久しぶりに美容院へ行きました。

思えば25年ほど前…転勤で高知に来た当初、良い美容院が見つからなくてねぇ。

転勤族にとって生活と切り離せない良い病院などを探すのに苦労しますが、美容院もその一つ。
今だとネットである程度の情報は手に入りますが、当時はまだアナログ。
生きた情報は地元民から聞かないと何もわからないのが実情。

(ただ地元民だと関係性が深くて、腕の良し悪し抜きにして教えてくれたりすることもあるのでその辺がね。。。)

地域に馴染むまでの時間や情報を教えてもらったりする親密な関係を築けるまでの時間も必要だし、情報を自分で確かめることも必要だし…と地元の方にはあまり想像つかないような苦労がいっぱいあります。

スーパー一つとっても、最初はどのスーパーにどんなものが置いてあるのかもわからなくて、欲しいアレを探すのにスーパーをハシゴするという難民に陥ったりして

美容院は本当に当たりはずれが多くて「どうしてこうなる」と泣きたくなったことも多々。
飲食店の当たりはずれも随分経験しましたー

次男が幼稚園に行くようになって、仲良くなったお母さんのカットが素敵だったので教えてもらい行ったのが高知市上町の美容院サロン『Love&Peace
そのお母さんも県外から来られた方で、ちょうど良い美容院が見つかったばかりだったそうです。
やっぱり「探してた」と仰ってました。


オーナーの山下さんは当時レゲエ調のロングヘアで結構日焼けもしてて、お…おぉっっ…てなったのを覚えています
更に、仕事の繊細さ・接客の丁寧さとのギャップが

とにかく腕が良くて、丁寧で繊細で。
高知に来てやっと気に入った美容院に出会えて「これでもう探さなくて済む」と嬉しかったです

以来、20年以上のお付き合い。
今やわたくし以上にわたくしの髪質と取り扱いを知る男。


帰り際に「アルコール性は手が乾燥するでしょう。これは次亜塩素酸水使用なので大丈夫だと思います。持ち歩けるように小型のボトルに入れてありますから良かったら使ってくださいね」と除菌スプレーを貰いました。

翌日、次亜塩素酸水が効果があるとかないとかのネット記事が出ていましたがそんなこと問題じゃございません

20年以上経っても当初の気遣いや心配りは全く変わらない。
付き合いが長いからと言って言葉遣いや態度も慣れ合ったりしない。
察してなのかどうかわかりませんが、他人とむやみに近しいことを好まない私にとって、いつもずっと適度な距離感で接してくれています(物理的にじゃなくて精神的にね)
プロだなーといつも思います。

ということで、ありがたく持ち歩いております
IMG_0652










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・