11/11(日) 須崎市の古民家宿泊施設「暮らしのねっこ」で日本茶インストラクター 柿谷奈穂子さんとじゃぱかるの合同企画【お茶と水引をたしなむ畳の時間】を開催しました。
IMG_4205


暮らしのねっこ運営管理者は移住定住支援センター「暮らすさき」
暮らしのねっこ全部屋和室ですが、そのほとんどの畳をじゃぱかるが納品させていただきました。
『じゃぱかるが本当に良いと思うイ草で織られた畳表』を選択をしてくださった暮らすさきには、今も とてもとても感謝しています。


イ草事業に関しては紆余曲折あっただけに、その場所で初めてお稽古を開催できる喜びは 胸にグッとくるものがありました。
KIMG1928


▶午前中:水引のお稽古/講師:じゃぱかる 合田裕子
この日は民泊施設『すどまりBOOK』にお泊り中のフランス人の青年2名がご参加。
それらしき英語バージョンの資料も用意。
IMG_4538

とっても物腰が柔らかで紳士なお二人
一生懸命結んでくださいました
IMG_4596

体格ガッツリ目の彼はコツを掴むのが早く、器用で細かな作業にも慣れている感じ


IMG_4601


こちらのシャイな彼は苦戦しつつも、けっしてあきらめたり雑にやろうとしない姿勢が本当に素敵でした
ウーン、ムツカシイネ
お茶と水引をたしなむ畳の時間 055
千年以上にわたり日本特有の変化をしながら今も日本の暮らしに息づく水引。
この細い紙紐で心を表現する日本ならではの文化をフランス人の青年二人はどんな風に感じたのかなぁ。


IMG_4598


IMG_4600


わたくし、近いっ 
お茶と水引をたしなむ畳の時間 045


お茶と水引をたしなむ畳の時間 042


お茶と水引をたしなむ畳の時間 068

2時間みっちり集中し、あまりに無言の時間が続くので内心「だ、大丈夫かな…。た、楽しいのかな…」と心配になります

最後は笑顔で―
IMG_4597


▶ランチタイム 提供:Cona‐cafe
すももサワーを取り忘れたっ
生姜のポタージュとおからコロッケ ヘルシーで優しい味わいでおいしい
まさに、コナカフェさんそのもの~
コナカフェさんならこういうお料理だろうなぁ、を裏切らないテイストです。
IMG_4553


▶午後:日本茶ワークショップ/講師:日本茶インストラクター 柿谷奈穂子
まずはお茶についての知識をレクチャー。
目からウロコのお茶レッスン知らなかったことがいーっぱいありました。
ペットボトルのお茶が普通になり、水を買って飲む文化が普通になった昨今ですが、やはり急須でちゃんと淹れたお茶は本当においしい。
匙で計る、沸かす、蒸らす、淹れる、一つ一つが「美味しいお茶を飲みたい」に向かっての作業。
時間がゆっくりと流れます。

次に、それぞれのお茶に合った温度や淹れ方レッスン。
お茶と水引をたしなむ畳の時間 104


お茶と水引をたしなむ畳の時間 100

お茶と水引をたしなむ畳の時間 103

お茶と水引をたしなむ畳の時間 101


玄米茶用の玄米を炒ってます。
お茶と水引をたしなむ畳の時間 116

お茶と水引をたしなむ畳の時間 124

お茶と水引をたしなむ畳の時間 144


以外とお茶に合うチーズケーキ
作り手はもちろん❢誰もが認めるチーズケーキの達人Cona-cafeさん。
上からレモン風味・ノーマル・ほうじ茶風味です。どれも美味しい
この日初めてCona-cafeさんのチーズケーキを召し上がった参加者も『おいしい』とびっくりしてました。
IMG_4583



柿谷さん、ブルーのお召し物がとてもお似合い
「今日はねこピアスをつけたいと思って」と、こんな感じに
この日のお召し物にあつらえたかのような色合いの ねこピアス。
お茶と水引をたしなむ畳の時間 102

お茶と水引をたしなむ畳の時間 137


日本茶と水引に触れる畳の時間はとても穏やかで静かでゆっくり。
畳も含めて、日本の伝統産業や文化が持つ精神性みたいなものを感じたワークショップでした。

また企画し、この畳の上で開催したいと思いました。


水引のお稽古』のご依頼やご相談は
【じゃぱかる】
〒781-1154
高知県土佐市新居1945-8 2階
Tel/Fax 088-881-2167
e-mail japacul@mb.pikara.ne.jp
HP http://www.tosa-k-style.org
お問い合わせフォーム https://www.tosa-k-style.org/form2






・・・・・・・・・・・・・・・