11月18日(日)は高知市が誇る街路市『日曜市』へ。

目指すはただ一店のみ。ひろめ市場の前あたり。
他には目もくれんぞねー
IMG_4696



いたーっ❢
IMG_4683

IMG_4682



今日が初出店の『ハーブ仁淀川』さん。
なぜだかわたくし緊張し、前夜は夜中に4度ほど起きました。
そんなガラじゃないだろうと言われそうですが、こう見えて繊細かつ小心者。
ハーブ仁淀川さんが初出店されるとなると、お客様は来てくださるだろうか、とか(反対に)お客様が来すぎて何か予測不能の事態が起きた時人手がいるんじゃないだろうか、とか勝手に色々考えてどうも寝つけない。
ハーブ仁淀川さんは準備万端でものすごくぐっすり熟睡・安眠しているかもしれないのに。
私は一体何の立場で何を考えているのだろう…無意味

そんなこんなで夜は空け、いざ日曜市へと繰り出しました。

この日は特に人出が多かったらしく、私のわずかな滞在中だけでも次々とお客様が来られ とーってもお忙しそうでした
IMG_4684

IMG_4685

IMG_4686

IMG_4687


お料理系のハーブ
IMG_4688



IMG_4690


・イチ押しのトロピカルブレンド
IMG_4691

IMG_4692


・それだけでも、他のハーブとミックスしてもOK。万能選手 レモングラス
IMG_4693


わたくしの手伝いなどなくともチャッチャと手際のよい小松ご夫妻。
こんな息の合ったご夫妻の間に余計な気などまわして手伝いに入れば、迷惑千万 足手まとい以外の何モノでもない
IMG_4695


小松家のお嬢ちゃんたち
いつも元気でとても可愛いらしい二人です
ハーブ園では(たまに?いつも?)お手伝いする大事な戦力
IMG_4698


初出店記念に
IMG_4700


のちに「初出店の時は二人とも若かったねー」なんて見返していただけたら嬉しやです


ハーブ仁淀川は先代の園主:堀内さんから無農薬・化学肥料不使用で栽培を続けています。
植物本来の力を大事に育てているので、とても薫り高いのが特徴です。
また、堀内さんは乾燥技術にもこだわっていたため、大量に手荒にガサッと広げ乾燥するのではなく、ハーブが重ならないよう傷まないように丁寧に広げるのでとても美しいのです。
この丁寧な作業がハーブ本来の力を最大限に生かすことにも繋がります。
2代目園主の小松さんもそれを大事に思い変わらぬ栽培や作業を続けています。


ドイツでは風邪をひいて医者に行くと薬ではなく「ハーブティーを飲んでください」と言われるのが通常だそう。
そのくらい「ハーブ療法」が定着しています。
「自然療法士」という国家資格もあり、医大ではハーブの講義もあるそうです。

日本では効果効能を謳ってはいけないと言われますが、国が変われば健康的な暮らしに欠かせないものとして存在し認められているハーブ。

日曜市に出店してくださったことでハーブ仁淀川さんのハーブがお求めやすくなりました。
店頭では小松さんに色々と尋ねてみてください。
信頼してどんどん尋ねて、反対にご自分の経験談や知識も小松さんにも伝えてみてください。
きっと真剣にそして嬉しい思いで耳を傾けて下さるはず。

ハーブ仁淀川さんとお付き合いしていると、ハーブの世界は奥深く、幸せで豊かな暮らしに繋がるものだと気づかされます。
それは、じゃぱかるが伝統産業や伝統文化を通じ描き続けている『個々の暮らしが本質的に幸せで豊かな社会』にも通じています。



【ハーブ仁淀川の商品・圃場見学&ハーブ体験に関するお問い合わせは】
じゃぱかる
〒781-1154
高知県土佐市新居1945-8 2階
Tel/Fax  088-881-2167
お問い合わせフォーム  https://www.tosa-k-style.org/form2
e-mail  japacul@mb.pikara.ne.jp
HP  http://www.tosa-k-style.org
ハーブ体験『五感で楽しむオーガニックハーブ体験』←詳細クリック











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・