昨年11月にご紹介した割烹「うを兼」
 ぜひこちらをお読みください2020.11.30ブログ四方八方に伝統構法と技術が詰まった割烹『うを兼』の和室に風格の土佐表

1月に無事オープンを迎えられ、この度女性4名でランチに伺いました。
ご主人のこだわり、修業を積んだ京都の趣を湛えた店構え
145

143

139

141


この日の食事席はじゃぱかるが納めさせていただいた土佐表の和室をチョイス。
(他にもカウンター席、テーブル席あり)
89e3d470

133


書:北古味可葉氏
131


さて、いよいよお楽しみのランチとまいりましょう。

運ばれてきた途端、フワッと立ちあがるゴマの高い薫り。 菜ばなのほんのりとした苦味が春の予感
119



筍、里芋、出汁巻、湯葉、こごみ、小なす、お魚(なんだったか聞くの忘れた)、生姜、ししとう、黄金イカ
121
素材ひとつひとつがそれぞれ丁寧に仕込まれ料理されています。

個人的には、一見何でもないように見えるししとうがすこぶるおいしかったです
噛むと、ししとうの青さと苦みと甘みと(下味の)出汁と鰹節の風味が混然一体となって、しみじみと「あぁ、おいし…」「ししとうを甘く見ていてごめんよ…」と心の中で静かにつぶやきました。

ほかの食材も味わい深くて「日本人で良かったよ」って気にさせられる。

「こごみ」(ぜんまいと似ている形のもの)を初めていただきました。

ぜんまいみたいにぬるっとしているのかと思いきや、サクサクシャキシャキとっても爽やかな歯ごたえ。
天ぷらにしてもおいしいかもー


前にも書いたように思いますが「うを兼」さんはとにかく出汁がおいしいのでございます。
お野菜も汁物もしっかりとした出汁と共に素材の味が生かされています。
以前尋ねた際、ご主人曰く「京都は出汁文化。出汁がしっかり伝わるように表現する」と仰っていました。
本当にお出汁がおいしい


お刺身 お皿には薄氷が張っています❢
うを兼さんは魚屋さん。お刺身はそりゃもう美味しい。卑怯ですやん、ってくらいおいしい。
123


今回お誘いくださった沖野さんお気に入りのお漬物
沖野さんはいわずもがな。「うを兼」さんを伝統構法で建てられた沖野建築の奥様
お米も美味しい~
125


桜の花びらに見立てたユリ根が可愛いこと
桜の葉の中には白身のお魚と餅米?他にも何か入っていたような気がする…いっぱい食べて忘れました
127


一寸豆、銀杏、貝柱、ゆりねのかき揚げ…絶品
はまあざみの天ぷら
129

豆乳抹茶アイス
アイスの中に見える粒はなんと山椒の実 ピリッと効いてこれが合うのよ―
135


ということで、恐ろしいくらいするすると体内に収まってゆく数々の御料理
「でも、和食だからねー」とか「たまにだからー」とか誰に聞かれたわけでもないのに勝手に言い訳がいっぱい


大将の丁寧な仕事と御料理をいただける幸せをかみしめながら、膨れた腹を抱え帰路についたのでした。

それにしても…このような時期なので声量を控えることを意識していたはずなのに、ついこらえきれず爆笑してしまうほど楽しかった食事会でございました


【割烹 うを兼】
お食事は要予約です。

088-892-0216
昼 11:30〜14:00
夜 17:30〜
現在は不定休の営業です。