築18年の戸建てのお客様です。
トイレの交換と同時に洗面所のリフォームも行います。

 

施工前トイレ施工前のトイレです。
手洗いカウンター付のやや広めのトイレです。
トイレはTOTOのタンクレストイレ ネオレストDタイプです。

壁天井の仕上げは、お洒落で抜群の消臭性能を持つはいからペットで仕上げます。

 






 


施工前洗面所施工前の洗面所です。大型のカウンタータイプの洗面台です。TOTOのシステムJINAXのきらめきWを検討しましたが、機能面で変わりが無く、金額の差が大きかったので、INAXのきらめきWを選択しました。





 

施工前和室八畳の和室です。
畳の表替え、襖や障子のの張替え、壁の仕上げははいからペットで仕上げます。

 





 

今日使う商品が到着しました。8:30頃、今日取り付ける商品が届きました。
珪藻土の以外の作業を、今日一日で全て終わらせます。効率よく作業を進めなくてはなりません。特に複数の職人が入りますので、段取りが重要になります。





 

まずは既存の便器とタンクを外します。

まずは便器を取り外します。

 

 





 

すぐさま既存のCFを剥がし…便器を取り外したら既存のCFを剥がします。

 

 





 

CFを張ります。次の作業が迫っています。
素早く、かつ丁寧にCFを張ります。

 

 

 








 

 

トイレのCFを張っている間、洗面台は解体します。クロス職人がトイレのCFを剥がしている間に、洗面カウンターを解体し撤去します。

 

 






洗面台を取り外しました。洗面カウンターと既存のCFを撤去しました。

 

 





 

新規洗面台に合わせて排水間の切り回しを行います。既存の洗面カウンターと新規洗面カウンターでは給排水の位置が異なります。床や壁を開けて切り回す必要があります。

 





 

図面を見ながら慎重に作業を進めます。図面を見ながら慎重に作業を進めます。

 

 





 

CFを張り終え…その頃トイレでは、CFを張り終えました。

 

 





 

便器と紙巻器を取付ました。

TOTOのタンクレストイレ ネオレストDタイプと紙巻器を取り付けました。午前内に完成し、トイレが使える状態になりました。

 

 

 








 


トイレ手洗い器の水栓金具です。トイレの手洗いカウンターです。
カウンターは交換しませんが、便器や壁天井が綺麗になると意外に目立つものです。お金をかけずに綺麗に見せるために水栓金具のみを交換します。

 





トイレ手洗いカウンターの水栓金具も交換しました。水栓金具のみを交換しました。
水栓金具ひとつだけでも雰囲気はかわるものです。

 

 





既存のスイッチです。またリフォームの際に見落としがちなのが、スイッチやコンセント類です。壁が綺麗になってもスイッチ類は古いまま。これらは大きな費用がかかるところではありませんので、東静プランニングでは変えてしまいます。

 





コスモワイドに交換します。コスモワイドのスイッチです。
大きなスイッチで押しやすくお洒落です。
表装リフォームの際は抑えておきたいポイントです。

 





洗面カウンターの組立てです。午後からは洗面カウンターに取り掛かります。
まずは外で簡単に組み立てます。

 

 





洗面カウンターのスペーサーを取り付けています。洗面台の両サイドは水はねでかびやすいものです。カウンターの左端にスペーサーをいれ、カウンター脇のカビを予防します。

 

 

 

 









洗面所のCFも張り終えましたので洗面所のCFを張り終えました。
テラコッタ調のお洒落な柄です。

 

 





洗面カウンターを運び入れました。簡単に組み立てたキャビネットを運び入れます。

 

 





 

止水栓や水栓金具類を取付け組み立てていきます。止水栓や水栓金具、各種配管を接続します。

 

 






カウンターを運び入れます。カウンターを運び入れます。
人造大理石ですのでかなり重いです。

 




 


カウンターを乗せ、仕上げに取り掛かります。キャビネットにカウンターを乗せ、固定します。

 

 






隙間にコーキングを打ちます。隙間にコーキングを打ちます。
マスキングテープ養生をします。綺麗な仕上がりの為に、慎重に張り、ラインを出します。

 





 

コーキングを打ちます。コーキングを打ち、表面をヘラで整えます。
マスキングテープを剥がしたら終了です。

 

 





完成しました。完成しました。

 

 






何とも言えない重厚感と高級感です。何とも言えない高級感と重厚感です。

 

 

 





テラコッタ調の床ともマッチします。
テラコッタ調の床ともマッチします。

 

 






コスモワイドに変えました。お約束のスイッチコンセント類も交換しました。

 

 





 

2Fトイレの内装も仕上げました。その間にクロス職人が2Fのトイレの床壁天井のクロスを張り終えました。

 

 

 









 

 


トイレに珪藻土を塗りました。

トイレの壁に珪藻土を塗りました。
色は淡いピンクのもも。鏝波の模様が素敵です。

 

 





手洗いカウンターの水栓も取り替えました。既存の手洗いカウンターです。
交換すれば綺麗になりましが、もったいないので水栓金具のみ交換します。
こうした一工夫で安く綺麗に上げることができます。


 




下塗り革命を塗りました。

次に和室の珪藻土塗りです。
既存の壁はじゅらく(砂壁)です。そのまま塗ればアクがでてしまいますので、合板を張った後にシーラーで下地処理をします。

今回はアトピッコハウスの下塗り革命を塗りました。
既存じゅらくに下塗り革命を塗り珪藻土の施工で、アクが出ずに綺麗に仕上がります。また、従来の工程が省けますので安価にあがります。

 








珪藻土はいから小町です。珪藻土『はいから小町』のゆず色です。

 

 

 





珪藻土はいから小町を塗っています。
一回目は薄く塗り、二回目に仕上げます。
珪藻土は漆喰のように平滑に塗ることができませんが、和室なのでパターンを付けず、なるべく平滑に塗っています。

 

 




どんどん塗られていきます。
親方も頑張っています。

 

 





 

床の間塗った後の床の間です。
派手すぎず地味すぎず、上品な色です。

 

 

 

全ての工事が終了しました。

 

 

 





リフォーム・リノベーションのご相談・お問合せは(クリックすると当社HPに移動します。)

株式会社東静プランニング お問合せ0120-491-801