Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

カテゴリ:広島 > 黒田博樹


1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木)01:27:52 ID:jFh
残念だが当然の対応
キレて当たり前といえる

引用元: ・【朗報】黒田博樹さんの恫喝、普通に正しかった

【【朗報】黒田博樹さんの恫喝、普通に正しかった【藤浪死球】】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/22(日)10:39:07 ID:6WZ
広島・岡田明丈投手(23)が新球習得に励んでいることが21日、分かった。
直球の握りでボールを動かして打者のタイミングを外す、いわゆるムービングファストボールで、本人は「ストレートチェンジ」と命名。
現役引退した黒田博樹氏から昨季終盤に助言を受けたものだ。今季の目標投球回数に180イニングを掲げる右腕。
新球を今春マスターし、2年目の飛躍を誓った。

 マツダスタジアムに隣接する屋内練習場。約5時間にわたる自主トレを終えた岡田は、
昨秋から取り組むフォーム改造と並行し、新球習得に励んでいることを明かした。

 「打者が踏み込んだ時にボールが落ちる。直球に近いチェンジアップのイメージです。
黒田さんにアドバイスをもらい、練習しています」

 昨季終盤、チェンジアップの握りの話になった際、沈む球を投げる大黒柱から
「真っすぐと同じような回転がいいんじゃないか」と助言されたという。
それをもとに、中指と薬指で直球のように握る自分なりの工夫を加え、「抜かずに切るイメージ」で腕を振り抜く。

キャプチャ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000067-spnannex-base

【広島岡田、黒田氏直伝の動く新球「ストレートチェンジ」で勝負】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/31(土)07:21:25 ID:DAj
今季限りで現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が、来季は“臨時投手コーチ”として、2軍選手を指導していくことが30日、分かった。
球団も了承済みで、不定期ながら大野練習場や由宇練習場を訪れて育成に携わっていく。

 表舞台から裏舞台へ-。黒田氏がチーム力底上げを目指し、尽力する。
「鈴木さん(球団本部長)と話をしていると『いつでも来て教えてあげてくれ』と。
タイミングが合えば、由宇や大野に行きたい。2軍で苦しんでいる選手がいれば、手助けできればいい」と力を込めた。

 今季、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた野村を筆頭に大瀬良、岡田など多くの投手が黒田塾の門下生。
日米で培った経験談を聞き、結果を出してきた。若鯉が自らの殻を破り、成長曲線を描くきっかけになるはずだ。

 「コーチじゃないので、いい加減なことはできない。それを頭に入れて手助けしたい」。
カープを愛する男が、立場を変えて恩返しを約束した。
キャプチャ


【【広島】黒田氏、来季カープ2軍“臨時コーチ”不定期で練習場へ】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)06:56:01 ID:oGY
今季限りで現役を引退した前広島の黒田博樹氏(41)がNHK紅白歌合戦に“出演”することが22日、分かった。会場には姿を見せないものの、マウンドでの雄姿やメッセージVTRが流れる予定。男気エースの最後の晴れ舞台となりそうだ。

これまでの軌跡が改めて日本中を勇気づけることは間違いない。20億円ものオファーを蹴り、メジャーから電撃復帰。
今季は7月に日米通算200勝を達成し、25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。涙の胴上げに、日本シリーズでの力投。永久欠番となった背番号15の伝説は、年の瀬に語り継がれるはずだ。

すでに紅白には日本ハム・大谷がゲスト審査員を務めることが決まっている。スポーツ界からはレスリング・伊調馨(32)、競泳男子・萩野公介(22)らも名を連ねており、黒田はサプライズでの“登場”となりそうだ。

11月5日の優勝パレードはNHKと地元の民放全4局が生中継した。広島地区では年末年始にも黒田、新井のドキュメンタリーの再放送やカープ特番が予定されている。社会現象となった赤ヘルフィーバーがさめぬまま、2016年が幕を閉じる。

http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20161222-00000281-sph-base

言っちゃったらサプライズにならんやろ‥‥

【【謎報】前広島の黒田博樹氏、NHK紅白歌合戦に“出演”】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)07:28:28 ID:DVp
 25日の日本シリーズ第3戦(札幌D)で途中降板した広島・黒田博樹投手(41)が、30日の第7戦(マツダ)に先発することが26日、有力となった。

 第3戦の6回、大谷を左飛に打ち取った直後に両足がつるアクシデントが起き、5回2/3を4安打1失点で緊急降板した。
この日は、両足の状態を確かめながら、札幌Dの外野を入念に歩いた。問題がないことを確認すると、ダッシュ、そしてキャッチボールも行った。

 練習後に報道陣に状態を問われると「全然大丈夫ですよ」と、きっぱり。病院にも行かず、球場内でトレーナーの治療を受けた。
「昨日の今日ですからね」と、普段の登板翌日と同様の治療だったことを強調した。畝投手コーチも「体調は問題ないようだ」と胸をなで下ろした。
キャプチャ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000038-sph-base

引用元: ・【広島】黒田、第7戦先発有力!中4日へ「できる準備をしていくだけ」

【【広島】黒田、第7戦先発有力!中4日へ「できる準備をしていくだけ」】の続きを読む

このページのトップヘ