Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

カテゴリ:独立リーグ

1: 風吹けば名無し 2018/09/10(月) 13:25:20.52 ID:KjwxwtPEp
巨人の元チームメートからフラワーボードとメッセージが寄せられた。阿部からは「本当にお疲れさま。これからも、よろしくな」。後輩を代表し坂本勇からは「お疲れ。いろいろ大変やったね。いろいろお世話になったから、今度からはおなかすいたらいつでも連絡してきーや」。
同学年の日本ハム矢野、実松からは「男・村田修一の野球に心からの敬意を表します。一緒に野球ができて、一緒に過ごせて、一緒にバカやれて本当に幸せでした。おれたちはこれからもずっと仲間だぞ」。横浜時代の監督だった大矢氏もねぎらいに駆けつけた。

キャプチャ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00325774-nksports-base

引用元: ・坂本勇人さん、引退の村田修一に「おなかすいたらいつでも連絡してきーや」

【坂本勇人さん、引退の村田修一に「おなかすいたらいつでも連絡してきーや」 】の続きを読む


1: 風吹けば名無し 2018/09/10(月) 10:43:33.51 ID:jo7+7Delp
男・村田にとっての第2の人生とは…。卓越した打撃論とトーク力を生かした指導者や解説者。抜群の求心力を生かして次世代の人材を育成する教育者になるのもありだろう。
営業マン転身なら幅広い人脈と現役終盤から覚えた英語も生きる。「野球だけが全てじゃない」。道は広がっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000242-sph-base

引用元: ・【悲報】村田修一さん営業マンへの転身を勧められてしまう

【【悲報】「村田修一さん第二の人生に営業マンはいかがですか!?」 】の続きを読む


1: 風吹けば名無し 2018/09/10(月) 07:32:58.37 ID:dXNH4VUxp
早すぎる引退を惜しむ声もある。12月で38歳。各球団が若手育成に走るのは良しとして、プロ野球界は惜しいスターを失った。

巨人から戦力外通告を受け、1か月がたった昨年11月中旬。神奈川県内の自宅に招かれた。新天地は早々に決まるかに思われたが、まさかの長期化。話題は自然と去就に向いた。どの球団なら三塁手、右の大砲が手薄か―。
大きな背中を丸くして各球団の戦力を調べていた。某球団のフロントと話がしたいと自ら売り込みをかけたが、門前払いされたこともあった。「いよいよ辞めないといけないのか…」。
あんなに弱気な男を見たことがない。食卓に用意された料理も手つかずのまま。喉を通らなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000242-sph-base

引用元: ・【悲報】村田修一さん、戦力外後自ら某球団に売り込みをかけるも門前払いされていた…

【【悲報】村田修一さん、戦力外後自ら某球団に売り込みをかけるも門前払いされていた… 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/09(日) 11:15:26.65 ID:9UKu9zDg00909
キャプチャ
画像引用元リンク先:

引用元: ・男・村田“引退試合”巨人ナインの名前が入った花看板が登場

【男・村田修一“引退試合”巨人ナインの名前が入った花看板が登場 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/03(金) 12:15:59.74 ID:l8dUr7ex0
■村田修一の何が「天才」なのか

 「天才」を「努力」と置いた場合、村田さんは努力タイプではありませんでしたから、これも当てはまりません。努力タイプといえば、当時横浜には内川聖一さんがいました。
内川さんはよく練習をし、徹底的に自分と向き合う求道者のような人でしたから、村田さんの豪快さがより引き立ちました。豪快というよりは、周囲の環境に左右されず、自分の人生を生きる能力が高い、という表現の方が正しいような気がします。
2009年のWBC日本代表キャンプでは、誰よりも早く宿舎に帰り、「龍が如く」を楽しんでいたそうです
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://news.nifty.com/article/entame/bn/12113-066654/

引用元: ・【悲報】元プロ野球選手村田修一さん、2009WBCキャンプで練習せず宿舎で龍が如くをプレイしていた

【【悲報】元プロ野球選手村田修一さん、2009WBCキャンプで練習せず宿舎で龍が如くをプレイしていた!? 】の続きを読む

このページのトップヘ