Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

カテゴリ:ネット・SNS > Twitter

1: 風吹けば名無し 2018/03/05(月) 16:02:38.65 ID:+brvZuGw0
アルバイトをするよりも効率がいいのは? 武井壮の持論に、コメント殺到


高校生や大学生の中には、「みんながやっているから」「遊ぶお金がほしいから」といった理由でアルバイトをする人たちがいます。
親が学費を払っている場合、そんな人たちが「時間を無駄にしているのか、いないのか」と議論の的になることも。

そんな中、アスリートでありタレントでもある武井壮さんも、持論をTwitterに投稿しました。

■ 将来に目線を向けて、効率よくいこう

なんとなくアルバイトをしている人たちに向けて、武井さんは次の言葉をツイート。
その内容とは…。

『 武井壮
@sosotakei
時給1000円で月に100時間働いて10万円もらうより、100時間本気で何かの能力磨くか学習したらそれ以上稼げる自分くらいは育つ。
それが毎月続いたら一年後には能力も12倍だからな、1200時間バイトするより1200時間成長する方が圧倒的に効率が良い!と決めてから15年やり続けたらなかなかの成果が出た!
9:20 - 2018年3月3日 』
『何も考えないでアルバイトをするより、何かの能力を磨くことや学習などに時間をかけたほうが効率的』

目先のお金に釣られず、将来を考えて行動する重要性を『人生の先輩』は説いています。

引用元: ・武井壮の持論に、コメント殺到「月に100時間働いて10万円もらうより、100時間本気で能力磨く」

【武井壮の持論に、コメント殺到「月に100時間働いて10万円もらうより、100時間本気で能力磨く」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/26(月) 14:57:59.91 ID:dO3gCbX50 BE:241659539-2BP(1000)
ひと@ガオグライの妻@kaoklainotuma

カーリング女子嫌いじゃなくて女アスリートをゆるキャラやタレント扱いしたり、
外見を取り上げる日本のマスゴミと視聴者が嫌い。
「もぐもぐタイム」とか幼児かよ気持ち悪い。

https://twitter.com/kaoklainotuma/status/967418280079052800



カーリングのもぐもぐタイムとか北海道弁ばっか特集する気持ち悪さはグラビアで女の子の名前をクン付けして書いてあるのと同じ気持ち悪さ

かわいい女の子たちがやってるからもぐもぐタイムいいよね? となるんであって、仮にあれがデブスならどうだ。養豚場へ帰れってなるだろ。どうだい違うかい

え?もぐもぐタイムって何?いい大人の女が気持ち悪い。メディアも然り。

カーリングは漫画化アニメ化できそう 選手の女の子のゆるーい日常やもぐもぐタイムの場面は萌え豚を釣れるし、
試合のシーンはちゃんと描けばスポ根要素も作れる さらにピッチリアンダーウェアの下半身はいくらでもエッチに描ける余地あり
これは売れるぞ...!

引用元: ・フェミさん「カーリングの『もぐもぐタイム』は大人の女性を可愛い幼児扱いで馬鹿にしてる、女性蔑視」

【フェミさん「カーリングの『もぐもぐタイム』は大人の女性を可愛い幼児扱いで馬鹿にしてる、女性蔑視」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/21(木) 11:12:40.49 ID:Z3WgS44Tr
自分で考えようよ…

スレ、画像引用元: ・はあちゅう氏「童貞いじりはダメなのに地震のたび書き込まれる『おっぱい!』はいいんですか?」

【はあちゅう氏「童貞いじりはダメなのに地震のたび書き込まれる『お●ぱい!』はいいんですか?」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/18(月) 16:13:09.87 ID:a5zQe9Gvr
そしてなんとか絞りだしてわたしもわたしもと便乗するムーブメントになってしまった
もはや被害でもない

とある人を取材しようとしていたとき、同業者からその人から飲み物に薬を盛られてレイプされたという話を聞いて恐ろしくなり「こちらのスケジュールの都合で申し訳ありませんが……」と、電話取材にしてもらったことがある。もう4年前の話。
#MeToo

https://twitter.com/himeno_kei/status/942573117775347712


完全にマウント大会になった模様

引用元: ・Me too運動、ついに噂を聞いただけで被害報告する女あらわれる

【【悲報】Me too運動、ついに噂を聞いただけで被害報告する女あらわれる 】の続きを読む

このページのトップヘ