Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

カテゴリ:カヌー

1: 風吹けば名無し 2018/01/11(木) 18:17:38.13 ID:m4f2xzD+d
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000100-jij-spo

カヌーの鈴木康大選手(32)がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した問題で、日本カヌー連盟の成田昌憲会長は11日、石川県小松市にある日本代表の合宿先を訪れ、被害者の小松正治選手(25)らに謝罪した。
小松選手は「自分の潔白が証明されたのは、連盟が動いてくれたから」と謝意を述べた。

連盟はこの日、再発防止策を発表。
選手に対する教育プログラムや専門家によるカウンセリングの実施、競技会場で禁止薬物混入を防ぐためのドリンク保管所設置と監視の強化といった内容で、小松選手にも報告した。
古谷利彦専務理事は「東京五輪でメダルを取るだけではなく、カヌー選手は素晴らしいと言ってもらえるよう頑張ってもらいたい」と激励した。

小松選手は再発防止策について「自分にも至らなかった点はたくさんあるが、対策がある分、集中して競技ができるのでありがたい」と述べた。
今後に向けては「高い意識を持って切磋琢磨(せっさたくま)し、東京五輪を目指したい」と語った。

小松選手はもともと鈴木選手を慕い、禁止薬物の陽性反応が出た際にも真っ先に相談した相手だったという。
先輩選手に裏切られる結果となったが、「しっかり反省していると思う。自分のしてしまったことの重大性を理解し、償ってもらいたい」と話した。 

引用元: ・カヌー連盟「冤罪で処分してすまんな」 小松正治「潔白を証明してくれてありがとうございました」

【カヌー連盟「冤罪で処分してすまんな」 小松正治選手「潔白を証明してくれてありがとうございました」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/10(水) 11:29:45.15 ID:wL9ooOqQ0
室伏氏が指摘「口にするものは自分で責任持つ」、イメージ損ねる懸念も

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長は
「単純にアスリートが口にするものは自分で責任を持つということだと思う」と指摘。

自身の現役時代の経験として「選手村でも自分が食事の席から離れる時は必ず誰かに見させて、
チェックしてから食事を取るように徹底していた」と強調した。

 今回のケースを「日本のスポーツ界全体のイメージを損ねる」と懸念した上で
「海外ではよくある話でもある。ボトルを1回開けて席を立ったら飲むな、というのは当たり前のこと」と訴えた。

引用元: ・室伏広治「食事に薬物を盛られる方がマヌケ。自己責任。ボトルを1回開けて席を立ったら飲まない」

【室伏広治「食事に薬物を盛られる方が自己責任。ボトルを1回開けて席を立ったら飲まない」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/10(水) 05:56:15.62 ID:cVZPOcOm0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000073-dal-spo
昨年9月の日本カヌースプリント選手権でライバル選手のドリンクボトルに禁止成分を含むステロイ
ドを混入させ、飲ませた鈴木康大(32)が日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から8年間の
資格停止処分を下された問題で、ドーピングの入ったドリンクを飲み、一時暫定的停止処分を受けた
小松正治(25)=愛媛県国体競技力向上対策本部=が、ドーピング発覚後、真っ先に連絡をとった
のが、鈴木だったことが分かった。

日本カヌー連盟の春園事務局長によると、「2人はものすごく仲がよかった。陽性反応が出て、小松が
真っ先に連絡したのは鈴木。それぐらい仲がよかった」と、明かした。

小松と鈴木はともに昨年8月の世界選手権代表で、20年東京五輪を目指すライバル関係だった。

ただ、鈴木は裏でドーピング以外にもGPSを盗む、パドルにヒビを入れるなどの破壊行為など、様々
な妨害行為を行っていたという。

引用元: ・【悲報】先輩に薬を盛られた小松正治さん、その先輩を心から慕っていたことが判明

【【悲報】先輩に薬を盛られた小松正治、鈴木康大を心から慕っていたことが判明 】の続きを読む

このページのトップヘ