Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

カテゴリ:張本勲

1: 風吹けば名無し 2018/03/12(月) 07:12:49.02 ID:zh/DC8dda
野球評論家・張本勲氏(77)が11日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、
エンゼルスの大谷翔平投手(23)について「四分六(分)で私は成功しないと思います」と明言した。

番組では大谷が9日(日本時間10日)、本拠地で行われたメキシカン・リーグのティフアナ・トロス戦に先発した映像を放送。
3度目の実戦登板は3回を6奪三振も制球難で、3四死球6安打6失点だった。

この内容に張本氏は「下半身があれだけ浮ついておったら。この5年間、走り込んでいないもん。下半身で投げないと」と指摘した。
その上で「専門家が見てもそうなんですよ。ケガをします。何回も言うように。ちょっと心配です」と案じていた。
https://news.infoseek.co.jp/article/20180311hochi061/

引用元: ・張本勲「大谷翔平はメジャーで60%の確率で失敗する。走りこんでないから」

【張本勲「大谷翔平はメジャーで60%の確率で失敗する。走りこんでないから」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 16:30:33.12 ID:N2UzlC2ca
 球団OBの張本勲氏(スポニチ評論家)が日本ハムが韓国・サムソンと練習試合を行った沖縄・赤間を訪れ、中田翔に直接指導を行った。

 試合前のフリー打撃の際などに熱心にアドバイス。張本氏は「左足のステップが広すぎる。膝に余裕がなくて、強くて正確な打球を打てない」などと
3点のポイントを指摘した。

 中田は試合には「3番・DH」で出場して空振り三振。四球。昨季は打率・216の不振に終わった主砲に対し、張本氏は「大谷がいなくなって、
中田が頑張らないと。3割3分、35本塁打以上は打てる」と大きな期待を寄せていた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/21/kiji/20180221s00001173392000c.html
no title

引用元: ・張本勲「中田翔は3割3分、35本塁打以上は打てる」

【張本勲「中田翔は3割3分、35本塁打以上は打てる」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/21(日) 10:14:29.37 ID:fSgJEean0
21日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)でプロ野球選手の自主トレーニングを報じた。

 番組では阪神・糸井嘉男(36)が筋力トレーニングに汗を流す姿を放送。これに野球評論家・張本勲氏(77)は「最近の子は、野球以外のことをやりたがるね。筋肉なんか良くないんですよ。やっぱり下半身で打ちにいかないと」と苦言を呈した。

 その理由を「最近はボディビルしてね。レスリングの選手じゃないんだから、野球だから。野球に関係のある練習をしてもらいたいわね。変なところに筋肉がつくとスイングを邪魔する場合が多い」との見解を示した。

 MCの関口宏(74)が「筋肉ついて飛びそうじゃないですか」と返すと、「それは素人考えであって。専門家から言ったらいいことじゃない」と打撃は筋力ではなく下半身の強化が重要であると繰り返し説いていた。
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000053-sph-ent

スレ引用元: ・張本「最近の奴らは筋トレしすぎ。ボディビルじゃないんだから」

【張本勲「最近の奴らは筋トレしすぎ。ボディビルじゃないんだから」 】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)09:39:21 ID:B1I
張本勲氏が12日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。
ポスティングシステムを使って米大リーグ挑戦が決まった日本ハム大谷翔平投手(23)についてコメントした。

「大谷はもったいないですね。やっぱり、ちょっと球団が引き留めてやらないとね。ファンはよく黙っていますよ。私なら投書しますけどね」とポスティングを認めた日本ハムに疑問を投げかけた。

さらに「球団が引き留めるという姿勢を見せないと。(メジャーに)行け、行けって言ってるんですから。プロ野球界は崩壊しますよ」と警鐘を鳴らした。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711120000222.html

【張本勲氏、大谷翔平MLB挑戦に「プロ野球界は崩壊する」】の続きを読む

このページのトップヘ