Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:サッカー

1: 風吹けば名無し 2018/05/18(金) 06:50:19.62 ID:syATA+i4a
 今季限りでスペイン1部バルセロナを退団する同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが17日、分かった。
イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。
いよいよJリーグに世界屈指のプレーヤーがやってくる。

 正真正銘、世界最高峰のMFを日本で見られる日がやってくる。
神戸関係者によると、イニエスタ本人とロシアW杯後の加入で合意。
週明けにも発表し、イニエスタ本人が来日して交渉に携わった楽天・三木谷会長とともに会見する予定という。
獲得報道のあった中国、オーストラリアのクラブとの競争を制した形だ。
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000069-sph-socc

引用元: ・【朗報】イニエスタ、ガチでJリーグに来る 3年32億で合意

【【朗報】イニエスタ、ガチでJリーグに来る 3年×32億で合意 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/04/09(月) 10:32:39.50 ID:KY2jWWys0


ハリルホジッチ監督解任
https://this.kiji.is/355841869265306721

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が9日、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を決めたことを明らかにした。
同日午後に緊急記者会見を開き、後任などについて発表する見通し。
ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を約2カ月後に控えた直前の時期に、電撃的な決断を下した。
6大会連続6度目のW杯出場となる日本代表は3月のベルギー遠征でマリと1―1で引き分け、ウクライナには1―2で敗れた。
W杯に出場しないチームを相手に内容の乏しい試合で、本大会への不安が増していた。
ハリルホジッチ監督は、ハビエル・アギーレ前監督の後任として2015年3月に就任した。

引用元: ・【悲報】ハリルホジッチ解任へ スポンサーとメディアによる『傀儡JAPAN』誕生か★6

【【悲報】ハリルホジッチ解任へ スポンサーとメディアによる『傀儡JAPAN』誕生か 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/16(金) 11:02:21.35 ID:YOJyxuNg0
◇Jリーグキックオフカンファレンス(2018年2月15日)

Jリーグのアドバイザーを務める堀江貴文氏(45)がスター不在の現状を嘆いた。

この日、村井チェアマン、長崎の高田社長と討論会を行い「Jリーグで一番、有名な選手はいまだにカズさん。
皆が知っている選手がJリーグにはいない。本田(パチューカ)とか。
これが越えないといけない一番の壁」と発言。日本人有名選手の多くが海外でプレーすることにも危機感を抱き
「東南アジアのクラブの年俸はどんどん上がっている。このままでは抜かれる」と語っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000048-spnannex-socc

引用元: ・堀江貴文さん「日本人がみんな知っているJリーグ選手は三浦カズしかいない」

【堀江貴文さん「日本人がみんな知っているJリーグ選手は三浦カズしかいない」 】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)13:17:11 ID:F8F
・地元密着は成功しているが、それ以外の地域は野球離れ。

2017年、NPBの公式戦のうち地方球場で行われた試合は35試合、合計で観客動員は53万6387人、動員率は65.9%に過ぎなかった。
2014年は地方球場で42試合が行われ、観客動員は67万7345人、動員率は69.1%だった。
地方での試合は数も減り、動員数も動員率も減っている。
ロッテやDeNA(2018年は1試合開催予定)のように、地方での試合をやめてしまった球団もある。

昔は年に1度のプロ野球を楽しみに、地方球場には鈴なりのファンが駆け付けたが、
今はプロ野球チームがない地方では、野球人気はさっぱりなのだ。

今のプロ野球は、本拠地のある狭いエリアで濃厚なマーケティングを行っている。
おかげで観客動員は伸びているが、その多くは近くに住むリピーターだ。
1人のファンが3回、4回と球場に足を運ぶことで、史上最多の観客動員になった。

一方、地方では地上波での野球中継がなくなったこともあり、プロ野球への関心は薄れている。
年に1回の公式戦でさえ、満員にはならない。
先日、DeNAの筒香嘉智が「野球離れ」に対して危機感を表明した。現役選手としては、勇気ある発言だった。
史上最多の観客動員の裏側で、「野球離れ」は確実に進行している。
地方球場でのプロ野球興行の衰退も、「野球離れ」の一現象だ。
プロ野球関係者は、目の前の数字に安心するのではなく、本当はどうなのか、を真剣に見つめる必要があるだろう。
(「酒の肴に野球の記録」広尾晃 = 文)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180126-00829758-number-base

引用元: ・【悲報】プロ野球、最多観客動員の裏で……。「野球離れ」を裏付ける恐怖の数字。

【【悲報】プロ野球、最多観客動員の裏で……。「野球離れ」を裏付ける恐怖の数字。】の続きを読む

このページのトップヘ