Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:パワハラ

1: 風吹けば名無し 2018/10/17(水) 10:24:30.80 ID:4N4Gvqwk0
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

スレ、画像引用元: ・菅野智之「俺が若手の時は先輩に対して目配り気配りしてたのになんでお前たちできないの?」

【菅野智之「俺が若手の時は先輩に対して目配り気配りしてたのになんでお前たちできないの?」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/01(月) 08:12:54.66 ID:54Ut0xgOr
1度だけ、野球をやめたくなったこともある。

入団1年目だった。コーチの方との関係に悩んだ。
今は、もうわだかまりはないが、当時はしんどかった。
自分の口からは言えないままのこともあった。
僕が反抗的な態度を取ったという報道もあって「雄星って、そんなヤツなんだ」と誤解もされただろう。
そうではないと言いたかったけど、すべがなかった。
まだ頼れる先輩もいない。
周りからいろいろな目で見られていると思うと苦しかった。
逃げ出したくもなった。
逃げ出さずにすんだのは、後悔したくなかったからなのかもしれない。
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00347790-nksports-base

引用元: ・菊池雄星「(西武入団1年目に某コーチのせいで)1度だけ、野球をやめたくなった」

【菊池雄星「(西武入団1年目に某コーチのせいで)1度だけ、野球をやめたくなった」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/11(火) 08:34:48.31 ID:NOBJn53n0
 「色々と話し合いはしていますが、いろんなことに対応するのが精一杯です。速見コーチとは電話やLINEでコンディションについてやり取りしています」と現状を報告し、
「コーチはすでに暴力を認めて処分も全面的に受け入れ、反省しています。そのような中、改めてあのような映像を公開することの意味が理解できません。私の叩かれている姿を許可もなく、全国放送されたことに怒りを感じています」と訴えた。

キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000124-sph-spo

引用元: ・体操宮川激怒「コーチは反省している。叩く映像を公開しないで」

【【パワハラ騒動】体操宮川紗江激怒「コーチは反省している。叩く映像を公開しないで!!」 】の続きを読む


1: 風吹けば名無し 2018/09/04(火) 08:03:39.17 ID:1RPghAps0
「少年野球の監督が選手を殴る動画」が物議を醸している。体罰は日常化しており、多くの少年たちが監督からの理不尽な暴力や叱責に恐怖していることは間違いない。

この問題は、3日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でもとりあげられた。

■少年らに「執念ないんじゃ」
指導者でありながら、暴力という手段で少年選手たちを支配することは決して許されない。
ところが、放送と同時刻(3日8時19分)、昨年のドラフト2位で埼玉西武ライオンズに所属する西川愛也外野手が、自身のツイッターアカウントで以下のようなツイートを投稿した。
「監督に怒られてびびって野球まともにできひんやつが公式戦の恐さに勝てるわけないやろ。執念ないんじゃ」
まるで、暴力や叱責に怯える少年たちを非難するかのような内容だ。ライオンズの先輩である高木勇人投手も心配してコメントしていたが、この投稿は現在削除されている。
https://www.news-postseven.com/archives/20180904_754387.html

引用元: ・西武・西川愛也選手、監督から体罰受ける少年に「執念ないんじゃ」 SNSでの発言が物議

【西武・西川愛也選手、監督から体罰受ける少年に「執念ないんじゃ」 SNSでの発言が物議 】の続きを読む

1: muffin ★ 2018/08/30(木) 14:00:27.97 ID:CAP_USER9
8/30(木) 6:09配信
宮川紗江「同じ被害を受けた選手と真相を暴露したい」…体操女子「暴力問題」

 体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、自身への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)に関する会見を東京都内で開き、処分軽減を求めた。速見氏の暴力行為は認めた上で、改めて師事を表明。処分を下した日本協会の意図を「コーチと私を引き離そうとしている」と述べた。塚原千恵子・女子強化本部長(71)の関与を指摘し「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発した。

 ◆宮川に聞く

 ―暴力の事実はあるのか。

 「一部報道で馬乗りで殴打された、髪の毛を引っ張って引きずり回された、とあったが、一度もない」

 ―7月の合宿中に光男副会長と千恵子強化本部長から受けた聴取の内容を。

 「副会長から『一番困るのはあなた。いますぐ関係を切りなさい』と言われた。『あったよね?』と誘導尋問のように言われ、つらくなり帰りたいと言うと『わがままだ』と言われた」

 ―どんなパワハラを。

 「強化本部長の味方につけば優遇される。私は優遇されるために体操をやっているわけではない。同じ被害を受けている選手がたくさんいる。みんなで真相を暴露したい」

 ―速見コーチと連絡は。

 「ほぼ毎日、ラインや電話で情報を共有している。『自分でできることを楽しんで練習してくれ』と言われている」

 ◆宮川 紗江(みやかわ・さえ)1999年9月10日、東京都出身。18歳。2歳で競技を始める。14年世界ユース五輪の種目別跳馬で銅メダル。15年世界選手権で女子団体5位、種目別床運動4位。初出場した16年リオ五輪では団体4位に貢献。17年全日本種目別選手権では床運動と跳馬で優勝。17年世界選手権で種目別跳馬8位。得意種目は床運動と跳馬。150センチ。
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000051-sph-spo

引用元: ・【体操】宮川紗江「同じ被害を受けた選手と真相を暴露したい」…体操女子「暴力問題」★4

【【体操】宮川紗江「同じ被害を受けた選手と真相を暴露したい」…体操女子「暴力問題」「協会パワハラ」】の続きを読む

このページのトップヘ