Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:地震


1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/28(水)22:35:34 ID:I5Y
「茨城県で震度6弱」
このニュースを聞きつけたのはキンタマの揺れは震度7こと終身名誉死刑囚巨人小笠原(43)だ。
畜生は早速東北新幹線に乗り込み茨城に向かったものの、茨城県内に停車しないと知るや否や「降ろせ」と言わんばかりに女性車掌やワゴンサービスの女性アルバイトを次々に強●。
車両は目論見通り茨城県内で緊急停止した。
茨城に乗り込んだ畜生は「助さん、格さん、やってしまいなさい!」と左右のキンタマに命じ「魅力度最下位で価値がない」「納豆、くっさ!w」などと次々に女性を強●。
その遺体の上であんこう踊りを披露した。さらには「この木なんの木気になる木」と自慢のバットで牛久大仏をも粉砕したところで仏に自らの水戸肛門を成敗され、無事死亡した。
この件について大正義巨人軍原監督は「茨城といえば仁志君の出身地だねえ…巨人のセカンドは固定できないなあ…」と正二塁手の不在を嘆いていた。

なお、明日の試合には間に合うもよう。

【巨人小笠原、震度6弱の茨城に乗り込み無事死亡】の続きを読む



1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/17(土)22:04:25 ID:C9v
パプアニューギニアで大地震が起こった。
あの畜生は救援隊よりも早く現地入りしていた。その男こそ巨人小笠原終身名誉死刑囚(43)だ。

自慢のリリーフカーを飛ばし大地震に見舞われパニック状態にあったパプアニューギニアに到着。
公用語であるヒリモツ語の代わりにイチモツ語で挨拶すると言わんばかりに周辺にいた女性や女子供を強●、
けが人や死人は魂のフルスイングで殺害してみせる好調なスタートを切った。

続いて現地の人間を海辺に誘導、足腰をキンタマでへし折り動けなくすると襲ってきた津波の中に突き落とし手向けとばかり絶頂射精。
「土葬と溺死なら葬儀の手間が省ける」「土人どもが1000人束になっても俺の年俸程も稼げない」
等とお悔やみ申し上げていたカッスだったが、余震に巻き込まれ海に転落。
北に泳ぎ続けたところ誤って小笠原村に上陸し謎の頭痛に見舞われ無事死亡した。

この件について大正義巨人軍原監督は「これぞ本物の島流しの刑だね(ニッコリ」とコメントしていた。

なお、救援は間に合わん模様。

引用元: ・巨人小笠原、パプアニューギニア地震で死亡

【巨人小笠原、パプアニューギニア地震で死亡】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/05(月)00:58:08 ID:Hs8
1923年以降で大きな地震が多いのはどこなのか。
「気象庁の震度データベース検索」で震度別にカウントした。
わかりやすくするためにポイント化して都道府県別に順位をつけてみた。
ただポイント化は独自のルールにのっとっているのでご注意を

引用元: ・【1923年以降】震度5以上都道府県ランキング

【【1923年以降・地震】震度5以上都道府県ランキング】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)00:17:47 ID:csR
「すぐ来る」「すぐにげて!」
このフレーズでお馴染みの巨人小笠原(43)。
着の身着のままの避難者を犯すべく、ガニ股(45)を運転手に雇い東北の地に向かった。
「岸が来たぞー!」と絶叫しながら福島に現れた畜生は慌てて出て来た被曝者を強●し、
「これが●毛の陰●か」などとのたまいながら絶頂射●。
着床を確認すると「ガイジになるから産まない方がいい」とフルスイングで●害する優しさを見せた。
その後巨人鈴木の実家を訪問しCS最終戦の鑑賞会を開いていた畜生だったが、車の運転手が無免許だったことが発覚。
カッスは使用者責任を問われ無事死刑、種田とともに壊れた原子炉に放り込まれ死亡した。
この件について大正義巨人軍原前監督は「東京なら津波は来ない」とコメント。岸に翻意を促した。
なお来季の開幕には間に合う模様。

引用元: ・巨人小笠原、営業車で福島へ

【巨人小笠原、営業車で福島へ】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/22(火)07:29:21 ID:Eym
震度7の大地震――――しかし真の恐怖はその数十分後にやってきた。津波である。
津波は車や家、街を全て洗い流して行く。
しかしそんな災害に果敢に挑む男がいた。大正義巨人軍・小笠原レスキュー9800隊員(37)である。
 まずカッスは段ボールで寝ていたホームレス風の男性を先発起用。
「今なら海産物が取り放題だぞ」という言葉に男性は喜んで海へ向かったが、やがて押し寄せた波に攫われ帰らぬ人となった。
中継ぎは東野投手。得意の砂遊びで土塁を作ろうとしたが砂が足りずあっというまに波へ飲み込まれ消えていった。
最後に、目をつけていた巨人軍の新人投手(22)を亡き者にしようと抑えのマウンドへ。
ここで澤村はなんとカッスの股間を金属バットで殴打、平らになった巨大キンタマを使い堤防を建設。
波の中へと消えていくキンタマを尻目に避難を完了させた。
今回の地震には原監督も驚いたようで「ビックリして目が飛び出ちゃったよ(ドヤッ」と意味不明の供述を繰り返している。
 なお次の試合が無事に行われれば先発出場する模様。

引用元: ・巨人小笠原、津波に挑むも死亡

【巨人小笠原、津波に挑むも死亡】の続きを読む

このページのトップヘ