Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:落合博満

1: 風吹けば名無し 2018/02/19(月) 11:18:25.56 ID:sIIZycuS0
 プロ野球、元中日監督の谷繁元信さん(47)が18日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)に出演し、監督時代の確執について語った。

 戦力外の選手を誰が決めるかと問われた谷繁さんは「チームによって色々なシステムがある。監督と編成トップが話して決まる場合もあるし
今はGMがあるチームもありますから。GMと監督、編成部で話し合う。色んなパターンがある」と野球評論家らしく丁寧に説明した。

 MCのダウンタウン・浜田雅功(54)が「監督やってた時は(話し合いに)加わっていた?」と聞くと、谷繁さんは「ゼロではないです」とやや口ごもって説明した。
三宅正治アナウンサー(55)が「戦力として考えてたけど、『えっ、首切っちゃうの』とビックリしたことはあった?」と質問攻めにすると、谷繁さんは口を開いた。

 「○○○選手。あれはビックリした」と選手名を語ったが“ピー音”が流れ、口元には「DANGER」の文字が…
。浜田が「現場預かっているんだから相談とかないの。『いるか?』って(聞かれなかったの)」と聞くと、「ギクシャクし始めたころだったので…」と答えた。
谷繁さんは誰とギクシャクしたか、明言はしていない。

 キャプチャ
画像引用元リンク先: 
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180218-OHT1T50220.html

引用元: ・谷繁元信さん、監督時代に選手のクビを知らされなかった経験暴露「ギクシャクし始めたころ…」

【谷繁元信さん、監督時代に選手のクビを知らされなかった経験暴露「ギクシャクし始めたころ…」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/05(金) 08:11:52.45 ID:4FDt7IBf0
数字見れば伝わるけど
それほど騒がれてない気がする

管理人より:落合博満氏の打撃の極意

左右の違いはあれど、本質的な意味ではイチローと同じ次元での高度なスイングを体現している。 いかに態勢を崩されても、タイミングを外されてもぎりぎりまで残っているヘッド。そしてスイング時にはしなやかな体幹部のうねりとともに高速で一瞬にしてヘッドが走る。剣豪の居合切りを思わせる切れ味と迫力である。
股関節は常に無駄な力が入らず、日本のアスリートにありがちな腿前の大腿四頭筋の力みとは無縁である。インパクトが近づくと、臀部、腿裏のハムストリングス、内転筋群が自然な反射で無理なく動き、スイングの強力なエネルギーとなり、しなやかな体幹部深層を通して末端のバットを加速する。体幹部も背骨の一個一個のレベルで柔軟に、うねるように動き、強大なスイングの一翼を担っている。
おそらくはメジャーの一線級と比較しても遜色劣らぬスイングスピードが、ぎりぎりまでヘッドが出てこず、あらゆるボールの変化にアジャストするバッティングの裏付けとなっている。 落合の全盛期、メジャーに行ったとしてもレジェンド級の活躍を成しえたであろうことに関しては、ほとんど確実であろう。 落合博満とイチローこそが、動的脱力を極めた神速のスイングを会得した、いわば剣豪的バットマンの代表格であるといえる。

引用元: ・現役時代の落合博満ってどのくらいすごかったの?

【現役時代の落合博満ってどの位凄かったの? 】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/02(木)17:09:13 ID:6Vi
元中日監督の落合博満氏が1日深夜に放送されたMBS「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・58)に生出演。制球難で今季わずか5勝に終わった阪神・藤浪晋太郎投手の復活への秘策を披露した。

管理人より:サンキューオッチ。
あとは動作解析をわかってる人が藤浪を指導して、メンタル的には伸び伸び投げさせたらええんや。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000082-dal-base

【落合氏、阪神藤浪投手に対して「一番打席に立ちたくない。抜けてくるから」】の続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/25(日)21:23:20 ID:54V
賛成派
立浪・どんでん・バレンタイン・王・コリンズ・森祇晶・川上哲治・梨田・上田利治・広岡・権藤・若松

反対派
玉木正之・やくみつる・谷澤・彦野・豊田泰光・江本

中立派
大島康徳・1001・江川・掛布・張本・大沢・ノム

【日本シリーズの山井→岩瀬継投完全試合とかいう当時は賛否両論だった継投】の続きを読む

このページのトップヘ