Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:金本知憲

1: 風吹けば名無し 2018/11/24(土) 06:56:34.49 ID:3v05ob720
矢野監督も就任時に語ったのは「脱」ではなく「続」。要請を受けて悩んでいる際、金本前監督に電話で相談したことを明かしていた。
ラジオ出演時に「僕の背中を押してくれた」と説明。絆は深い。だからこそ前指揮官は、「3年間やってきたことを生かしてね。チームとしても成績を残してほしい」と続ける。教え子たちには語り掛けるようだった。

 「やっぱり選手が気になるわね。特に自分が見て、ずっと付いてきた野手は。大山、高山、北條、中谷か。目をかけた子はいっぱいいるんだけどね。江越とか、横田にしてもそうだし。言いだしたらキリがないんだけど」

 唯一、全試合に出場させた糸原については「何も言わずにできた子」と笑った。投手を含め、全選手に愛情は深い。
ただ、今後チームの根幹を担うと信じ、特に指導に力を注いだ4選手。来季の飛躍を強く願う。「やっぱりな、手がかかった、目をかけたというのは、頑張ってほしいもんよ。わが子のような思いですよ」。“金本チルドレン”たちに、矢野新監督の援護を託す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000021-dal-base

引用元: ・阪神・金本前監督「やっぱり選手が気になるわね」

【阪神・金本前監督「やっぱり選手が気になるわね」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/31(水) 11:39:53.15 ID:f7QdiFK80
阪神監督時代は立場的に「カープのことをあまりほめられないんや」と漏らしたこともあった。だが、一野球人の
立場に戻った今は違う。“カープ愛”があちこちににじんでいた。

広島の球団関係者は「阪神には事実上解任されたと専らですが、むしろこっちには気兼ねなく来やすくなったんじゃないですか?」
と歓迎ムード。別の関係者も「こうして(広島に)触れるきっかけがあったのはいいこと。外部からの目線で気づいたことを選手に
伝えてもらう機会があれば、大変ありがたい」と“鯉ファミリー”として受け入れる構えだ。

(以下ソース)
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181031/spo1810310009-n2.html

引用元: ・阪神“クビ”金本氏がにじませた“カープ愛” 広島サイドも歓迎ムード

【阪神“クビ”金本氏がにじませた“カープ愛” 広島サイドも歓迎ムード 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/13(土) 23:22:47.81 ID:p6isC9bg0
10月13日(土) ラジオ大阪 まさと・越後屋のスポーツ捕物帳!!

・金本監督はクビですわ。10日夜に球団社長が「そろそろお辞めになったらどうですか」と言った。坂井オーナーが
来年以降もやっていれば金本続投だった。

・10日の夜に谷本球団本部長が矢野2軍監督に来季の1軍ヘッドコーチを要請し、2軍の福原、藤本、藤井コーチに
来季の1軍コーチを要請して、一緒に食事をしてデザートが出てきた21時30分に谷本球団本部長の携帯がなった
球団社長から「金本解任」の電話で谷本球団本部長が激怒した。この場にいた人に聞くと「ドッキリカメラかと
思った」と言っていた。矢野2軍監督は鉄仮面のような表情で谷本球団本部長を見ていた。

・谷本球団本部長と嶌村副本部長は激怒して、次の日に朝一番の飛行機で帰ってきた。
矢野2軍監督が1軍監督就任を拒否したら、大どんでん返しで凄い人が監督候補に出てくるよ。

引用元: ・【悲報】矢野2軍監督、1軍ヘッドコーチ要請の会食中に金本のクビを聞く

【【悲報】矢野2軍監督、1軍ヘッドコーチ要請の会食中に金本監督の解任を聞く 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/14(日) 01:01:48.21 ID:Y1ghgw9D0
自身の後を受ける新監督やコーチへの助言を問われ「次の首脳陣はその考え方と方針のもと、やっていけばいい。
だいぶ育成は終わったので、そろそろ補強で勝たれたほうがいいと思います」と最後は笑いを誘う“鉄人節”で締めた。 
金本知憲


引用元: ・金本監督「育成は大分終わった。後必要なのは補強だけ」

【金本監督「育成は大分終わった。後必要なのは補強だけ」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/13(土) 01:22:14.10 ID:/D+aMpg30
 “解任”の側面が色濃い退陣劇だった。
複数の関係者の話を総合すると、前日10日には谷本球団副社長兼本部長らが
フェニックス・リーグが行われている宮崎に飛び、金本続投を大前提に来季組閣に着手。
その一方で揚塩社長は電鉄本社に呼ばれ、今後の監督人事について意見交換を重ねていた。
甲子園でのDeNA戦後、揚塩社長はクラブハウス内で金本監督を呼び出した。

 最下位まで落ち、本拠地での観客動員数が昨年より約13万5000人減。
ファン離れは顕著で来季に向けての期待感を醸成しにくい現状を踏まえた上での会談だった。
今季から新たに3年契約を結んでいた金本監督は、試合前の辞任の意向については「なかったです」と否定。
関係者によると、試合後の面談は事実上の“辞任勧告”ともとれる状況で、無言の外圧を感じて自ら終止符を打つことを決断したというのが真相だ。

「俺の人生で一番ぐらいにきついわ…。ちょっとこの経験はない」とも漏らしていた。

金本知憲

https://www.sanspo.com/baseball/news/20181012/tig18101205050015-n2.html

引用元: ・【悲報】阪神金本「俺の人生で1番きついわ。ちょっとこの経験はない」

【【悲報】阪神金本「俺の人生で1番きついわ。ちょっとこの経験はない」 】の続きを読む

このページのトップヘ