Vやねん!!なんJ―ZERO~なんJ大谷翔平まとめ~

おーぷん2ちゃんねる、なんでも実況J(なんJ、おんJ)をそしてスーパースター大谷翔平を中心にした、新時代のまとめブログやで!!

タグ:MLB


1: 風吹けば名無し 2018/09/20(木) 12:04:20.14 ID:Dk7HNaVva
正直ダルマーとは格が違わん?


管理人より:大谷もダルビッシュもマー君も凄いが、やっぱりワイにとってのヒーローは野茂英雄やで!あの投げ方…トルネード投法を変えずに押し通しただけでも凄い!

引用元: ・野茂英雄とかいうステロイド全盛期のメジャーで2度もノーヒットノーランしてる化け物

【野茂英雄とかいうステロイド全盛期のメジャーで2度もノーヒットノーランしてる化け物 】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/13(木) 10:14:00.98 ID:CAP_USER9
松井氏以来となる日本人2人目の20発なるか「彼らは違うタイプの選手」

エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」で渡米後最長の8試合連続スタメン出場。
ここまで19本塁打を放っており、松井秀喜氏以来、日本人2人目となるシーズン20本塁打到達に期待がかかる。
2010年には、エンゼルスに在籍した松井氏とも指揮官として共闘したマイク・ソーシア監督は、
2人について「違うタイプの選手」と説明。松井氏は「スマートな選手だった」としつつ、「ショウヘイの方がパワーがあると思う」と印象を話した。

松井氏はワールドシリースMVPに輝いた2009年のオフにヤンキースからFAとなり、エンゼルスと契約。
2010年は145試合に出場し、打率.274、21本塁打、84打点の成績を残した。
日本人がシーズン20本塁打を放ったのは、これが最後となっている。

この日の試合前、2人の違いについて聞かれたソーシア監督は「彼(松井)がエンゼルスで20本の打った時はキャリアの最後の方で、今のショウヘイはキャリアが始まったばかり。
ヒデキが23~24歳の時(のプレー)を見ていないが、ショウヘイの方がパワーがあると思う」と説明。
試合やフリー打撃で、メジャーでも周囲を驚かせるほどの特大弾を連発する大谷のパワーは、やはり特別なようだ。

(以下ソース)
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00202821-fullcount-base
9/13(木) 9:30配信

引用元: ・【MLB】ソーシア監督、大谷と松井氏の違い語る「秀喜はスマート」「パワーは翔平」

【【MLB】ソーシア監督、大谷翔平と松井秀喜氏の違い語る「秀喜はスマート」「パワーは翔平」 】の続きを読む

1: shake it off ★ 2018/09/12(水) 13:35:44.44 ID:CAP_USER9
● 安定した活躍を続ける田中を辛口コラムニストが評価「エースに近い働き」

ヤンキースの田中将大投手が終盤戦で調子を上げてきている。1日(日本時間2日)の本拠地タイガース戦で7回7安打1失点6奪三振と好投して今季10勝目を挙げると、7日(同8日)の敵地マリナーズ戦では8回3安打無失点10奪三振の快投。
2試合連続ハイ・クオリティー・スタート(HQS、7回以上を自責2以下)で2連勝を飾り、11勝目(5敗)をマークした。

 デビューから5年連続2桁勝利を達成した右腕の“価値”について、ニューヨーク地元紙の辛口コラムニストは「ヤンキースが支払っている金額にほぼ見合っている」と分析。
ポスティングシステム(入札制度)での入札金と年俸総額を合わせて、ヤンキースが田中のために使っている総額1億7500万ドル(約195億円)に見合った働きを見せていると絶賛した。

「マサヒロ・タナカはヤンキースが支払っている金額にほぼ見合っている」とのタイトルがつけられた特集記事を執筆したのは、地元紙「ニューヨーク・ポスト」のジョエル・シャーマン記者。
辛口な原稿でヤンキースの監督や選手をぶった切ることも少なくないが、加入5年目のシーズンも安定した活躍を続ける日本人右腕については、高く評価している。

 田中は援護に恵まれない試合が多く、8月は白星なしに終わったが、後半戦は9試合登板で防御率2.30と数字を残している。同記者は今季の田中について、前半戦はエースに成長したルイス・セベリーノほどは良くなかったものの、後半戦は「ヤンキースのエースに近い働きをしている」と分析。そして、「タナカには7年1億7500万ドルの価値があるか?」と“問題提起”している。

 ヤンキースは田中を獲得するために楽天に譲渡金2000万ドル(約22億円)を支払い、本人とは7年総額1億5500万ドル(約173億円)の超大型契約を結んだ。つまり、計1億7500万ドルを費やしたことになる。
記事では「タナカの契約は2020年までであるため、この結論を完全に下すことはできない」とし、「現時点でタナカは、ヤンキースが(年俸総額の)1億5500万ドルと東北楽天イーグルスにポスティングで2000万ドル支払った時に思い描いていたナンバー1の先発投手ではない」とも指摘。
確かに、現在はエースの座をセベリーノに譲ってはいるが、それでも「彼は投資に見合っていると証明した」という。
キャプチャ
画像引用元リンク先:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00202146-fullcount-base&p=2
つづく

引用元: ・【MLB】田中将大には「195億円の価値」がある 辛口NY紙が絶賛「金額に見合っている」

【【MLB】田中将大には「195億円の価値」がある 辛口NY紙が絶賛「金額に見合っている」 】の続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/09/13(木) 07:07:59.47 ID:CAP_USER9
 カブスは12日(日本時間13日)、ダルビッシュ有投手(32)が右肘の関節鏡手術を受けたと発表した。来年の春季キャンプには間に合う見通しだという。

 球団は右肘のストレス反応による痛みや、疲労骨折などの予防のため、ダルビッシュが今季残り試合に登板しない方針を8月下旬に表明していた。

ダルビッシュ有1
画像引用元リンク先:
[ 2018年9月13日 07:00 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/13/kiji/20180913s00001007099000c.html

引用元: ・【MLB】ダルビッシュが右肘関節鏡手術、来春キャンプは間に合う見通し

【【MLB】ダルビッシュが右肘関節鏡手術、来春キャンプは間に合う見通し 】の続きを読む

このページのトップヘ