【レンジで簡単!】~いちごのバルサミコ・コンフィ~

今月の給料日だったか、気が大きくなった私は、某高級スーパーをぶらついており。
ビン詰めものの棚に、いちごとバルサミコ酢のジャムだかコンフィだかを発見。
「これ、絶対美味しいよねー、自分へのご褒美…」と思って手に取ったところ、
実にちょこーっとした量で1000円越えではないですか。

お呼びでない価格設定に動揺を隠せない私は、震える手でビンを棚に戻し、即撤収。
自宅付近の激安スーパーでおつとめ品になってるいちご
2パックをひっつかんで帰宅しました。

…ということで、前説が長くなりましたが、
こんないちごのコンフィは如何でしょう?レンチンで簡単に作れますよ(^^)

2017-03-30-08-30-11~2



◎いちごのバルサミコ・コンフィ

【材料と分量】
・小粒のいちご…2パック(400グラムほどでした)
・砂糖…150グラム
・バルサミコ酢…小さじ2程度

【作り方】
(1)いちごのヘタを取り、大きめの耐熱ボウルに入れ、
砂糖としっかり馴染ませる。いちごひとつぶひとつぶに、
砂糖を満遍なく絡めるようなイメージで。
(2)ラップをしておき、一晩ほど放置。
(3)砂糖が溶け、いちごが軽くひたひたとなるぐらい
水分が出ている状態になったら、よくかき混ぜ、500wのレンジで3分チン。
(4)3分たったら一回取りだしてかき混ぜ、2分チン。
(5)最後にバルサミコ酢を加えてよく混ぜ、1分チン。
冷めたら保存ビン等に入れて、完成。

バルサミコ酢が隠し味的に入るからか、お酒
(白の発泡ワインやフルーティーな本酒やなんか)とも合わせやすいです。

いちごがお安く出回る今のうち、是非お試しくださいm(__)m

★★ご協力くださいますと、大変嬉しゅうございます。宜しくお願いいたします★★

にほんブログ村 料理ブログへ


料理ランキングへ



【モニターやってます♪】「ガパチェ」はいかが?

エスニックモードの場合、大抵、韓国料理かタイ料理のどちらかになるのですが、
「ああ!どっちにするか選べない!」ということもしばしば。
そんなときは合わせ技っていうのもありかもしれません。

今回はモニターで頂いたモランボンさんの「 韓の食菜 チャプチェ」を使って、
韓国料理のチャプチェとタイ料理のガパオを融合させてみました。

2017-03-29-06-51-32~2



◎チャプチェ?ガパオ?…いいえ「ガパチェ」です

【材料と分量】(約2人前)
・ひき肉…約200グラム、今回は豚ひきを使用
・玉ねぎ…約2分の1個、粗めのみじん切り
(↑今回はレッドオニオン使用ですが、凡そ玉ねぎであればok)
・パプリカ…約1個分、一口大に切る
・バジルの葉…約20枚、乾燥のもの適量で代用も可
・モランボンさんの「 韓の食菜 チャプチェ」…一回分

【作り方】
(1)目玉焼きを作っておく。出来たら皿に移す。
(2)(1)を作ったフライパンに胡麻油を足し、よく熱し、
軽く揚げる位のイメージでバジルを炒める。出来たら皿に移す。
(3)(2)のフライパンで挽き肉をいためる。
全体的に火が回ったぐらいで玉ねぎを入れ、
挽き肉がパラリとなったぐらいのタイミングで
水、春雨、チャプチェの元の調味料を入れ、
よく混ぜ、春雨に水分を吸わせる。
(4)ある程度春雨が水気を吸ったところでパプリカを入れ、
しんなりしたら火を止め、(2)のバジルを全体的に入れ、馴染ませる。
(5)皿に盛って、目玉焼きを乗せたら完成。

<ポイント>
・好みによりますが、目玉焼きを作るときも、揚焼き位が美味しいです。
・辛めがお好みの方は(2)と(3)の間で鷹の爪を入れても。
なお、さらにエスニック風にしたい場合は、ひき肉を炒めるタイミングで、
隠し味程度にナンプラーを。

当然ながらご飯との相性が抜群。たいそう危険なマリアージュかもしれません…。


☆レシピブログの「人気のチャプチェをつくろう♪」モニター参加中☆
おうちで手軽に韓国料理 人気のチャプチェをつくろう♪
おうちで手軽に韓国料理 人気のチャプチェをつくろう♪


★★ご協力くださいますと、大変嬉しゅうございます。宜しくお願いいたします★★

にほんブログ村 料理ブログへ


料理ランキングへ




ゆるーい糖質オフのヒント(ジムの日ごはんより)

ダイエット…もとい減量。
「一ヶ月で5キロ!」とかの無理のある設定でも無理すれば落とすことは可能。
ただ大抵、もとの体重+2キロになってかえってくる、という悲しい真実。
…ということで糖質オフとかの食事制限は専らゆるーく行うことにしています。

IMG_20170326_193929


サラダのドレッシングにはドリンク用に起こした
バナナ黒糖黒酢(黒糖少な目) と塩、えごま油を使用。
甘味のある黒酢がちょっと癖のあるえごま油をいい塩梅にぼかしてくれます。
なお、α‐リノレン酸たっぷりのえごま油ですが、
酸化しやすいので加熱はNG。
ドレッシングに使用するときも食べる直前に混ぜるのが鉄則。
とはいえ、毎回ドレッシングごと作るのも面倒だし、続かなければ意味がないので、
タッパーに、それ以外の材料を混ぜて保存しておいて、
食べる直前にスプーン1杯程度の油をいれればいいようにしています。

お肉はラム肉をチョイス。鶏ばかりだとちょっと飽きもくるし、
鉄分やカルニチンはやっぱり赤いお肉の得意とするところ。
なお、ラム肉の油は人間の体温よりも融点が高く、体内で吸収されにくいとか。

味付けは魔法の調味料「マキシマム」(笑)
中村食品さんという宮崎にあるメーカーさんが出しているものです。
料理上手な知人に教えてもらって以来、我が家でも常備している一本に。
「塩オンリーとかじゃないんかい!」というツッコミもあるかと思いますが、
適度にうまみ調味料入りのものを取り入れることで、
スナック菓子やファーストフードへの食欲の暴走を押さえられますので、おすすめです。

デザートにはいちご、プルーン、アーモンド、
クリームチーズを適当に切って混ぜたものにはちみつをちょっとだけ。
これ、スプーンでよそって一緒に食べると、
なんちゃってチーズケーキ風な味になるので満足感が◎
これもジャンクへの逃走止めに一役買ってくれる代物です。
なお、はちみつをアガベシロップとかにすればもっとGI値を低く押さえられますよ。

食べて動く、なんだかんだ、これしか術はないと気づく、三十路の春先…。

★★ご協力くださいますと、大変嬉しゅうございます。宜しくお願いいたします★★

にほんブログ村 料理ブログへ


料理ランキングへ


♪レシピブログ♪
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC