toshi_tomieのブログ

一般科学に関する独り言

    最表面原子の電子状態を見る
    EUPS(http://staff.aist.go.jp/t-tomie/EUPS/)で
    新規な材料評価法を開発しています。

    次の記事で中国の住宅バブルの異常さを紹介しますが、その比較の資料として、日本でのバブルの状況をまとめておきます。

     

    国土交通省のデータ(文献1)です。

     

    昭和57年を基準にして、三大経済圏で、住宅地の地価は5年で2.7倍になりました。全国では、2倍の上昇でとどまりました。、1991年にバブルが崩壊して、15年かけて昭和57水準になって居ます。

     

    バブル前後の地下推移

    GDPの年次変化(文献2))と比べると、地価は下がりすぎです。住宅地の地価は庶民の購買力で決まると考えて良いハズで、すると、GDPが2倍に増えたにも関わらず、庶民の収入は昭和57年と変わっていないのでしょうか。

     

     

    --------------------------------------------- 

    (参考文献)

    1)地価変動の推移 - 国土交通省

    https://www.mlit.go.jp/common/001184262.xls

     

    2)世界経済のネタ帳――日本のGDPの推移

    https://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

     

    2年前に卒業した元学生が、3週間前位に赤ん坊が生まれたといって、wechatで多くの写真を送ってきました。およそ新生児には見えないしっかりした体格をしていたので、何kgで生まれたの?と聞くと、4kg弱とのこと。ずいぶん大きいね、丈夫に育つよ、と返しました。

     

    昨年子供を産んだ女学生に、彼の子供はこんなに重いらしいよ、と話そうと、彼女の子供の生まれたときの体重を聞くと、7.5kgと答えました。それはあり得ないでしょう?と確認すると、斤(0.5kg)の間違いでした。半斤肉という言葉がごく普通に使われますが、中国はいまだに重さの単位には斤が一般的です。ということはさておき、元学生のこの前生まれた赤ん坊は重かったそうだよ、と展開させようとした話が、別方向に進みました。

     

    あなたの子供随分大きかったんだね、というと、母親である私も、父親である夫も、その程度の重さで生まれ、周りは大抵そうだ、というのです。小さいと生みやすいよね、というと小さすぎると、息んで産み落とすのが難しくなる、という新理論を説明してくれました。

     

    そこで、学食での昼ご飯の時間に、この前結婚したばかりで、新しい家の内装を整えつつある女性に、中国の新生児の平均体重を聞くと、3kgくらい、と答えたので、それは日本と同じだと話をしたら、向かいに座っていた、受け入れ教授が、彼の娘も7.5斤で、平均は7-7.5斤だというのです。

    中国ではずっと栄養状態が悪かったので、妊婦にどんどん食事を与え、おかげで新生児の体重が多いのだと。医者は、妊婦の食べすぎは良くない、と忠告するが、長年の文化は変わらない、との説明でした。

     

    そこで、これまで聞いたことが正しいかを確かめるべく、百度一下で調べたところ、3.1-3.2kgが平均、とありました。日本が平均3.0kgでほぼ同じです。此処で聞くと7-7.5斤という声が多かったので、栄養状態の悪かった東北地方では、重いのかもしれません。また、いつか調べることにします。


    博士課程を卒業して、大学に就職したばかりの青年教師たちとの話です。

    中国では、男が家を買えないと結婚できない(女性が同意しない)の様です。賃貸を借りる人はほぼ皆無で持ち家が必須の様です。で、その価格ですが、田舎都市の(と言っても、人口700万人で、吉林省の省都)長春で、マンションの価格は、12,000元/m2以上だというのです。

    66万円/坪ですから、夫婦二人用の20坪で1300万円。日本円ではかなり安いですが、ここの給料は安い。夫婦二人で1万元の月給とすると、70m2のマンション(84万元)を買うのに、飲まず食わずで、7年。

    教授で月給が1万元くらいになりそうで、そのくらいの年齢になれば、それほどでの負担でもなくなりそうですが、新婚でこのような買い物をせねばならないのは、なんとも気の毒です。

    親が相当額を支援してくれなければ、親が貧乏であれば、男子は結婚できません。男には厳しい社会です。

    長春では、今年の1月2月にはあまり雪が降らなかったのに、3月も下旬になって数cmもの積雪になりました。雪は悪くないですが、溶けて、つるつるになるのが危険極まりません。滑って骨折した話を多く聞きます。


    幸い、今は冬と違って気温が高いので、氷も解けてくれ、アイスバーンになって居る時間が短くなります。



    道にたまった雪を、清掃局の人たちが取り除いてくれ、安全になって居ます。

    426685184170032523173603750910114432


    54663505315419066


    94625840777659580

    379204785245990686



    イチローが、遂に、引退しました。

    50歳まで現役を期待していました(文献1,2)ので、残念です。

     

    維持がとても難しい情熱(文献3)は持ち続け、鍛錬によって走力や、投力は維持していたようですが、ストイックなトレーニングを以てして、打者にとって最も大事な動体視力の衰えは如何ともしがたかったようです。打率3割は当たり前のイチローが、オープン戦で1割を切っては、引退やむなしです。

     

    2005627日に46歳と308日で満塁本塁打を打った1995年にロッテに在籍したこともあるフリオ・フランコの例もあって、イチローならば50歳まで現役を続けると期待しましたが、しかし、45歳まで打者を続け来たのはすごいことです。

     

    因みに、日本のプロ野球の最年長安打は、1947年に阪急の総監督兼選手として最年長入団記録を持つ投手だった浜崎真二氏の489ヵ月(1950928日)だそうです。彼の最高齢公式戦出場記録(4810ヵ月)は、201495日に山本昌(中日)(501ヶ月26日)に破られました。

     

    ――――――――――――――――――――

    (参考文献)

    1)

    20160808

    イチローが、大リーグ史上30人目の通算安打数3,000本。おめでとうございます!

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52258897.html

     

    2)

    20130823

    「イチロー、日米通算4,000安打ーーー近鉄ファン、仰木彬ファンから、おめでとう!そして、継続できる力が最高の才能。50歳になっても現役で!」

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52122399.html

     

    3)

    20130824

    情熱を持って続けるって当たり前のことと思っていた。でもこれが、果てしなく難しいこと。同じペースで走り続けていけるって、一番の才能、と気づいたーー棋士、羽生善治

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52122531.html

     

    中国、吉林省の長春

    二日前の19日に最高気温が19℃。
    今朝起きたら、一面の冬景色。

    わずか二日で、初夏から真冬に。

    雪景色20190321

    こちら長春に日曜日につきました。

    日本は、春に向かうぽかぽか天気でしたが、長春の天気予報を見ると、最高気温が10℃以下、0℃近くまで下がることもあるとのことだったので、厚手の肌着をスーツケースに入れ、厚手のコートを着てきました。


    すると、月曜日は、ぽかぽか。昨日は最高気温19℃まであがったようで、ブレザーを着ると、汗をかくほどでした。

    冬物を持ってこなくてよかったと思っていたところ、
    一転、今日は、日中の最高気温が4℃。夜には、雪がちらつきました。

    明日は、最高がー1℃、最低が-12℃の予報。


    なんとも激しい、温度変化です。

    体調を壊しそうです。

    月さま;

     

    久しぶりです。コメントを有難うございます。

    海外に住んでいたのですか。怖がりの月さんには、良かったですね。

     

    質問に答えます。

    はい。私は、日本にいて、地震の巣の上のつくばに住んでいて、全然、怖くありません。

     

    人それぞれ。爬虫類を見ると身の毛もよだつ人もいれば、蛇を首に巻いたり、ナメクジを指でつぶしたりするおばさんもいます。

    地震が、台風が怖くて仕方がない人がいても、その人の自由。

    私は怖くありません。

     

    日本は災害列島と呼ばれますが、だからと言って、平均寿命がうんと短いわけではありません。

    地震は、地球の内部に熱の対流が残っている証。台風は、地表の熱の対流がまだ活発な証。地球が生きている証。

    何十億年か経てば、全ては静かになるでしょう。動くもの何一つのない、静かな世界になるでしょう。

    人もそうです。赤ん坊は泣きわめき叫び、餓鬼は暴れまわりますが、死に際には、寝たきりで、ベッドで静かにします。ついには、血流も止まります。

    地球の生きている証が、日々楽しめる日本が大好きです。

    日本で、一番楽しめます。

    静かな世界は、好きではありません。

     

    地震で、台風で、死んだら?それも、運命。交通事故、強盗、病気より、はるかに、確率の低い、死に方です。

    戦争で死んだら?それも運命だけど、こちらは、変えられる運命。精一杯、抵抗します。

     

    以上は、私個人の考え方です。

     

    感情は、変えられません。無理に変える必要もありません。

    嫌いなものは嫌い、怖いものは怖い。で結構ですよ。。

     

     moon3001

    先生、お久しぶりでございます。

    あれから8年。。

     本当に時が経つのは早いです。

     犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

    また被災者の方々が1日も早く日常生活を取り戻せる事を祈っております。

     

     震災後は遠く離れた場所で暮らしている私でさえも連日のニュースを見てとても不安になり先生のブログで大変救われました。ありがとうございます。

    あれから私は仕事で海外に住む事になり地震や台風などで怯える事のない生活をしていましたがこの度、日本への帰国が決まりました。

    もちろん自分の生まれ育った日本は大好きです。でも海外に住んでいると地震の心配をしなくても良いと思うとそれだけで安心なのです。

     帰国が決まってから、当時の怖さがまた湧いてきて不安な毎日です。

     大地震が来たら、オリンピックも中止なって経済も破綻して、たくさんの被害者が出て、、怖いです。

     先生は怖くないですか??

     突然、こんな質問をすみません…

     

    2019-03-19 10:18:48

     

    あの大地震から、今日で8年目です。

    数百人の集まったある会合で、
    ある人の発声で、2時46分に黙とうをしました。

    自分が、机にしがみついたこと、
    後日、テレビに映し出された津波が何もかも流していく映像が
    頭に浮かびました。

    黙とうを発案して頂き、有難うございました。

    国会で、私が国家ですよ、と安倍首相発言。
    その後も、謝罪訂正なし?

     

    2019/02/28

    衆議院予算員会

    長妻議員「ギリシャも統計の問題が発端で経済危機が起こった。統計の問題を甘くみないほうがいい。扱いによっては国家の危機になりかねない、そういう認識はあるか」

     

    安倍首相「いま、長妻議員はですね、国家の危機かどうか(と訊いた)。私が国家ですよ。総理大臣が国家の危機という、重大な発言を求めているわけでありますから、まず説明をするのが当然のことではないでしょうか」

    今日、10時前後に部分日食がありました。

    3年振りとのことですが、

    純真な心を失ってしまっていて、天体現象への関心が薄れてしまっているのですが、
    今回は、なぜか、見てみようと思いました。

    と言っても、10時前後に最大、と言うニュースを思い出して、空を見上げたのが9時半ころ。
    眩しすぎる、と言う当たり前のことに気づいて、それから減光法を考えるという、恐ろしい泥縄。
    子供のころは、黒い下敷きを使ったのを思い出したが、最近、下敷きを使っておらず、我が家に下敷きはない。
    着色のタッパーを見つけ、それを通して、目を細めると、すでに日食は始まっていた。

    写真に収めようと思い立ち、カメラ用の減光フィルターを作ろうとする。
    幸い墨汁があったので、透明のホルダーに塗ったが、プラスチックは墨汁をはじく。
    いろいろして、透明のテープの間に墨汁を挟むことを思いついたが、墨汁が厚すぎて、光が全く透過しない。
    指で押さえつけて、相当に不均一なフィルターを作り、
    それを通して、携帯電話付属のカメラで写真を撮った。
    適当な減光量の場所は、なかなか見つからず、時間は経過し、それでも、10時半でもまだ食は続いており、
    解像度不十分ながら、数枚、撮れた。

    後でネットで、日食の観察法を調べると、針穴写真法も書かれており、
    確かに、その方法があった、と思いだす。

    ともあれ、自分の裸眼で日食を見、携帯で写真が撮れたことに満足。
    携帯電話のカメラでも、拡大すれば、欠けた太陽も写せることに、若干の感激。

    その一枚を載せます。
    部分日食


    次は年末だそうなので、その時は、準備万端で待つことにする。

    上天皇最後ということで、夫婦で、二日の一般参賀に行ってきました。

    ベランダには、天皇皇后、皇太子同妃、秋篠宮同妃、眞子、佳子両内親王の8人が出られ、天皇陛下のお言葉が終わると、参賀者が、日の丸を振りました。

    11. バルコニ

     宮殿東庭の2万人の群衆の頭の上から、バルコニーの中の皇族方の姿を見るのは容易でないですが、今年は、バルコニーの両側に、5mx4m位と思われる巨大モニターが設置され、天皇陛下がお言葉を読まれる姿、皇族方が手を振られる姿が拡大投影されました。テレビのニュースを見るのと何が違う?と言う気もわきますが、その場にいる、と言うことが大事、と自分に。

    12. 大型モニタ

    10分くらいの、皇族方のお出ましたが終わると、次の方のために速やかに退出しましょうと言うアナウンスをものともせず、動かないで、次のお出ましを待つ人も多かったです。3-4時間待って、殆ど見えないままに帰りたくない、と言う気持ちは分かります。

    10. 長和殿


    事前の案内では、約一時間おきの5回お出ましの予定でしたが、ニュースでは、7回お出ましになったと言っていました。ニュースによれば、7回目は、天皇陛下の要望だったとか。3年前に参賀しましたが、その時の参賀者数は82,700人だったそうです。昨年が125,000人、今年は、155,000人だったそうです。

     

    きっと混むからと早朝に出かける計画でしたが、いつもの如く、予定より一時間遅れで我が家を出発。

    2. 日比谷通り前から行列


    今年は、10時から並んで、日比谷通りを渡ったところから列が動きませんでした。

    3. 日の丸を配る人


     並んで待っている人に日の丸を配る人がいました。

    5. 手荷物検査前


    手荷物検査にたどり着くのに一時間かかり、皇居外苑の広場で一時ころまでずっと動かず待たされました。

    6. 皇居外苑


    最終5回目の1420分に間に合うかどうか位になるかも知れないと心配しましたが、その通りになりました。

    二重場所の上から見ると、我々の後にも長蛇の列があり、

    8. 二重橋から

    彼らは、参賀できるのか心配だったですが、どうだったのでしょう。記帳だけで帰された人もいたことでしょう。

     

    我々もその一人ですが、文句も言わずに4時間も5時間も並ぶ日本人に感心です。救急車の音が一回しか聞こえなかったこと、奇跡です。

    中には、2-3時間も並びながら、しびれを切らして、帰る人も何人かいました。ここに並んでいる人はあと何時間とか、大凡の待ち時間をアナウンスしてくれれば、無為な時間を過ごす人もなくなるでしょう。工夫してもらいたいです。外国から来られ、ついでに参賀しようと思った方々も、4時間も並ぶなら他の見物をしよう、と判断できます。

    4時間もじっと待たされた我々の前に、背中が曲がり、地面を見て歩くおばあさんがいました。母の姿が思い出され、目が潤みました。一生に一度、冥途の土産に皇族方を見ておきたい、と言うご老人は多いでしょうが、年寄りには到底耐えられない待ち時間です。例えば、70歳以上の方の枠を設け、抽選で当たった人には、待ち時間なしで参賀できるようにするなど、工夫してもらいたいと思います。

    傍には、愛知県から早朝の新幹線で来たという人がいました。翌日の新聞を見ると、札幌、福島、高知、姫路など、全国から人が来たようです。

    ともあれ、平成最後の一般参賀に参加でき、満足の一日でした。

    翁長さんが突然亡くなられました。すい臓がんでした。

     

    4/5に人間ドックで2cmの腫瘍が見つかり、

    4/21に切除手術をされてから8/8に亡くなられるまで、僅か3か月半。ものすごい進行速度です。

    5/15に退院され、5/23には、安室奈美恵さんに県民栄誉賞を授与されたのが復帰後最初の公務だったようです。

     

    そこで、すい臓がんとはどんなものかを勉強してみました。

    https://doctorbook.jp/contents/12

     

    すい臓がんは、「難治性のがん」として知られているが、早期発見の難しさが原因の様です。すい臓がんの4割がステージ4で見つかっているそうです。

     

    翁長さんの場合も、ステージ2とご本人は発表されましたが、ステージ4だったとの報道があります。

     

    すい臓は背中側にあり、進行すると、

    背中が痛い、腰が痛い、胃が痛い、お腹が痛い、食欲がない、お腹が張る――といった症状がみられますが、どれもよくある症状。つまり、特徴的な症状が出にくいのが、すい臓がんの特徴。

    だから、見つかったときにはすでに進行していて手術をできないことが多い、とか。

     

    胃が痛くて、胃の検査を受け、胃薬を飲んでもなかなか良くならないとき。

    そのまま様子を見るより、すい臓も疑ってほしい、そうです。

     

    すい臓は、血糖値を下げる働きをするホルモン「インスリン」を分泌しています。

     

    急に糖尿病になった、あるいは、もともと糖尿病を持っていた人が食事に気を付けて薬もしっかり飲んでいるのに急に悪化したとき。

    すい臓に原因が隠れているかもしれません。

    実際、すい臓を検査して、初期のすい臓がんが見つかることは多々ある、とか、

     

    糖尿病の人は、糖尿病ではない人よりも

    2倍も、すい臓がんになりやすいと言われているそうです。

    すい臓がんが見つかった患者の約6割が糖尿病または糖尿病予備軍だとか。

     

    気を付けましょう。

    沖縄県知事、翁長雄志武雄氏が逝去されました。大変残念です。

     

    日本の政治家の中で、歴史上、ぴか一の人だった。

    僅か67歳。

    政治家では若造。

    無念でならないでしょう。

     

    私も、大変、無念。

     

    もともと自民党が大嫌いな私ですが、

    その自民党でありながら、本土に媚びを売らず、

    沖縄の心を売らず

    沖縄の人々に寄り添い、

    オール沖縄を作り上げた功績、

    歴史に燦然と輝きます。

     

    貴方が作り育てた、オール沖縄を消してはなりません。

    貴方が命をかけて守った沖縄を、二度と、本土の犠牲にしてはなりません。

     

    以下、私の弔辞です。

     

    翁長氏の偉大な過去を振り返るため、その言葉を、

    翁長知事が死去 生前に語っていた沖縄への想い

    「ピエロになって」でも、伝えようとしたこととは、何なのか

    Buzzfeed Japan 2018/08/08配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010006-bfj-soci

    から引用します。


    重い言葉ばかり。

     

    2017623日、本島南部の「平和祈念公園」で開かれた沖縄戦没者追悼式。

     

     献花に向かう安倍晋三首相と、

    その様子を見つめる翁長雄志知事をうつした写真が話題を呼んだ。

     

    その時、翁長知事は何を考えていたのか。

     

     「じっと安倍さんのことを見ながら、

    沖縄戦で亡くなった人たちのこと、将来の沖縄の子や孫のことを考えていたんですよ。

    このままではいかんな、と。

    私からすると、安倍さんを見る目は厳しいものにならざるを得ないのです」

     

     「政府と話し合いを続けても、どうにも相容れない。

    沖縄の現状に同情の言葉もなく、

    ただただ基地問題について『粛々と解決していく』と言うばかり。

     

    その人が、平和祈念公園にきて、

    また同じようなことを言っていたのですから。

     

    厳しい目で見ざるを得なかった」

     

    「安倍政権は『戦後レジームからの脱却』『日本を取り戻す』というが、

    現実的には

    アメリカの傘の中で生きていく道を選んでいる。

     

    むしろ『戦後レジームの完成』

    を目指しているのではないでしょうか」

     

    米軍をめぐる事件事故は相次いでいる。

     「何百回も抗議している。繰り返しても、世の中が何も変わっていない。

    もう米軍を良き隣人とは呼べない。

    いまの状況は知事として、受け入れられるものではありません」

     

    トラブルのたび、

    翁長知事は東京へ行き、日本政府や米国大使館に抗議してきた。

    そのあとには、政府側から必ずのように次の3点が伝えられたという。

     

    ・基地負担の軽減

    ・県民に誠心誠意に寄り添う

    ・米軍に原因究明と再発防止を訴える

     

     そしてまた、事故が起こる。

    「負担軽減」「誠心誠意」「再発防止」。

     

    儀礼的な虚しい言葉が繰り返される。

    (注;安倍政権は、虚しい儀礼的言葉しか吐きません)

     

    翁長知事は、嘆息交じりにこうつぶやいた。

     

    「ただただ、虚しさを覚えている。

    この本土と沖縄の溝はいつまで深く、広いまま縮まらないのか、

    ということを考えているんです」

     

    なぜ、溝は深く広いままなのか。事件や事故は繰り返され続けているのか。

     

     翁長知事は、

    日本側に逮捕権や捜査権がないといった「日米地位協定」など、

    米軍が優位に立つ現状に

    日本政府が反論できていないと指摘。

     

    「日本政府には(問題を解決する)当事者能力がない」と言い切った。

    その現状を変えようとする姿勢も見えない、とも。

     

    「日本に行くにはパスポートが必要で、

    ある意味で日本人ではないような扱いを受けていたのです。

    僕は法政大学に通っていたのですが、

    東京でのアパート探しで『琉球人お断り』という差別を経験しています」

     

     日本への復帰から45年を経て「差別はもうなくなった」と思っていた。

    しかし、

    ネット上に溢れる言葉や

    東京MXTVが放映した「ニュース女子」をめぐる問題などに、

    当時と同じ、沖縄への差別意識が背景にある、と感じたという。

     

     「ニュース女子」で放送されていた誤った情報や根拠のない情報の多くは、

    ネットで広がっていた内容そのものだった。

    ネットで広がった「デマ」が地上波で「事実」として伝えられた。

     

    「いまの日本の安全保障では、

    多くの米軍基地を担っている沖縄が大きな役割を果たしていると言えます。

    しかし、僕らがそれについて文句を言うと、

    『お前ら中国のスパイか』などの言葉を投げられる。」

     

    「目の前に落ちたものを『自作自演』というなんて、

    今までにはない社会現象でしょう。

    これだけのバッシングを受けたことは、ありませんでした。

    沖縄の人たちが、心の底に持っている思いを言えないような状況になってしまった」

     

    「バッシングを受けたりするのが嫌だから、

    基地に関して、心の声を出せないのです。

     

    特に経済界などは常に緊張感に溢れています。

     

    私ですら、言いたいことが言えないこともある」

     

    「沖縄は137年前の琉球処分で日本になったばかりです。

    併合され、地上戦で焼け野原にされ、

    さらに米軍基地を押し付けられた」

     

    「琉球人はお断り」という差別意識を生んだこの歴史。

     

     「それでも、『沖縄ヘイト』と言われるここまでのバッシングは、これまでになかった。

    こうした状況が続くことに恐ろしさ、危なさを感じます」

     

    翁長知事が使い始めたのが

    「米軍基地は経済発展の最大の阻害要因」というフレーズだ。

     

     「『基地で食べている』ということに反論するために使ったのがこの言葉です。数年を経て、ようやく一般の人たちにも広がってきたと感じています」

     

      

    翁長さんが目指していたもの。

     

    「若い人たちは、圧政的だった米軍統治下も知らない。また、経済的にもある程度生きていけるという状況に生まれている。『なぜ基地があるのか』と考える機会も、だんだんと薄れているのでしょう」

     

     背景には、安室奈美恵さんなどの沖縄出身の若い世代の活躍や、観光産業を中心にした経済の伸びがある、と指摘していた。

     

     「負の遺産を背負わないで、沖縄がこれから発展をしていく、世代交代の時なのかもしれません。だからこそ、基地問題は僕らが解決しないといけない」

     

     「沖縄は日本国民の一員であるだけではなく、

    台湾はお隣で、中国とは600年の付き合いがある。

    みんなと仲良くしていかないといけない。架け橋になることもできる」

     

     「アジアの様々な国の人が行き来をできるような沖縄になれば良い。

     

    どこかの国が戦争をしようとしても、

    自国民がいるから戦争できない、

    というような。平和の緩衝地帯。

    そんな場所にできたら良いと考えているのです」

     

    (注;そう。観光立国。こそ、最高の安全保障。と同じ思想)

     

    沖縄が基地に苦しめられている現状を伝え、

    一人でも多くの人たちが安全保障の問題を自分ごととして考えてくれるように。

    沖縄の負担を少しでも減らし、さらなる発展と「アジアの架け橋」を目指すために。

     

     「沖縄だけで発信しても、限界はあるかもしれない。

    それでも、僕らの世代がいなくなったら、こういうことをできる人たちはいなくなる」

     

     「これからも困難は多いが、ピエロになってでも、やっていくしかありません。

    問題意識を持って、『誇りある豊かさを』と訴えていく。こうした“心”は、今の若い人たちにも、残せるのではないかと思っているんです」

     

     ――――――

     

    ピエロになってでもやっていく。

    そのような信念の人が亡くなられたこと。

     

    沖縄のため、日本のため、世界のために、

    大変残念です。

     

    今年も8/6が来ました。


    >安倍晋三首相は、広島市で開かれた平和記念式典でのあいさつで、「『核兵器のない世界』の実現に向け、粘り強く努力を重ねていく」と強調した。


    核兵器保有国と非保有国の協力を求め、「わが国は双方の橋渡しに努め、国際社会の取り組みを主導していく決意だ」と訴えた。


    一方、昨年
    7月に国連で採択された核兵器禁止条約には触れなかった。

    日本は核兵器保有国とともに同条約に参加せず、昨年のあいさつでも言及しなかった。


    だそうです。
    安倍政権で、日本が核兵器全廃に向けて動くことはないですよね。

     

    今年は、暑いですね。本当に、暑い。熱中症でなくなる方、多いですね。

    「危険な暑さ」がまだ続くそうなので、お互い、気を付けましょう。


    今年の夏は変則で、中国と日本を行ったり来たり。
    例年、長春の夏は涼しかったように記憶しますが、今年は、日本と変わらないです。
    夕方涼しい風が吹いたから、と日本に連絡すると、日本でも涼しいと。
    長春に来ている意味ないだろう、なんて毒づきたくなります。


    核兵器のない世界が、いつか来ますように。

     Yukaponiさん。月さん。

    二か月半もお待たせしてしまいました。大変申し訳ありませんでした。

     

    お約束の、地震発生回数の推移をまとめました。マグニチュード別。日本全国で、半年間に起きた地震の回数です。20xx/1は上半期、/2は下半期です。

     

    マグニチュード別地震発生回数の推移2011~2018上半期

    いつも使わせて頂いている、気象庁のデータをまとめたAkira Kitauchさんのデータ(文献1)をまとめたものです。

     

    2011/3/11の東北地方太平洋沖地震のおかげで、全国的に、地震発生回数が増えましたが、3年前に報告した通り、その影響も2013年にほぼ収まりました(文献2)。その後、20164/14に熊本地震が発生し(文献3)、2016年中の地震発生回数が増えましたが、それも2017年には落ち着いてきました。

     

    Yukaponi>最近島根、北海道、愛知県で地震が立て続けに起こっていますが南海トラフや三河地震の前兆だと言われていて不安でとてもしんどいのですが、

     

    と言うコメントを受けてのデータまとめでしたが、「異常に」、「立て続けに起きている」と言う状況ではありません。

     

    単なる枯れ尾花です。怖がる気になれば、なんでも怖いです。

     

    数日前の前震を除いて、地震に「前兆」はありません。前兆がないことは、地震が起きないことを意味しません。地震は、いつでも起きるものです。怖がっても意味がありません。地震が起きても良い様に、無理をしない範囲で、準備をしておいてください。「前兆が」と言って怯えるのは、心が疲れるだけ。無意味です。

     

     

    ―――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    東北地方太平洋沖地震発生前後の地震発生回数の推移グラフ

    Akira Kitauchi@tau3000

    http://tau.f2u.com/equake/

     

    2)日本は地震・火山の活動期に入った?(<=口の永良部島の噴火、箱根で地震多発、小笠原でM8.1)ーーいいえ。全国で発生する地震の頻度に、活動期の気配は見えない

    20150608

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52209417.html

     

    3)

    ほぼ終息していた熊本地震は、4/24にまた、相が変化。4/29に最大震度5弱と5強。

    20160502

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52253252.html

     

    今日で3/11の東北地方太平洋沖の大地震から7年目です。

    恐怖におののいた数日でしたが、恐怖の記憶は薄れていきます。

     

    産総研に建物も大きな被害を受け、修復までの一か月は、入構不可でした。第二事業所のC棟とD棟の間が地震で壊れ、初めて、建物の間を簡易につないでいた渡り廊下であることを知りました。

    今、5階以上は再建されず、奇しくも巨大地震のモニュメントになっています。八階建ての
    C棟とD棟には、見苦しい補強が行われており、これもモニュメントです。この二つは、その時に建物にいた人には、7年前の大きな揺れを思い起こさせます。ほかには、巨大想起させるものはなく、記憶は風化していくでしょう。

     

    でも、いまだに、避難生活者が7万人もいるそうです(文献1)。悲しいことです。

    原発事故当初から、私は、放射能レベルは、健康には全く影響がないと訴えてきました(文献2)が、人々の不安の心を変えることはできません。

    また、いまだに福島産の農産物を購入しない層があるそうです。残念なことです。

    こういうことこそ、早期に風化すべきです。

     

    高台移転とか、巨大防波堤とか、愚の骨頂のアイデアがありましたが、どうなったでしょうか?消えていてくれるでしょうか?除染と言う巨大な税金の無駄使い、これは、終わってくれている様です。原発から水の海への流出を防ぐ、凍土壁。これも実にバカげた菅家ですが、どうなったでしょうか?原子炉の解体。これも極めてゆっくり進んでいる様です。私の予測は間違っていたでしょうか?もしも私が間違っていたなら、間違った理由の考察をせねばなりませんが、早くしてくれないと、私の予測の理由を私自身が忘れてしまいそうです。

     

    早く風化し、避難生活者がゼロになり、農作物の風評被害がなくなって欲しいですが、2万2千人以上が亡くなられたこと、日本中が大パニックになったこと、政府が右往左往したこと、これらは、いつまでも記憶にとどめておくべきです(文献3)。

     

    ―――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    東日本大震災から7年 避難生活、いまも7万3千人

    朝日新聞デジタル 3/11() 0:21

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000002-asahi-soci

     

     

    2)

    「放射脳と健康」、「放射能の規制」、および「原発と放射能」カテゴリに多くの解説記事を書きました。例えば、

     

    原発避難の高齢者826人中77人死亡ーー枯れ尾花政策継続で死者続く

    2011-07-02 14:28:05

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/51975271.html

    をお読みください。

     

    3)

     南相馬から夜空へ 鎮魂と再生の願い込め光ともす

    朝日新聞デジタル 20183102119

    https://www.asahi.com/articles/ASL3B5D7RL3BUQIP01J.html?ref=yahoo

    私は奄美群島の沖永良部島の出身です。久しぶりに3泊四日の帰郷し、親戚訪問をしましたが、宿泊した知名町営国民宿舎に、天皇皇后両陛下の写真が掛かって居ました。昨年11月に両陛下は奄美群島巡りをされ、与論島にはホテルがなく、沖の永良部島に泊まって日帰り旅行したので、そのおきえらぶフローラルホテルに二泊されたそうです。

     

    両陛下が宿泊

    両陛下が沖縄や硫黄島など太平洋戦争の激戦地を訪問し、慰霊の旅を続けてこられたことは知って居ましたが、奄美群島を旅行されたことは知りませんでした。

    奄美群島は、戦後、沖縄や小笠原諸島とともに19531225日まで、米軍の統治下に置かれ、住民は本土への渡航が制限され、特産の大島つむぎや黒砂糖の販売の道も断たれ、島民の生活は困窮を極めた歴史があります。

    アメリカ軍の琉球列島米国民政府による自治権制約などの政策や、沖縄戦で疲弊した沖縄本島への資金集中、本土との分離に伴う換金作物や物産の販売経路の途絶などにより、経済が疲弊し飢餓の兆候さえ出てきていた奄美の住民は不満を増大させた。分離直後から始まっていた奄美群島祖国復帰運動は激しさを増し、日本復帰を願う署名は14歳以上の住民の99.8%に達し、ガンディーの運動を真似て集落又は自治体単位でハンガーストライキが行われ、小中学生が血判状を提出する事態も発生した。と言う説明があります。

    この記事を書くため調べ、両陛下が03年、奄美群島が日本に復帰してから50周年を祝う現地の式典にも出席しているそうです。つい3か月前の永良部訪問を知り、奄美の人々への思いに大きく感謝を感じます。改めて、素晴らしい、象徴天皇です。

     

    以下の日程だったようです。

    1日 1116

      皇居(乾門)御出門

      東京国際空港御発 特別機

      鹿児島空港御発 特別機

      屋久島空港御着

      屋久島町総合センター

      屋久島空港御発 特別機

      沖永良部空港御着

      お泊所 おきえらぶフローラルホテル

     

     第2日 1117

      沖永良部空港御発 特別機

      与論空港御着

      百合ヶ浜展望休憩所

      与論町地域福祉センター

      与論空港御発 特別機

      沖永良部空港御着

      お泊所 おきえらぶフローラルホテル

     

     第3日 1118

      花き生産者圃場

      和泊町国頭小学校

      和泊町役場

      沖永良部空港御発 特別機

      鹿児島空港御発 特別機

      東京国際空港御着

     

    泊まられたのは5階だそうで、その部屋は1年間一般客の宿泊を受け付けないそうです。

    我々は2階に泊まりました。

     

    和室14室(和室87室・和室67室)、洋室58室(シングル45室、ツイン10室、トリプル3室)だそうですが、我々が泊まった和室6畳は一人一泊税抜き3,300円でした。

    税抜き800円の朝食バイキングは、鶏飯、カレー、などとてもおいしくお得です。

    今頃なので無料wi-fiです。車で30分の空港までの送迎は無料です。

    糖尿病に絡むいろいろな論文を読んでいます。理解できた範囲でご紹介します。

    今回は、脂肪細胞が作る、レプチンと言うペプチド(アミノ酸がつながった物質)ホルモンがインスリンの効き(抵抗性)を制御している、ことを明らかにした論文を紹介します。東京医科歯科大と京大医学研究科の小川氏と中尾氏の
    2003年の論文です(文献1)

     

    脂肪細胞は、エネルギー源としての脂肪を蓄えるだけでなく、生体における最大の内分泌臓器だそうです。

    脂肪細胞から分泌されるホルモンの一つであるレプチン(Leptin)は、Leptin脳の視床下部に直接作用し、満腹感を作り出し摂食抑制作用があるそうです。また、交感神経を亢進し、エネルギー消費を亢進する様です。これにより、肥満を抑制する様です。

     

    レプチンは視床下部に作用

    小川&中尾氏らは、以上のレプチンの働きを、マウスを使った実験で確認しました。

    一つが、脂肪萎縮して脂肪細胞のないマウス(A-ZIP/F-1)。もう一つが、肝臓でレプチンを作るマウスと脂肪萎縮マウスを交配させて作った、脂肪がないが肝臓でレプチンを作るマウス(LepTg/A-ZIPTg)。

     

    レプチンがインスリン感受性を改善

    脂肪萎縮マウスでは、インスリン感受性(効率)が低く糖尿病でしたが、レプチンが分泌されていませんでした。

    LepTg/A-ZIPTgは脂肪組織はありませんでしたが、レプチンが肝臓から分泌されるので、インスリン感受性は正常でした。

    このことから、レプチンがインスリン感受性に重要であることが明らかになりました。

    肥満マウス(ab/ab)では、脂肪はたっぷりあるのに、レプチンは少なく、インスリン感受性は低かったです。脂肪が多くなりすぎると、レプチンの分泌が抑制されることが分かります。

    脂肪萎縮マウスに、レプチンを少々投与してもインスリン感受性は不良でしたが、大量に投与すると改善しました。

    脂肪萎縮マウスに、脂肪組織を移植すると、インスリン感受性が改善しました。


    この論文から、レプチンなどの重要なホルモンを分泌するので、脂肪はとても重要であり、脂肪を減らし過ぎてはいけないこと。一方で、脂肪が増えすぎると、レプチンの分泌が抑えられるなど悪いことが起きる様であること、が分かります。

     

    ――――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    小川佳宏, 中尾一和

    特集 脂肪細胞とインスリン抵抗性 レプチン (Leptin)

    糖尿病 46 (2003) 9 p. 730-732

    https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo1958/46/9/46_9_730/_pdf/-char/ja

    今度は、運動することでインスリンの効率が増大することを示す実験結果(文献1)をご紹介します。

     

    1970年に出版された、スエーデンのイエーテボリ大学の研究グループの論文です。

     

    先ず結果を示します。7人のデータの平均値です。血糖値には、トレーニングをする前と後で顕著な変化はなかったですが、

    筋トレ効果血糖値-平均


    トレーニングをすることで、インスリンの分泌量が半分程度になりました。
    筋トレ効果インスリン-平均



    100gのブドウ糖を投与で血糖値が上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌されますが、少ない量で同じ効果が出た、つまり、インスリンの効率が上がりました。

    7人の被験者は肥満ではあるものの、血糖値は高くなく(空腹時に100以下で、食後2時間値が140以下)、糖尿病ではありません。空腹時血糖値に下げるに必要なインスリンが分泌されるだけで良いです。

    この実験によると、運動はインスリンの効率を上げるように、体内を改善する、と言うことになります。

    シリーズ⑤で紹介した実験も同様で、運動をしないと、インスリンの効果が落ちました。

     

    以下で、実験方法を詳しく説明します。

    被験者は、19歳から60歳の女性8人と、19歳と50歳の男性二人。全員が肥満で、体重は、87kgから124kg。運動のテストをすることで改善されると説明され、積極的に協力したそうです。

    運動の試験中に食事制限しないようにと言われました。

    強い運動ができるために、心血管の治療をしていない者、その他の病を持たない者が選ばれています。彼らの通常生活は比較的低活動でした。

    彼らはジムで、指導者の下で、8週間のトレーニングを受けました。

    最初の二週間は、1日4時間、週に5日、残りの6週間は1日3時間、週に三日のトレーニングを受けました。

    トレーニングの強さは個人個人によって異なりました。

    毎回のトレーニングでは、先ず、運動の負荷が変えられるエルゴメーター自転車で、4分間のウオームアップをし、そのあと自転車で、次に、静的、動的な、腕、腹筋、背筋、足の筋肉の筋トレを行いました。

    自転車のトレーニングでは、4分間、全力で漕ぎ、次の4分間は最小負荷で漕ぐ、と言うのを繰り返します。

     

    アイソメトリック筋トレ(静的筋トレ。投,跳のような動きを伴わない,関節を曲げたり伸ばしたりしない、筋収縮運動を中心とする筋トレ。壁や柱などを力いっぱい押したり、一方のヒジを約90度に曲げた状態でその手のひらを上に向け、もう片方の手の平を上からかぶせるようにして合わせて上下から押し合ったり、椅子に腰掛けた状態で両足の足首を交差させ、下になっている方の脚はヒザを伸ばす方向に力を込め、上になっている方の足は下になっている方の足を押さえつけるように力を込める、などの運動)では、歪ゲージを用いるなどの(当時としては)新しく設計された装置を使いました。

     

    アイソトニック筋トレ(動的トレーニング。腕立て伏せ、スクワット、ダンベルなど、一般的筋トレ)では、一分に6回繰り返すと疲れる程度の強さで運動させました。

     

    トレーニングにより最大酸素摂取量は6%向上し、心拍数は5%少なくなりました。胴の曲げ力は5割増え、伸ばす力は1/3増えました。腕力の増加は5-15%でした。体重は平均で3%増えました。

     

    個人個人のデータは大きくばらついています。被験者AEだけは、インスリンの分泌量は、トレーニングにより増えました。最初に示した図では、このAEのデータも含まれています。

    筋トレ効果インスリン-2
    筋トレ効果インスリン-1
    筋トレ効果血糖値-2
    筋トレ効果血糖値-1



     

    ――――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    P.Bjorntorp, et al.,

    The Effectt of Physical training on InsulinProduction in Obesity

    Metabolism 19,(1970) 631

    日中首脳往来「着実に推進」、李首相来日調整へ

    と言う記事が出ました(文献1)。

     

    河野外相は1/28、中国の王毅(おうき)外相と北京の釣魚台国賓館で会談した。

    日中韓首脳会談に合わせた中国の李克強首相の来日と、安倍首相と中国の習近平国家主席の相互往来を着実に進めることで一致した。

    日本の外相の訪中は2016年4月以来。会談は昼食会を含め、約3時間半に及んだ。

    会談の冒頭、王氏は、今年が日中平和友好条約締結40周年にあたることを踏まえ、「両国関係が早急に平常化し、発展の軌道に戻るよう期待する」と表明した。

    河野氏も「首脳往来をはじめ、全面的な関係改善を進めていく中で、信頼関係を強化したい」と応じた。

    両氏は、日中韓首脳会談に合わせた李氏の来日日程を調整することで一致した。

    日本政府は今春の来日実現を目指している。

     

    日中関係に関する、これまでの私のブログ記事のリスト(カテゴリ、「中国」「政治」)を下記に示します。

    私が、日中関係改善の足音を聞いてから(文献19)、すでに3年半、安倍総理が習主席と25分の短い会談をしてから2年(文献16)、が経過はしていますが、着実に良好化しているのは喜ばしいことです。

     

    ―――――

    (参考文献)

    1)

    日中首脳往来「着実に推進」、李首相来日調整へ

    読売新聞 20180128 2231

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180128-OYT1T50134.html

     

    2)

    東京で第8回日中韓外相会議開催。中国外務省のホームページに12本もの関連記事――日本と仲良くしたがっている中国

    20160827

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52260080.html

     

    3)

    尖閣沖公海で、海上保安庁が中国漁船の6人を救助。中国外務省が称賛――――北風では、人は変わらない。太陽の海上保安庁、有難う

    20160812

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52259124.html

     

    4)

    中国の反日は、なくなるーーー経済が政治を変える。G20の記事からの富江の予測。

    20150907

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52225335.html

     

    5)

    抗日戦勝利70周年記念式典の中国での実況中継テレビの画面いくつかーーー「抗日」でなければ、楽しめたパレード。習近平重要演説で、30万人兵削減を発表

    20150903

     

    6)

    中国の「抗日戦勝利」70周年記念式典(9/3)に安倍首相欠席ーーー当然。欧米が参加していたら、参加していた首相。なんと哀れな安倍晋三

    20150825

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52223546.html

     

    7)

    70年目の広島原爆の日。平和記念式典に、核保有5大国では中国のみ欠席

    20150806

     

    8)

    戦後日本の基本となるポツダム宣言ーーーあまりにもの酷さに唖然。米中英の名誉のため、抹消さるべき。対して玉音放送の格調の高さ。8/15に、日本は、文化で勝利

    20150729

     

    9)

    シールズは、中国を変えるか?--数千年、外敵の侵入、支配で怯えてきた裏返しの「中華」思想?

    20150724

     

    10)

    70年も前の「抗日戦」「勝利」を祝う、悲しさと、式典に安倍首相を招待する非礼ーーー首相の訪中は国慶節(10/1)が適当

    20150712

     

    11)

    日本標的の核ミサイルは、遼寧省に。東京から1500kmの沖縄を攻めるは愚の骨頂ーー沖縄米軍基地は、中東の攻撃にも役立たず、台湾進攻抑制にも、張り子の虎

    20150710

     

    12)

    ロシアでの戦勝70年記念式典に、タカ派の安倍首相が期限直前まで熟考?--日露戦争勝利は、何周年まで祝った?

    20150511

     

    13)

    内戦状態の也(イエメン)から、中国軍艦で、日本人旅行者も一人救出(中国政府からの申し出)ーー中国人629人と外国人279人を移送

    20150408

     

    14)

    中国主導のアジアインフラ投資銀行。参加申請は48国・地域ーー各国に反対工作した米国の誤算は英国の参加。米国協調の日本は見送り

    20150401

     

    15)

    中国のテレビニュース(CCTV13)が、安倍首相の衆議院解散と高倉健さんの死去を大きく報じる

    20141119

     

    16)

    安倍総理と習主席が北京でのAPEC11/10に、25分の短い会談ーー2年半ぶりに日中首脳が会ったことに歴史的意義。国内向けに無表情の習主席の内心はきっと大喜び

    20141117

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52178756.html

     

    17)

    日中関係、両国の思いの温度差ーーー新華社と朝日新聞デジタルでの日中関係の記事の占める割合の比較に見る

    20141109

     

    18)

    北京でのAPECで、日中首脳会談へ--事前に四項目合意。東シナ海の緊張状態に異なる見解、など

    20141108

     

    19)

    日中関係改善の足音ーー領海侵入が減っている尖閣諸島。4月に胡耀邦の長男が安倍総理と面会。5月に高村副総裁が中国ナンバー3らと、7月末に福田元首相が習主席と会談

    20140808

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52163888.html

     

    20)

    「日中は仲睦まじく」王毅外相(3月8日)ーーー知日派列伝。チベットで涙した胡耀邦。天安門広場の断食学生たちの前で声を詰まらせた趙紫陽

    20140618

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52156709.html

     

    21)

    尖閣問題で一触触発の関係の中国を、国際社会で孤立させるべき最悪のタイミングでの安倍靖国参拝。韓国も台湾も米国も欧州も、中国の味方にしてしまった

    20131229

     

    22)

    「静かな靖国参拝。騒ぎにしたのはマスコミ」と、間違い歴史認識の麻生氏ーーA級戦犯合祀の後に天皇親拝なし。戦後政治総決算の大仰な中曽根公式参拝で、中国が公式反発

    20130810

     体を動かさなくなると、インスリンは分泌されても血糖値の下がりが少ない、つまり、インスリンの働きが大きく阻害される、と言う実験結果をご紹介します。

     

    1972年に出版された、テキサス州サンアトニオのUSAF医療センターの研究グループの論文です。

     

    実験は、家族に糖尿病歴がなく、本人も健康な、18歳から22歳の8人の若者です。

     

    6週間、一日1時間の仰向けの運動をさせ、測定し、それを参照(control)データとします。次に、35日間ベッドの上に寝かせます。4人ずつの二つのグループに分け、一つのグループはそれまでと同じ運動をさせ、もう一つの4人は、安静にしてもらいました。

    食事は2600calのダイエット食と260gの炭水化物を与えます。

     

    結果が下図です。

    血糖値は、ベッド生活により食事前の値が増えています。食事により血糖値が増大しますが、35日の安静生活の後で、増大量がより大きくなりました。

    安静の影響血糖値

    一方、食事前のインスリンの量は、ベッド生活の前と後ではっきりとした違いはなかったけれども、食事によるインスリンの増大は、35日間のベッド生活により、2倍になって居ます。インスリンの増加は、ベッドの上で運動しなかった4人の方が多いです。

    安静の影響インスリン分泌量

    血糖値の増大を抑えるべくインスリンが分泌されますが、ベッド生活により運動しなくなることで、インスリン分泌量は大きく増えたにも関わらず、血糖値はより大きいです。

    つまり、運動不足で、血糖値があがり、それを抑制すべくインスリンの分泌は大量に増えたのに、血糖値の抑制は極めて不十分でした。

    運動不足は、インスリンの効率を大きく低下させます。同じくベッド生活をしても、一日僅か一時間の運動でも、インスリンの効率低下が軽減されます。

     

    ――――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    R.L Lipman, et al.,

    Glucose Intolerance During Decreased PhysicalActivity in Man

    Diabetes 21,(1972) 101

     75gOGTT75g経口ブドウ糖不可試験)で2時間経過後の血糖200mg/100cc糖尿病とされますが、それを明確に示すデータがありましたので、紹介します。

    1971年に出版された、アメリカのアリゾナ州、関節炎、代謝病国立研究所のグループの論文(文献)です。

    調査対象者はインディアンのピマ族PimaIndian)で、5歳から74歳までの男1340人、女1571人、合計2911人です。検査は1965-1969年に行われました。

    ピマ族は、中央アリゾナのインディアン保存区に住んでいる部族で、他の部族から離れて住んでおり、糖尿病患者の割合が多かった部族です。対象者が多いため、信頼性の高いデータが得られました。

    75gOGTTでの2時間経過後の血糖値の、年齢別分布図を以下に示します。男の5歳から14歳では、100mg/100ccに単一ピークを持つガウス分布ですが、

    pima若年男

    年齢が上がるに従い、
    300-400にもう一つの小さなガウス分布がありました。35歳以上になると、第二のピークが顕著になります。
    pima高齢男


    女性の場も、同じ、年齢依存をしました。

    pima若年女
    pima高齢女


    第一のピークは、男の場合、5-14歳で9865-74歳の129まで、年齢とともに高くなりました。女の場合は、45-54歳の147まで年齢とともに増えましたが、それ以上では大きな年齢依存はありませんでした。

    第二ピークは、男で300-400、女で350-450で、明確な年齢依存は見えませんでした。

    第一ピークが正常者、第二ピークがII型糖尿病と考えられ、その境界は200mg/100cc強です。

    このデータから、75gOGTTでの2時間経過後の血糖値200mg/100ccが、糖尿病の判定基準になって居る様です。

    第二ピークは20歳前後から現れ始め、30歳前後で10%位になり、40歳前後以上で30-50%になりました。シリーズ①で紹介したように、日本人の糖尿病患者は60歳以上で20%程度ですので、ピマ族の糖尿病比率が高いことが分かります。

     

    ――――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    N.B. Rushforth et al.;

    Diabetes in the Pima Indians

    Evidence of Bimodality in Glucose ToleranceDistributions

    Diabetes  20(1971) 756

    食前に乳清(ホエープロテイン)を摂ることにより、インスリンと消化管ホルモンGLP-1分泌が倍増し、食事による血糖値上昇が半減したという実験結果を報告した論文(文献1)を紹介します。

    2014年の論文で、イスラエルのテルアビブ大学の研究です。

     

    乳清(文献2)とは、チーズを作る際に固形物と分離された副産物として大量に作られる蛋白です。ヨーグルトを静かに放置しておくと上部に液体が溜まる事があり、これも乳清です。

    英語ではWheyで日本ではホエープロテインとして売られ、筋肉トレーニングで疲労、傷ついた筋肉の栄養補給用サプリメントで、筋トレの必需品です。

     

    被験者は、Ⅱ型糖尿病15人です。

    15人を二つのグループに分け、半分に水に溶かした50gホエーを飲ませ、残り半分には水だけを飲ませ、30分後に353kcalの朝食を与え、インスリンなどを30分置きに測定しました。

    2週間後に、もう一度測定を行いましたが、今度は、先にホエーを飲んだグループは水だけをのみ、水だけ飲んだグループはホエーを飲ませました。

     

    血糖値の時間変化が図1です。

    空腹時(朝食前)血糖値126 mg/dL (dL=100cc)以上が糖尿病型とされますが、被験者は糖尿病患者で、食事前の血糖値はそれ以上になっています。

    食事により血糖値が上がり、一時間後にピークに達しますが、朝食の30分前にホエーを飲んだグループ(白抜き印)の血糖値上昇は、水だけのグループ(黒塗り印)の半分以下になって居ます。

    ホエーによる血糖値抑制

    血糖値の上昇によりほぼ0であったインスリン濃度が増えます(図2)が、ホエーを与えられたグループの量は2倍強でした。

    インスリンの変化

    インスリンの分泌を促進する作用のある消化管ホルモンGLP-1の分泌量(図3)は、GLP-1の変化ホエーの食前摂取により3倍近くになって居ます。前にiがついているのは、損傷されたGLP-1を示し、tは、全量であることを示します。GLP-12/3位が損傷しましたが、どういう原因でGLP-1損傷するかを私はまだ理解していません。

     

    血糖値低減対策として体重を減らすべく、私は運動を始めました。脂肪は減らしてしかし、筋肉は減らさないようにと、プロテインを飲み始めましたが、インスリン分泌促進効果があるらしいのは、一石二鳥、です。

     

     

    ――――――――――――

    (参考文献)

     

    1)

    Daniela Jakubowicz et al.;

    Incretin, insulinotropic andglucose-lowering effects of whey protein pre-load in type 2 diabetes: a randomised clinical

    trial

    Diabetologia (2014) 57:1807–1811

     

    https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs00125-014-3305-x.pdf

     

    2)

    乳清

    wikipedia

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E6%B8%85

    血糖値とは、血液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度で、空腹時に110mg/cc以下、75gの経口糖投与2時間後(あるいは食事2時間後)の値が140m/cc以下が正常値で、

    それぞれ126以上、200以上が糖尿病「型」とされています(文献1)。

     

    次の三つが、糖尿病三大合併症とされています(文献2)。

    1. 神経障害

      手足の血行が悪くなり、神経障害が起きる。

      しびれや感覚のにぶりなどに始まり、悪化すると壊疽(えそ)を起こし、下肢切断の危険も生じる。

       

    2. 網膜症
      血行障害から眼底の血管がつまって視力が低下し、悪化すると失明状態にいたる。 

      3.腎症
      高血糖のために腎臓のフィルターがつまり、血液のろ過がうまくできなくなり、悪化すると人工透析が必要となる。

     

    これらは、毛細血管に障害が起きるなどの原因で発症し、糖尿病罹患後、数年を経て発症し、徐々に悪化する様です。

     

    そのほかに、

    動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞、などを引き起こす。

    抵抗力が弱まり、感染症がこじれやすくなる。膀胱炎、腎盂炎、皮膚炎、歯肉炎などが重症化する。

    そうです。

     

    血糖値が高くなると、下記の症状が起きる様です(文献3)。

     

    200mg/cc前後

         自覚症状ナシ

     

    A.

    300mg/cc前後

    煩渇多飲(のどが渇き水を大量に飲む)

    多尿症(尿の量が増える。トイレの回数が増える)

    大食症(空腹感に襲われ、大食する)

    眠気に襲われる

    倦怠感を感じる

    異常に痩せる

     

    B.

    500mg/cc 以上

         嘔吐する

         意識がなくなる

         昏睡状態になる

     

    ―――――――

    参考文献

     

    1)

    糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告

    「糖尿病」 Vol.55 (2012) No.7 p.485-504

    https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/55/7/55_485/_pdf/-char/ja

     

    2)

    糖尿病の合併症

    すぐに役立つ暮らしの健康情報-こんにちわ 20084月号:メディカル・ライフ教育出版 より転載

    http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200804/clinic.htm

     

    3)

    血糖値の数値で見る~500以上で現れるさまざまな症状

    ヘルスケア大学

    http://www.skincare-univ.com/article/010565/

    昨年秋に、“糖尿病患者 初の1000万人 16年、高齢化・肥満増で”と言うニュースがありました(文献1)。

    国民の多くが罹患している疾病は国民病と呼ばれます。

    米国では肥満や生活習慣病などが国民病と見なされています。戦前の日本では結核が国民病で、現代日本においては、がん、糖尿病、花粉症、腰痛などが国民病と見なされます。腎臓病、肩こり、歯周病、うつ病なども国民病と形容されることが多い様です。

     

    数年前から予備軍であった私ですが、中国で糖尿病と宣言されました。漸く危機感を持ち、血糖値の改善に努め始めました。せっせと運動をしていますが、糖尿病についての勉強も開始しました。自分のメモ代わりに、分かったことを、糖尿病シリーズとしてまとめていくことにしました。自分用のメモが、もしも皆様のお役にも立てば幸いです。

     

    先ず、定義です。

    “糖尿病患者 初の1000万人”の“糖尿病”は、ヘモグロビンA1c測定値のある者のうち、6.5%以上の者、で、正確には、“糖尿病が強く疑われる者”です。

     

    その人数の推移(文献2)を図1に示します。確かに年々増えています。

     

    糖尿病患者数の推移

    ただ、その年齢分布(文献3)の推移を見ると、殆ど変化していません。図2に示すように、40歳から増え始め、60歳以上では、20%以上が、HA1c>6.5%です。

     

    糖尿病患者の年齢分布

    つまり、生活様式が変わったから“糖尿病が強く疑われる者”が増えたというよりも、日本が高齢化しているから、と言えそうです。ただし、米国の日系移民の糖尿病有病率は日本の2-3倍だそうですので、主に生活習慣によって発症することは確実です。

     

    血糖値を抑えるために、薬を用いたり、インスリン注射を行っている者の割合を図3に示します。“糖尿病が強く疑われる者”の年齢依存とほぼ同じで、60歳以上の男性では、10数%です。この数字の高さは意外でした。

    血糖値抑制薬使用者の年齢分布

    ーーーーーーーーー

     (参考文献)

    1)

    糖尿病患者 初の1000万人 16年、高齢化・肥満増で  

    日経新聞 2017/9/21 19:10

    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H9V_R20C17A9EA2000/

     

    2)

    平成28 年 国民健康・栄養調査結果の概要

    厚生労働省 

    http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf

     

    3)

    平成28年 国民健康・栄養調査報告

    厚生労働省 平成2912

    http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h28-houkoku.pdf

    スーパーで買い物すると、野菜の高いのに驚きます。中国で2元、3元(数十円)でキューリ数本、ピーマン数個、ジャガイモ数個を買っていましたが、中国での半分くらいの小さなピーマンが三個で、なんと100円!

     

    図1に、キャベツの東京中央卸売市場での小売価格の推移(文献1)を示します。12月中旬から急激に高くなり、年明けには昨年の2.5倍です。

    キャベツ価格の推移


    今冬は、他の野菜も軒並み高くなっています。生育時期だった昨秋に産地が長雨や台風に見舞われ、生産量が大幅に減っているためで、来月には価格は落ち着く様です(文献2)。

     

    野菜が高いねと話した食事時、キャベツの巻きが悪いらしい、と言う話が出て、どう言う仕組みで巻くんだろう、なぜ巻くんだろう、と興味が出て、調べて見ました(文献3)。

    キャベツ

     

    キャベツ、ハクサイ、結球レタスなど、葉が巻いている野菜は、結球性蔬菜と呼ばれるそうです。

     

    葉が巻くのは、光屈性による運動の様です。

    光屈性は、オーキシンと呼ばれる、植物の成長(伸長成長)を促す作用を持つ植物ホルモンの一群によって行われるとのことです。下図は、その一つIAAの構造式です。


     

    オーキシン分子構造

    レタス、白菜を暗い所に置くと、葉が立ち上がり、葉による太陽光の遮ぎりの少ない葉の裏面(球の外側)の成長が葉の表面(球の内側)より大きくなって、丸まるとのことです。

     

    光屈性

    オーキシンの量が(伸長率で評価)、葉球では球の外側で多く内側で少ないこと、葉が広がる外葉では逆になって居ることが測定で確認されています。葉っぱの伸長率の分布

    良い結球の形成には、葉数が増えること、葉が立つことが重要ですが、葉の生長点に花の芽ができると葉の数が増えないそうです。キャベツ、白菜では低温により花ができ、レタスでは高温日が多いと花成するようです。

    昨秋は長雨や台風に見舞われて日照不足でしたから、オーキシンの生成量が少なくて、光屈性が十分起こらず、巻きが十分にならず、売り物になる結球が成長せず、生産量が減ったのでしょう。

     

    下図にレタスの生育過程を示します。10日の「増分」が示されています。

     発芽から
    4050日で結球が始まり、5060日で収穫期になる様です。先ず葉の数が増え、次に根が重くなり、球の肥大が盛んになり、収穫期近くには葉数の増大が次第に少なくなり、根は、発達が殆ど止まる様です。

     

    レタスの生育過程

    結球性蔬菜では葉の分化速度が速く、生育の最盛期(レタスの場合、発芽から40~60日)には、1日に1-2枚の葉の分化をする様です。新葉は球の内側にできる様です。

     

    尚、光屈性は、1880年にダーウィン親子が記した「植物の運動」と言う本の中で紹介された古くから知られた植物の運動です。

     

    イネ科植物が芽生え時に覆っている子葉鞘を使い、青色光が屈光性を引き起こすこと、光の受容部位は子葉鞘の先端に存在し,屈曲する部位は先端より下であることを紹介しているそうですが、光の入射方向に対応して植物等の成長方向が変化する性質が光屈性と呼ばれ、化学物質に反応して曲がる化学屈性、重力屈性、水分屈性と言う屈性があります(文献5)。

     

    ―――――――

    参考文献

    1)

     1.「キャベツ」の卸売数量と価格の推移 (29.3/1)

    (東京都中央卸売市場)

    http://vegetan.alic.go.jp/kakakugurafu/youkeisai.pdf

     

    2)

    白菜が650円…葉もの野菜高騰、来月には落ち着く?

    20181130935

    https://digital.asahi.com/articles/ASL1D46TXL1DULFA00Q.html?_requesturl=articles%2FASL1D46TXL1DULFA00Q.html&rm=247

     

    3)

    レタス,ハクサイはなぜ巻くか

    加藤徹 高知大学農学部蔬菜園芸学教室

    https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/12/12/12_12_844/_pdf

     

    4)

    オーキシン

    Wikipedia

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3


    宝島社の「仏像と仏教」と言う本をチラチラ見ていて、ふと、中国文明の日本への伝来は、朝鮮半島を経由しておらず、むしろ、日本から朝鮮半島に、中国文明が流れていったのではないか、と思いました。

     

    仏教の開祖になるシッダールタは、紀元前463年4月8日に現在のネパールで誕生、と言う説明から始まります。

    インドで生まれた仏教は、北は、紀元前二世紀にガンダーラに伝わり、シルクロードを伝って紀元前二世紀から紀元4世紀の間に中国に伝わり日本に紀元540年前後に伝わります。南は、紀元前3世紀にセイロンに伝わったあと、日本への伝来よりかなり遅い紀元7世紀にジャワ、紀元8世紀にカンボジアに伝わった様です。

     

    仏教の広がり

    これを見て分かったのが、中国の後漢のあとの東晋の時代(318-420)に、仏教が百済に伝わっていますが、満州南部から朝鮮半島北部を領土とした高句麗に伝わったのが372年であり、ほぼ同時であり、朝鮮半島を南下して日本に伝来してはいないことです。

     

    昨年6月に、蘇州、南京を旅行して実感したのが、上海周辺、長江(揚子江)流域が、中国文明の中心と言うことでした。黄河文明も、青島のある遼東半島から西に広がる地域であり、北京は、ずっと、中国文化の北縁でした。大連のある遼東半島が中国であった時期はそれほど長くはなく、朝鮮半島を南下して中国文明が日本に伝来する、と言うことはあまりなかった、と思われます。

     

    中国文明の日本への伝来は、蘇州、上海から、あるいは、山東半島から、の海上ルートで行われたに違いない、と考えました。

     

    日中交流の最も密であった、遣隋使(600年から)、遣唐使(838年まで)の航路を見ると、

    遣唐使の航路

    蘇州から、沖縄、奄美を経て、九州沿岸を通って博多へのルート、蘇州から直接博多へのルート、山東半島の登州から黄海を渡って、朝鮮半島沿いを伝って博多へのルートで行われた様です。

     

    最初に743年に渡航を計画した鑑真が何回も遭難し、遭難により失明までし、6回目の渡航でやっと754年に来日できたことから分かるように、当時の小舟で荒波を渡るのは極めて危険でした。朝鮮半島を南下する陸路があったならば、陸路で中国文明が伝来していたならば、海洋ルートは使わなかったはずです。

     

    朝鮮半島から中国文明が日本に伝わったのではなく、海上ルートで博多に伝わり、そこから朝鮮半島に伝わった、と考える方が、素直、です。

     

    沖縄、奄美が、奈良時代の超先端地域だったでしょう。

     

    というようなことを、徒然に、考えました。

    4/30での天皇陛下の退位が決まり、今年が、平成最後の年になります。
     

    昨年もいろいろな出来事がありましたが、その一つは、将棋の藤井聡太四段の公式戦29連勝でした。14歳2か月の史上最年少で四段のプロになっての最初の対局が、それまでの記録を持っていた加藤一二三九段だったのも、歴史の妙でした。10数連勝から大きな話題になり、将棋ブームが盛り上がりました。

    その年に、羽生善治氏が、7つの大タイトル棋戦すべてで永世の称号を獲得できたこと。囲碁界でも、井山裕太氏が7大タイトルの再制覇を成し遂げました。お二人とも、本ブログで一度ずつ取り上げた(文献1,2)、私の好きな棋士です。

    囲碁、将棋両方のファンである私にとっては、とても嬉しい一年でした。

    AIの進歩は著しく、容易ではないとされてきた囲碁でも、世界トップを打ち負かすがニュースになったのは一昨年です。昨年元旦の記事に、私も囲碁ソフトを買い、完敗したこと、報告しましたが(文献3)、今年は、ノートパソコン上で動くソフトでさえ、プロ棋士が勝てない、と言っています。ソフトに教えて貰いながら、昔の棋力を取り戻し、さらに上達できればいいな、と願う、元旦です。
     

    中国政府の外専千人計画に選ばれ長春で働きます、と三年前に報告しましたが、その三年契約は昨年6月末で終了しました。7月から、今度は長春理工大学の予算での雇用で、再度三年、研究を続けることになりました。今度は年に10か月以上中国滞在、と言う縛りがないので、中国滞在は年に半年、と言うことにし、日本でゆったり過ごす時間を取りました。と言っても、学生の面倒を見る時間を減らすわけにはいかないので、メールでの連絡は、年中無休です。中国での生活では必須になって居るwechatを使っての、無料video通信は便利で、女房も、中国で仲良くなった元学生と楽しく話しています。便利な世の中になったものです。

    世の中の進歩についていくのは大変ですが、教えてくれる若い学生がいるのは助かります。

    この年齢になっても、研究面で飛躍を考えています。

    皆さまも、まずは健康でありますように、そして、仕事、趣味を十分楽しまれることを祈ります。

    ―――――――

    (参考文献)

    1)

    20130824

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52122531.html

     

    情熱を持って続けるって当たり前のことと思っていた。でもこれが、果てしなく難しいこと。同じペースで走り続けていけるって、一番の才能、と気づいたーー棋士、羽生善治

     

    2)

    20160420

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52252609.html

     

    井山裕太氏、囲碁界史上初の全タイトル奪取の七冠達成

     

    3)

    20170101

    http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52267348.html

     

    囲碁ソフトに完敗----体力の衰えは、何とも情けない。だが、頭脳は、衰えていない


    BLOGOSと言うサイトがあります。

    意見をつなぐ、日本が変わる、と言う謳い文句のサイトなのですが

    ネトウヨの巣窟で、

    見るべき議論はごくわずかしかなく、

    大半は、誹謗中傷、罵詈雑言です。

     

    まともな議論が行われるよう、コメントを書いています。

     

    以下は、

    「「支那」をNGワードに指定 支那が「中国」を強制する理由」

    http://blogos.com/article/266110/

    と言う記事に寄せたコメントです。

     

    ――――――

    呉智英さん。

     

    貴方のことは、

    ご・ちえい、って呼べばいいんですか?

    あるいは、低脳者って呼びましょうか?

     

    貴方は、水滸伝のファンなんですよね。

    その中の序列三位の呉用、からペンネームを取ったそうじゃないですか。

    水滸伝は、中国の4大小説。中国文学の大ファンと言うことですね。

     

    だったら、中国文学をしっかり勉強しようや。

    70歳を越えて、知性溢れるべきご老人が、

    こんなネトウヨまがいのことを書いちゃいけない。

     

    呼び名はね。相手が呼んで欲しいように呼ぶんです。

    それが礼儀です。

     

    礼儀を教えてくれない、日本の酷い教育を受けたあなたには理解できないかもしれないが、

    相手に失礼なことを言っちゃいけない。

    中国では、自分と相手の関係により、呼び方はさまざま。

    おじさん、おばさん、おじいさん、おばあさん、何種類もある。

    それはとても重要。

     

    中国語では、呼び方は、とても重要。

     

    「小姐」って中国語、知らないでしょうね。

     

    一寸前まではね、

    見知らぬ若い女性への丁寧な呼びかけ語だったんですよ。

    お嬢さん、

    っていう感じの。

     

    今、これを使うと、激怒されます。

    ある時から、水商売の女性を意味するようになったんです。

     

    張小姐は構わないが

    小姐。

    は、中国本土では禁句。

     

    阿姨

    は日本語ではおばさん、と訳されるけれど、

    中国語では、大人の女性の丁寧語。

     

    言葉は生き物。

    明哲保身。

    これは、賢者を褒める言葉だった。今は、保身に走る、というなじる言葉。

    貴方は、明哲保身がお上手、なんて言っちゃいけない。

     

    中国ではね、相手をどう呼んでいいか

    应该怎么称呼你呢

    って聞くんですよ。

    礼儀作法の一番の基本。

     

    貴方の大好きな中国には、多くの素敵な言葉があります。

     

    活到老学到老。

    70歳を越えてもね、遅すぎない。勉強しましょう。

    このページのトップヘ