9/6に、近畿地方でM8地震が起きる、というデマを流した(文献1)、串田嘉男と言う人の活動を調べて見ました。電離層の微妙な変化から地震の兆候を読み取るという、明らかに無駄なことを、私財を投じて懸命にやっている星好きな純真な人だと思ったところ、トンでもない悪徳商法をやっていることが分かりました。


以下に、質問形式で、彼のやっていることを整理しました。


1.「地震予報」という名前をつけながら、決して予報情報ではない(答え5)、と言い訳し、

2.公開「実験への参加者」を募集しているにも係わらず、参加者は何をすることもなく、「怯えた生活から脱却できる」と恐怖感を煽り(答え6)、

3.研究継続の支援を訴えながら、年に6万円の会費で、総額年に1億円に近い巨額の会費の収支は明らかにせず、

4.阪神淡路地震の予測ができなかった、3/11地震の予報ができなかったことを死刑に値するといいながら、会員が会員以外に情報を出すことを禁止する(答え9)

5.海を震源とする地震の検出は難しいと、言い訳しながら、世間の関心が高い、関東地震、東南海地震は検知できる(答え4)、

と主張します。


こんなに、質の悪い、悪徳商売が、長年行われていたとは知りませんでした。


きっと、昔々は、純真なアマチュア天文家だった(文献2)のでしょうが、地震「予報」で甘い汁が吸えることが分かって、人が変わってしまったのでしょう。阿漕なやり方から、本人は自覚していることでしょう。


福島原発事故に絡んだ放射能に関してはトンでもない発言を繰り返したらしい(私は全く読んでいないので、「らしい」)、群馬大の火山研究者である早川由起夫氏が、面白い評をしています(文献3)。菊池聡著「予言の心理学-世紀末を科学する」KKベストセラーズで、古今東西に現れた大予言者の予言に、次の特徴が認められることを指摘した、と引用しています。


・たくさんの予言をする。予言を受け取ったひとは、当たった予言に強く印象づけられ,外れた予言は忘れる。

・あいまいな予言をする。理由を後付けして、予言が当たったことにする。

・できるだけ反証されにくいかたちで予言する。

・予言が当たった証拠を強調する。ひとは、はずれた証拠を探すよりも、予言が当たった証拠を探す。
・予言を多数のひとに受け取ってもらい、当たったと感じてくれる人の声をすくい上げて喧伝する。

・悪いことを予言する。悪い予言がはずれたとき、ひとは、「悪いことが起きなくて、よかった」と、予言の失敗責任を追及することなく、むしろ感謝する。

・人命を救うなどの普遍的正義に沿った予言を行う。はずれても、必要やむをえない警告だったと許してもらえる。


串田氏の行動は、全て、当て嵌まります。


(串田氏の行っていることの整理)

ーーーーー

疑問1:清貧を厭わない私財を投げ打った研究?


答え1:いいえ。5,000/月の会費を払わないと情報を貰えない(文献4)。会員は1,000人以上いる様ですので(文献3)、年に1億円近くの会費収入がある模様。研究の遂行に必要以上の会費が集まっても、会費を下げることはない。収支は不明。


疑問2:二つの彗星と55個の小惑星を発見している著名なアマチュア天文家(文献2)だが、天文台業務はまだ続けているの?


答え2:有料で天文台公開をして、子供達に星を見せていたようだが、1995年に八ヶ岳南麓天文台の業務は止めたらしい(文献5)。


ーーーーー

以下は、「良くある質問」への串田氏の回答(文献6)です。


疑問3;どんな地震が検出できる?


答え3:前兆が現れて、地震が発生しなかったことはない。

内陸のM5以上なら検出できる。海の地震は、近海はM5.5以上、1000mの深さはM6.5以上、2000mの深さはM7以上。


疑問4:首都直下型、関東地震、東海東南海地震の前兆が検出できるか?


答え4:できる。3/11地震は、遙か沖だったので、検出が難しかったが(と、言い訳しておいて)、関東、東海地震は、震源が海だが、陸に極めて近いから。


疑問5:地震「予報」情報なのか?


答え5:あくまでも、実験的な推定であり、「決して」地震予報サービスではない。研究を継続するための支援費、を提供頂く。


疑問6:

公開「実験」で、参加者は、どういう貢献をするか?


答え6:

FAXで送られる実験観測情報を読むだけ。大地震がいつ来るか分からない怯えた生活から脱却できる。


疑問7:

大規模地震の前兆を検知した時、参加者以外に情報を公表するか?


答え7:公開しない。理由は、問い合わせに答えられない、地方自治体への連絡は一人では人出が足りない、研究段階であるので予測が正しいか確定できない、


疑問8:法人や団体は参加できるか?


答え8:個人参加のみ。登録者以外が閲覧できる環境のFAX機には送信しない。FAX機の設置状況の確認が煩雑なため。


疑問9:

知人に情報を知らせて良いか?


答え9:

他言は禁止。FAXで配信する情報は、参加者以外が閲覧不可能な様に情報管理すること。

但し、串田嘉男は、人道的立場から、一部情報を一般公開することがある(文献7)

(きっと、会員拡大のため、時々マスコミに顔を出す必要があるでしょう。著書を懸命に宣伝するのも、年に6万円払ってくれる会員拡大のためでしょう。)

ーーーーー

(参考文献)

1)

20130905日 「9/6に近畿でM8地震?ーー流星観測の委託事業で、FM電波の観測を始めた串田氏の地震予報。発生時期を、今月末~10月初旬へと、訂正」

http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52123912.html


2)

串田嘉男

wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B2%E7%94%B0%E5%98%89%E7%94%B7


3)

20039月南関東地震予報の学際的評価」初版(群馬大学教育学部・早川由紀夫研究室)

http://www.hayakawayukio.jp/bosai/fm/report.html


4)

地震前兆検知公開実験参加者募集

http://www.jishin-yohou.com/99_blank002.html


5)

横浜自然史博物@virtualによる串田嘉男氏

地震前兆観測 取材の意図

http://www.washiyama.jp/jyi/jyi_top.html


6)

良くある質問

http://www.jishin-yohou.com/99_blank001.html


7)

公開実験参加規約

http://www.jishin-yohou.com/Sanka_kiyaku.pdf