2005年05月02日

もっと知りたい!美豊泉

 『垂水温泉水美豊泉』』についてもう少し詳しく紹介します。

 美豊泉の分子は他の水と比較すると非常に小さいため、吸収が早く細胞の末端まで素早く行き渡ります。

 水の分子は、いくつかが結び付き集団を形成しています。これをクラスターと言い大きさは「Hz」で表されます。この値が小さい程、クラスターの小さい水という事になり、身体が吸収するスピードも早いのです。

 一般的に私たちが飲用している水道水のクラスター値は140Hz前後で、日本国内の飲める温泉水では、クラスター値が100Hzを下回るものがかなり存在するとの聞いています。

 以前「奇跡の泉」の中で紹介しましたフランスの「ルルドの泉」の平均クラスター値は70〜80Hzとかなり小さい値なのですが、同時に紹介した「鹿児島県垂水地方」の温泉郡(源泉)では、平均クラスター値が50〜60Hzと「ルルドの泉」を下回っています。

 美豊泉はこの鹿児島県垂水市の地下770メートルから天然のままに湧き出す純天然ミネラルウォーターで、そのクラスター値は47.4Hzと驚異的な数値です。このレベルのクラスター値とは、水が気体(水蒸気)になる数値に匹敵します。

 私が、最初に飲んだ時に思いましたが、とても軟らかくまろやかで、口の中でとろけるような感触が得られるました。皆さんも、クラスター値の小さい美豊泉の素晴らしさを、是非一度体験してみて下さい。
垂水温泉水美豊泉

次項 美豊泉でこんな効能が有りました! へ進む
前項 管理人のお勧め『美豊泉』 へ戻る

ゲルマニュウム健康法TOPへ

blogランキングに登録しています。
今回の情報が「役に立った」と思われた方は 「応援お願いします」 ⇒ 人気blogランキング



Google





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toshia2/17806113