2006年02月08日

Ge温浴商品比較表(固形温浴剤偏)公開

Ge(ゲルマニュウム)温浴を家庭で行なうためには、Ge温浴商品を購入しなければならないのですが、「Ge温浴商品の選定方法」でもお話しましたように、現在Ge温浴商品は「温浴器,粉末温浴剤,固形(ボールや原石)温浴剤」の3つに大別されます。

その中でも最近の主流となっている固形温浴剤について、商品調査を行ないました。

調査目的は「そろそろ新しい温浴剤を購入しようかと思った」からなのです。 管理人が知る限りの知識を集めて作成しましたが、あくまでも管理人個人用に作成していますので、参考程度にして下さい。
尚、有機Ge及び無機Geの効能の違いは無視しています。この違いは「ゲルマニュウム温浴」をご覧ください。

調査した商品の数量は約40点。この時点で篩に掛け(同一品と思われる物等を除外)、約30点の詳細調査を行ないました。
条件としては、3年間継続使用する場合としています。(有機Ge無機Geが在る為)調査した結果は、「効能評価、コストパフォーマンス評価、総合評価」で3種類の評価表を作成しました。
尚、メーカー及び販売店様の販促防止にならないために、上位10位までの公開としました。

画像を左クリックすると大きく表示されます。
kounouhyouka
【効能評価】
価格を無視し、形状及び寸法,Ge内容量,Ge含有量(濃度),Ge純度から評価しました。
結果的には小さなボール状(総接触面積が大きくなるため)で、Ge含有量が高く、内容量の多い物がBestです。


kosutohyouka
【コストパフォーマンス評価】
適正使用量(家庭用のお風呂200L〜250Lに対し200g程度)を考慮し、尚且つ3年間同じ商品を継続使用する場合の買い増し個数分を考慮しました。この3年間に掛かる費用で効能評価数値を割り、1円当たりの効能数を算出しています。
安価でも効能数値が高ければ、上位にランクインする計算です。

sougouhyouka
【総合評価】
コストパフォーマンスを重視し、効能が有る商品を選定しています。
多少効能が低くてもコストパフォーマンスに優れた商品は上位にランクインする計算です。



調査を終えた感想として・・・
最近大粒(20〜25mm程度)で、Ge原石(鉱石)を粉砕し造粒(ダンゴ)した黒っぽい(グレー)商品が販売されています。
原産国はやはりと言うか・・・○国のようで、価格帯としては¥1,500円程度(お試し)〜¥6,000円程度の商品です。
この商品は、大粒のため外観や取り扱いは良いでしょうが、逆に大きくした為に接触面積が小さくなっています。その上、Ge含有量は原石(鉱石)そのまま(産地にもよりますが)おそらく200〜400ppm程度だと思います。
(有名な韓国の豊源三源鉱山の豊光石を使用した場合で最高0.36%、通常品で690mg/Kg(分析:社団法人東海技術センター)=690ppm=0.069%ですから)
ゲルマニウム鉱石の如く、内容量を増やせばまだ良いのですが、200〜250g程度です。
Ge純度は抽出(抜出し)していないので、ほぼ100%の99.999%でしょうが・・・
お試し格安だったら・・・考えても良いかもしれませんが、管理人のオススメ度は・・・です。

逆に、チョーお勧め商品はゲルマニウムセラミックボール(入浴用)です。
無機Geを使用し半永久的、Ge含有量は調査した中で最高の「3%(30,000ppm)」、当然の事ながら高純度「99.999%」です。内容量は100gなので、通常のお風呂であれば2つ購入しなければなりませんが、2つ購入しても¥6,400円です。
管理人が自信を持ってお勧めできる一品です!
尚、同一メーカーで「ゲルマニウム温浴器 バドルルド(GeF)」と「有機ゲルマニウムセラミックボール」があります。
ゲルマニウム温浴器 バドルルド(GeF)は「ゲルマニウムセラミックボール(入浴用)」と同じ物を350gふんだんに使用し、
その他に「遠赤外線セラミックボール」が同胞され木曾桧の箱に収められており、温浴器の名称も納得が出来ます。
また、有機ゲルマニウムセラミックボールは、その名の通り有機Geを使用していますので、使用期間は3ヶ月から6ヶ月程度です。
有機Geはエステ等でも使用されており、効能面は魅力的なのですが、やはりコスト面から考えた場合、家庭用温浴にはランニングコストが掛かってしまいます。


固形温浴剤一覧はこちらからご覧いただけます。

前項 ゲルマニュウム温浴商品の正しい選定方法 へ戻る


ゲルマニュウム健康法TOPへ



blogランキングに登録しています。
今回の情報が「役に立った」と思われた方は 「応援お願いします」 ⇒ 人気blogランキング

Google




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toshia2/50535702