自然は残っている


    この他愛のないお話を書き始めて11年目の夏になります、今年もお盆に岩手の実家へ
    里帰りしてきました、10年前は車で里帰りをしていたんですね〜!!家内と2人ですが
    当時書いた内容を見て驚いたのが往復の走行距離が1.550km走ったと!若かったな〜
    「昔から殆ど変わっていない田舎って良いもんだな〜」とその当時は思っていましたね。
    故郷を離れて今年で60年経ちます、ここ数年からは変わり様が早すぎるように感じます。

    過疎化が進み、民家の何軒かが無人となり、年配の方も亡くなって人口も減っていく・・
    集落独自の風物詩であるお盆のお墓参り儀式・・何年か前までは墓地に沢山の人がお参り
    に来られる、方言が飛び交い、まるで年に1度の社交場の様に賑やかな光景でしたよ・・・
    私も今年8月16日の夕方に御先祖様のお墓参りに行ってきました、少し時間が早かった
    のもあったのでしょうが、お墓でお逢いした方は実家のお隣の御夫婦の2人でした。

    私の実家でも長兄が老人施設のお世話になっていて、後継ぎでもあった甥が2年前に亡く
    なって甥のお嫁さんが1人で暮らしています、いずれは実家も?と思うと寂しいですね。
    今回の宿は少し離れた町の旅館をベースに八戸や八幡平の観光など1人行動して来ました。
    毎年8月17日は恒例の行事(昼はゴルフ・夜は同級会)になっています、コロナの関係
    で4年ぶりの開催です、当日の朝、ゴルフ場に向かう山道で「熊の親子」との遭遇です、

    咄嗟に携帯で写真を撮ろうとしたのですが、私の車に気が付いて藪の方に逃げましたが
    逃げ遅れた1頭の子熊だけ写真(鮮明ではないですが?)に収めることが出来ました。
    4年間のブランクでしょうか、いつも決まった4人のゴルフも1人欠け、夜の同級会も
    参加者が6人と寂しい恒例の行事でした、しかし「年に1回だ、1人じゃ出来ないけど
    2人集まったら同級会はやろう」と言う決まりが有り、それと32年続いてるのが凄い

    田舎の様子は年々変わっていくけど、熊が元気で生息している自然はまだ昔のままだ!!

クマ

声を出す習慣を・・・

     暑い日が続きます・・今年の梅雨は雨が少ないですね〜、6月7日の梅雨
     入りから1ヵ月過ぎた7月初旬までにまともな雨が降った日が2日間だけ
     ですよ!!正にカラ梅雨ですね、この夏の水不足が懸念されますが反対に
     九州の方では大雨による甚大な被害が発生しており心配ですね〜
     また、コロナの渦も消えかかっている処と再流行している地方もあります。

     国土の狭い日本と言われていますが各地方によって大きな差が有るんですね!
     コロナで自粛生活に慣れ、それが今では当たり前の生活になってませんか?
     外での飲み会も少なく、と言うより外出しなくなってしまいましたよね。
     今の時期の夜はビールを片手に野球のナイター中継を見る・・・何年か前の
     定番でした、最近は野球中継が殆ど有りません、視聴率の低下が原因だとか?

     処で皆さんはテレビのどんな番組を御覧になっていますか?私事ですが近頃の
     バラエティー番組にはとても付いていけません、普通は早々と食事をして寝床
     へと言うの皆さんの御家庭と思いますが、我が家は違います・・目の前には
     酒豪の友達(カミさん)が居られますので、酒の肴になるような番組を探して
     ダラダラと2人で無言の宴会を続けて居る毎日です・・

     無言・・会話が無い!声を出さないと言うことは身体に良くない事だそうです。
     声帯が衰えると身体の体力が3割落ちて、よろめいても足を踏ん張れなくなる
     らしい、のどの声を鍛える・・言わば声筋(こえきん)が丈夫な人は健康の
     証しだそうです、そう言えば仕事柄多くの方々とお話をさせていただいており
     ますが、声に張りがある方は本当に元気ですよ、家に引き籠りをしていないで

     どんどんカラオケに精をだしましょう!上手下手や周りの人への迷惑などは
     全く気にしない・・なにせ自分の健康の為ですからね〜・・
     私もスナックに行き健康のために声筋を鍛えます、例え騒音と言われても・・

ぶらり旅 その2

     ※ 前回の続きになりますがお付き合いいただけますか・・・・
     八食センターに着きました・・ここは何時も混んでいますが今日は日曜日の事も
     あり特にかも知れません、私の買うのは殆ど決まって「カスベ(生エイ)タコ
     クリガニ・生ホヤ」など酒の肴ばかり、お店の方に宅配をお願いして再び車へ
     先ず旅を何処から始めるか?です・・ここから近い所にある蕪島へ行くことに

     しました、近くまで行くと車が大混雑していて多くの露店が出ているんです!
     立て看板に「蕪島まつり」と書いてあり、それで大賑わいしていたのですね。
     少し戻って車を駐車し徒歩で蕪島まで向かいました・・・良いお天気なのに
     露店になぜか傘を売っているんです?傍に「ウミネコの糞に注意」の看板が
     どうやらウミネコの繫殖期に入っているらしい、私も傘を買って蕪島神社で

     お参りを・・次は何処へ?小学生6年の時に修学旅行で行った種差海岸が近い
     と知り向かいました・・大震災の復興後のこともあり全く以前の面影が有り
     ませんでした・・今日はこのまま海沿いの三陸道で宮古まで行こうと決めま
     した、途中の道の駅「くじ」で休憩、売店で「道の駅旅案内」の地図が有り
     御自由にどうぞ書いてあります・・この地図を元に道の駅めぐりに変更です。

     道の駅「くじ・ふだい・たろう」に寄る度にお土産(おツマミ)の衝動買い。
     道路沿いに「べっぴんの湯」の看板が目に、地図を見ると大分戻る道ですが
     今日の宿と決めて向かいました、山間に洒落た旅館が・・駐車場は満車状態、
     恐る恐る空き室を聞きにフロントへ、広い部屋なら?と、案内された部屋は
     スイートルームらしい!・早速お風呂へ・日帰りのお客様などで大混雑です。

     ここの温泉の湯はアルカリ性で肌がスベスベになります、正に「べっぴん」の
     湯です、実名は「新山根温泉」で駐車場が路線バスの終点にもなっています。
     料理も温泉もゴキゲンで翌朝は大贅沢感を抱きながら宿を後にしました。
     夜、同級生(盛岡の寿司屋)の快気のお祝いを・この親父は病み上がりなの
     に、とことん私の酒に付き合うんですよ・・・本当に脳梗塞だったのかな〜?

       ※無の空間を満喫した「ぶらり旅」で癖になりそうです!!
蕪島
べっぴんの湯

ぶらり旅 その1

     今回は私の4泊5日の放浪の旅にお付き合いいただけますか?
     4月14日から兄の面会と同級生(盛岡のお寿司屋さん)の快気祝いのために
     岩手に行ってきました、例により盛岡まで新幹線、そこからレンタカーを借り
     旅の始まりです、東北道を走っていると所々前方の景色が見えなくなる光景に
     出くわすんです、小雨交じりのお天気でワイパーに汚れが付いて原因が判り

     ました、黄砂です!気流の関係でしょうか遠い岩手でまで飛んで来るんですね〜
     桜前線にも追いつたらしく山々の至る所で満開の桜を見ながらのドライブです。
     94歳になる兄は現在は実家近くの施設(あしろ苑)にお世話になっております。
     こちらの施設は面会できる日は平日のみで時間も午後1時〜3時30分までと決
     まっております、私は3時30分から面会の予約をして会いに行きました。

     まだコロナ渦の事もあり窓越しの面会と携帯電話での会話なのです・・
     付添いの方に無理お願いして窓を開けて貰い直接会話をすることが出来ました。
     「わざわざ平塚から来てくれたか、申し訳ないな〜」と兄の声、まだ々元気だな!
     それに「俺はどこか悪くてここに入っているのじゃないよ」と・・本当は自宅に
     帰りたいとの心境を訴えているのでしょう、胸をうたれながら分かれて来ました。

     ここ何年間は他の兄弟や姪たちと御無沙汰していました、前もって電話連絡をし
     当日従兄妹会を開くことにしました、会場は兄の施設の傍にある新安比温泉です。
     急な話でしたが12名が集まってくれました、思えば24年ぶりの集まりです。
     その時は30人位集まり大盛況でした、今回は義兄が方言入りで宴を盛り上げて
     くれて楽しく過ごすことが出来ました、ただ盛り上がり過ぎて終宴が夜中でした。

     翌日は先祖様のお墓参りへ・・・ここまでは予定していたスケジュール内です。
     これから2日間は何処に行くか?です・・取り合えずお土産を買いに八戸市の
     八食センターへ行くことにしました、行く当てのない1人旅も良いですね〜
     特に時間を気にしなくても良いし、他の人がいないから気を遣うこともない、
     解放された「無の時間」・・・この想いに浸っての短い旅の始まりです・・

     ※ 申し訳けありません、つづきは次回号で・・・・

高齢者2人の我が家・・

     今年も初々しい姿の子供が自宅の前の道を登校集団にまみれて歩いて行きました。
     ピカピカの1年生・・見る角度によってはランドセルが歩いている様にも見えます、
     我が家でも姪っ子と曾孫の2人が今年入学です、クリスマスからお正月のお年玉が
     終わってホッとしたところにまたお祝いが・・・その他に今年の6月末には4人目
     の曾孫が生まれる予定です、スネ噛じりが1人増えることになるのです!!

     孫8人+曾孫4人の12人になります、国内では少子化が問題になっていますが
     その点だけ我が家系は優等生に入るのかな?その分私が歳を取って高齢者社会の
     助っ人をしているわけですね!!・・・若い人から言わせれば「年金の無駄使い」
     軍団になるわけだ!・・ 軍団が1人でもこの世からお暇すれば若い人の負担を
     軽くする、手始めに昨年まで続けていた禁酒日を止めて今年の元旦から毎日欠か

     さずカミさん共々飲酒をして不摂生に励げもう・・・て言うか晩酌を我慢出来な
     いんですね・・そこで一句=「もう俺は我慢するほど若くない」と嘘ぶいて
     飲んでいます、高齢(年寄り)と言えば我が家にもう1人居ます、平成4年生れ
     のオートバイ「ビラーゴ君400CC」です、31年前の形式ですから人間で言うと
     100歳超えているんではないかな?・・今年の2月の終わり頃に春になったら

     ひとっ走りしようとオートバイを弄りまわしていたら反対にエンジンの調子を悪く
     してしまい業者さんにお世話になることに・・・そして帰ってきたビラーゴ君は
     これまたゴキゲンなほど調子がいいんです、先日1人ツーリングに出かけ小田原
     方面から厚木に、そして伊勢原市の渋田川沿いの芝桜を見て帰ってきました。
     私は毎年見に行くんですが、ここの芝桜は本当に綺麗ですね〜!!

     地域の方が昭和45年頃から丹精込めて育ててきたと聞きました。
     あれほどの花畑にするにはかなりの年月が係るんですね〜・・私も庭にと思って
     も綺麗な花畑になるまでは?・とかと言ってスネ齧り軍団はあてにならないな〜

公式インスタグラム
アベケンの家造り
月別アーカイブ
プロフィール

Toshiaki

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ