Horizon Zero Dawn  PS4 Pro vs PS4 Gameplay Comparison - YouTube




Horizon Zero Dawn  PS4 Pro vs PS4 Gameplay Comparison - YouTube
・PS4Pro版では砂埃が舞う数がPS4版より多く臨場感が増している


 PS4 Pro 4K Mode Graphics Comparison - YouTube
 PS4 Pro 4K Mode Graphics Comparison - YouTube
 PS4 Pro 4K Mode Graphics Comparison - YouTube
 PS4 Pro 4K Mode Graphics Comparison - YouTube

・Horizo​​n Zero Dawnは、PS4とPS4 Proの両方のプラットフォームでグラフィックを比較したが両方では信じられないほどの出来栄えだ。
・PS4 Proは4Kモードで動作。"4Kに近い"かなり高い解像度でチェッカーボードのレンダリング方法を使用。
・比較でも分かるように、PS4 Proではより鮮明なテクスチャ表現になっている
・PS4 Proモードの方が岩肌や水面が立体的に描写され、、樹木の木肌も高繊細になっている
・PS4もPS4Pro版でも安定的に30fpsで推移しフレームレートが落ちるのは稀である


あなたが「Horizon Zero Dawn」を好きになるかどうかが分かる8つの方法
「Horizon Zero Dawn」

続編だらけのこの世の中、「Horizon Zero Dawn」のような完全新規IPは歓迎すべき存在だ。しかし、完全新規IPだからこそ、「このゲームは私に合うのか?」と不安に思う人もいるだろう。「Horizon Zero Dawn」は、他のゲームや映画と共通する要素をいくつも持っていて、プレイ中に自然とそれらの作品を思い浮かべた。下の8つの要素のうち、1つでも好きならば、この「ポスト・ポストアポカリブス」の作品はきっとあなたのお気に入りになるだろう。
ララ・クロフトのサバイバル本能
LARA-AND-ALOY

アーロイとララ・クロフトの弓を引き絞る姿

1990年代、ララ・クロフトという時代を特徴付ける伝説的なキャラクターが生まれた。二丁拳銃でティラノサウルスを倒す彼女の才能は、男性が圧倒的な存在感を誇るゲーマーの世界で人々の心の虜にした。そしてアーロイもまた、ララのようなキャラクターとして登場している。


「Horizon Zero Dawn」のヒロインは己の心の葛藤とも、外部の敵とも戦っている。彼女の強さは物理的な力だけではなく、その堅忍不抜の精神にもある。アーロイは、彼女を冷たくあしらう社会の中で、自分の過去を徹底的に調べていく。「トゥームレイダー」の主人公はシリーズのリブートの中で自分に対する疑念と不信感を相手に戦うのと同様、アーロイもまた周辺へとはじき出された人間として、オープンワールドの中でサバイバルのスキルを磨く。ララの不屈の意志に憧れる人は、アーロイの決意も高く評価するだろう。そしてピストルではなく、弓矢で巨大な機械の獣を倒すアーロイの姿は、ララよりもさらに印象深いものがある。

「Far Cry」のオープンワールド
horizon-zero-dawn-20170213141038-1487609536246_1280w
「Horizon Zero Dawn」の美しい世界

Ubisoftの得意分野の1つは、プレイヤーを多様な環境に放り出すことだ。プレイヤーはヒマラヤ山脈を通り抜ける道を切り開いたり、針葉樹林の鉱山地帯へと回り道したり、葉が生い茂った森林に向かったり、広大な農地に迷い込んだりする。

同じように、アーロイは炎天下の砂漠から草深い緑の渓谷、雪に覆われた高山まで休まずに徒歩で移動できる。「これでは疲れるだろう」と思うあなたに朗報が。「Far Cry Primal」のプレイヤーが通りすがりの剣歯虎を手なずけられるように、アーロイも牛に似たストライダー(Strider)という機械を乗りこなして自然の中を移動できるのだ。

「Far Cry」のオープンワールドが好きならば、「Horizon Zero Dawn」もきっと好きになるだろう。

「ジュラシック・パーク」のシネマティック演出
HORIZON-TALLNECK
遠くからやって来るトールネック(Tallneck)を発見するアーロイを描いたコンセプトアート

「ジュラシック・パーク」の中で、グラントの眉が急にサングラスから髪の毛の方へ上がって、エリーが頭を左に大きく傾けて通りすがりのブラキオサウルスを驚嘆して凝視するシーンを覚えているのだろうか? このシーンが印象に残っているならば、「Horizon Zero Dawn」でも心に残るたくさんの不思議体験をすることができるだろう。

ゲームのオープニングで、プレイヤーはトールネックの壮大な群れの近くにある道にいる。杉のように長大な首と天に届くような頭を持つトールネックたちの暢気な姿は忘れられない光景だ。それからも機械の獣を見るたびに、「ジュラシック・パーク」の恐竜に遭遇した気分になる。トカゲのような姿をした素早いウォッチャー(Watcher)も、ワニらしいスナップモー(Snapmaw)まで、全てが機械の「恐竜」なのだ。


「猿の惑星」の神秘
Ruins1

「Horizon Zero Dawn」の世界のあちこちにある古くて未来的な社会の遺跡

「猿の惑星」は進化した猿が人類に破壊された世界を支配するポストアポカリプスの地球を描いた作品だ。「Horizon Zero Dawn」も同様、人類に破壊された世界で自主性を獲得した機械が闊歩するポストアポカリプスの地球において展開される物語である。

チャールトン・ヘストン演じる人間嫌いの宇宙船長が自由の女神像の変わり果てた姿を発見することで自分たちの惑星の真実を知ったが、「Horizon Zero Dawn」の人間は祖先から歴史が伝わってきて、女族長が焚き火を囲った部族民に過去の出来事を語っている。 映画の視聴者が、地球が猿の支配下に置かれた経緯について思いを巡らせたのと同じように、このゲームのプレイヤーも機械が世界を我が物顔に歩き回るようになった歴史を思索することになるだろう。


「モンスターハンター」のクラフト要素

Crafting

「モンスターハンター」でウルクススを追跡して武器・防具用の素材を手に入れるのが好きな人ならば、サバイバルとクラフトが中心的なゲームプレイとなる「Horizon Zero Dawn」も楽しめるだろう。防衛の最前線となる矢は、機械の獣を倒すことで入手できる素材で製作・強化するものだ。

どちらのゲームでも戦いへの備えは戦闘そのものと同じくらい重要だ。遠くから火薬草を見つけられることが自慢だった人は、「Horizon Zero Dawn」の平原でサーヴブラッシュ(Salvebrush)を探すときも同じ楽しさが味わえる。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のイグリット

ALOY-AND-YGRITTE
火のように赤い髪と素晴らしい弓術の腕前を持つアーロイを見たら、「どこかで見たような……」と思う人もいるだろう。実は「Horizon Zero Dawn」のゲームディレクターは、ヒロインのキャラクターデザインを始めるときに「ゲーム・オブ・スローンズ」の野人の女戦士、イグリットからインスピレーションを得たと発言している。マタイス・デ・ヨン氏は「Official PlayStation Magazine」に対してこのように語った。「私たちは『ターミネーター』のサラ・コナーとか『エイリアン』のリプリーとか、そして最近は特に『ゲーム・オブ・スローンズ』のイグリットのようなキャラクターを創りたいと思った。とにかくすごく強い女性。これが私たちの出発点となった」

アーロイもイグリットも戦闘と弓矢の扱いに長けていて、そしてそれぞれ部族の人間と“壁”より南側の住民から除け者にされている。そして彼女たちは、顔まで似ているのだ。2人が姉妹だと言われても信じてしまいそうだ。


孤児としてのハリー・ポッター
jp-1
「Horizon Zero Dawn」も「ハリー・ポッター」も孤児のストーリーだ

一見似通わないようだが、実は「ハリー・ポッター」と「Horizon Zero Dawn」には大きな共通点がある。J・K・ローリングの小説はハリーの両親と2人の犠牲、そしてその結果として孤児となったハリーを中心に展開される。比喩的表現としても用いられる「孤児」という要素は小説の中では食傷気味だが、「ハリー・ポッター」の商業的成功と大衆の「弱者を応援したい気持ち」とは無関係ではない。いじめられっ子は自分に関わる歴史と伝承を理解していき、やがて迫り来る悪に立ち向かう。


アーロイも孤児だ。母親がいないことで、疎外やいじめに遭っている。ストーリーはまず、「大きな脅威」ではなく「アーロイとは誰か」という問いを中心に展開される。 もちろん、どちらのキャラクターの正体も、実は物語の中心的悪役と関わっている。「ハリー・ポッター」でこのような発見を楽しんだ人は、アーロイの物語にも没入できるだろう。

「ライオン・キング」のオープニング
News-template
「Horizon Zero Dawn」も「ライオン・キング」も子の命名の儀式で始まった

「Horizon Zero Dawn」は赤ん坊(アーロイ)が父親代わりのロストに崖まで連れて行かれるシーンから始まる。隣のシャーマンは親指で赤ん坊の額に色の線を塗りつけ、そして太陽が地平線(Horizon)を染めた瞬間、ロストは赤ん坊を高く掲げ、雄大な自然に対して彼女の名を叫んだ。

「サークル・オブ・ライフ」のコーラスがあれば、これはもう完璧に「ライオン・キング」だ。人々は「大人になる物語」である「ライオン・キング」を好きになったが、「Horizon Zero Dawn」も同様の展開を辿り、細部まで似ている。アーロイの命名の儀式からロストへの反抗、小さな女の子が入ってはいけないところに行ってしまうシーン、青年期、そしてこれまでの行いへの責任に取り組む本編まで、実によく似ているのだ。


「Horizon Zero Dawn」はIGNのレビューで10点中9.3点という高得点を獲得している。上記の8つのうち、1つでも好きならば、「Horizon Zero Dawn」をプレイしてみる価値があるだろう。



全然違うな(´・ω・`)
PS4でも十分綺麗だけどPS4Pro一択だわ


Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4

 
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)