img9887_01




日本の古典怪奇小説にインスパイアされたホラーアドベンチャー「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」の海外発売日が4月25日に決定
net
Giant Sparrowの開発する1人称視点のホラーアドベンチャー「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」(原題: What Remains of Edith Finch PC/PS4)の北米での発売日が,2017年4月25日に決定した。


「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」の舞台となるのは,アメリカ北東部の海岸沿いで100年にわたって栄えてきたフィンチ家の邸宅。一族最後の生き残りとして,奇妙なほどに増築された邸宅を相続した主人公の女性エディスは,先祖たちが残していった日記などの記録をもとに,それぞれの顛末を追体験していく。
001
002
003

読書好きな開発者のIan Dallas(イアン・ダラス)氏によれば,「雨月物語」(上田秋成)や「怪談」(小泉八雲)などにインスパイアされている
以下全文を読む



結構ぞわぞわしそうな世界観


Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4