ps4



ソニーがシェア57%を占め全世界のコンソール市場を独占
Sony Dominates 2016 Console Market With 57% Share of World Market Value
IHS Technology
2016年のコンソール市場は、ハードウェア、コンテンツ、サービス全体合わせて2.5%増の347億ドルになっている。

調査会社IHS Markitによる最新のゲーム市場調査によれば、2016年にコンソール市場は347億ドルに達し、2015年と比較して合計356億ドル2.5%減となった。この減少は、ソニーのPlayStation 4やMicrosoftのXbox Oneなど、コンソールハードウェアの販売数量の減少とコンソールの値下げによるもの。
2016年の全世界コンソールにおけるハードウェア支出は2015年の128億ドルから105億ドルに減少した。
590497
・ゲームコンテンツの支出では、物理メディアとデジタルコンテンツの両方を合わせて21億6,000万ドルの売上に達しており、2015年と比較して5.6%増加し、ハードウェア支出の減少分をカバーしている。

・またPS4のインストールベースが増加しており、コンソールプラットフォームの消費者支出は、2015年から14%増加して28億ドルとなった。
・IHS Markitは、市場全体が2017年には4.1%の成長し、362億ドルと予測している。
任天堂の新しいコンソールニンテンドースイッチの発売とデジタルビジネスの成長で転換期を迎えるだろう。

・IHS Markitのデータは、ソニーのコンソール市場では57%のシェアで支配しておりコンソールのハードウェア、ゲームの内容とサービスに対し、197億ドルとなっている。
・IHS Markitは、2017年もこの傾向が続くと予測しており、ソニーは、デジタルコンソール事業を積極的に構築する戦略を推進しているため、2017年にコンソール市場の売上が2017年には200億ドルを突破すると見られている。

ゲーム市場ではプレイステーション4が支配
590498
・IHS Markitは、ライバルであるMicrosoftのXbox Oneと比較して、主力コンソールであるPlayStation 4がハードウェア、コンテンツ、およびサービスにおいて売上の約2倍の規模となっておりソニーがコンソール市場で350億ドルで市場を支配していることを確認した。
・プレイステーション4は、XboxOneの2760万台に比べて、5,300万台を販売し、2016年を終えた。
590499

デジタルビジネス:任天堂は遅れているが、スイッチはその地位を向上させる

・2016年の任天堂のコンソールは、3億9700万ドルで5%のシェアを保持しているがパッケージやダウンロードコンテンツのリリース不足により2015年から7%減少

・任天堂の市場シェアの低下は、ニンテンドースイッチの発売に伴いデジタル支出が再び増加し、現在のニンテンドースイッチの売上予測に基づいて2018年に回復し始めると予測

・対照的に、ソニーとマイクロソフトは、異なるコンソール間でデジタルゲームコンテンツの支出を大幅に増加させた。
・ソニーのデジタルゲームコンテンツ事業は、プラットフォーム年会費を除き44億ドルに相当し、2017年には50億ドルを突破する見込み。
以下全文を読む

6jZmVW0

ゲームハード市場占有率
ソニー 57%
任天堂 5%
MS   38%

ニンテンドースイッチ発売でシェアが増えるのか減るのかはまだ分からんけどPS4の圧倒的なシェアを崩すのは絶望的に見える





PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
 
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)



PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)