hqdefault


PS4 ProよりもXbox Project Scorpioを購入すべき5つの理由
5 Reasons To Buy Xbox Project Scorpio Over PS4 Pro
TechU4ria
ビデオゲーム業界は、ライバル企業がお互いが切磋琢磨しユーザーに良い体験を提供しなければいけない。
任天堂に関して『ニンテンドースイッチ』が成功するかどうか頭を悩ませているが、コンソール戦争においてソニーとマイクロソフト2つの主要プレーヤーがいる。
しかし、ゲーム機本体の売上だけを見れば、勝者は明らかにプレイステーション4だ。
そこでMSはゲーマー向けにXboxスコーピオを発表した。

最終的にPS4 ProではなくXboxスコーピオを購入すべき理由が5つあるので紹介しよう



1. 真の4Kゲーミングが楽しめる唯一のハードである
スコーピオはネイティブ4Kを動かす性能を持つ唯一のハードで、PS4 Proは結局んところ単なるアップスケーリング技術を応用したものに過ぎず、2160pイメージを出力できない。ネイティブ4K/60fpsで動作するほどパワフルだ。真の4Kゲームコンソールが必要ならXboxスコーピオが必要になるだろう

2. 映像表現が強化される既存タイトルは実行可能
PS4 Proでは性能向上の恩恵を受けられる既存ソフトは限られているが、スコーピオの性能ならばXboxOneタイトルも後方互換の360タイトルも全てを最上級のビジュアル・パフォーマンスに置き換えるだけのパワーがある。

3. ロード時間短縮&フレームレートの向上
スコーピオには(ビジュアルを犠牲にしてフレームレートを優先させる)ダイナミックレンダリングを使ったゲームがスムーズに動作するよう、数ギガものスペースが割り当てられており、すべてのXboxタイトルのロード時間が短縮されるだろう。PS4 Proのようなフレームレートが低下してしまうような不具合が出ることは考えにくい。

4. 独占タイトルが出てしかるべき
キネクトもTV機能も追求しなくて良い今、ハードの性能重視のマイクロソフトはスコーピオの真価を発揮できるようなタイトルを出してくるだろう。MSの新コンソールの為にローンチラインナップが出てくるかE3に期待したいところだ


5. サードパーティ開発者にとって最適なコンソールになるから
ソニーはPS4の所有者にXbox Oneゲーマーが楽しめない優れた体験を提供する素晴らしい仕事をしてきた。『ホライゾン』や『仁王』など独占タイトルなどソニーにとって素晴らしい一年になることは間違いない。

しかし、独占ソフトはそこまで重要ではない。なぜならアメリカで良く売れてるゲームは『CoD』や『FIFA』『バトルフィールド』などのサードパーティタイトルで、これらのゲームを最高の環境でプレイするにはスコーピオが最適というのがマイクロソフトの考えだからだ。
アメリカで2016年のトップセラーゲームを見ると、『バトルフィールド1』『ディビジョン』『FF15』その他のマルチタイトルが表示されている。サードパーティのコンソール開発者は、ハードウェアの制約のためにプロジェクトをダウングレードする必要がない。
開発者が意図したとおりにゲームをしたい場合は、スコーピオを必須のプラットフォームにすべきなのかもしれない

以下全文を読む

■ネットの反応
・真の4K笑
・6テラじゃネイティブ4K/60フレームは無理
・インディーとか重くないゲームは4Kは可能だけどオープンワールドの大作とかは厳しいだろう
・んで幾らになるのよ
・4万以内だったら買っちゃいそう
・399ドルなら売れるけど499ドルだったら爆死だろうね
・一応箱1スリムは日本で出たけどこれ日本でも発売するのかね。
・PS5が出たらまた死ぬんでしょ
・360後方互換は羨ましいわ。PS4でもPS3後方互換欲しい

日本じゃまず爆死だろうけど海外では価格次第では化けるかもしれん。
ただPS4Proと同じ399ドルという線はまずないと考えた方が良いだろうね。

でもMSがPS4を意地でも倒したいと考えてるなら逆ザヤで399ドルで出す可能性もあるけど
そうなったらXbox事業が大赤字になるのは目に見えてるし自滅コースや(´・ω・`)





ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)