d6e80ec4


“熱狂人口”の拡大によって実現するゲームマーケットの最大化とは? カドカワ 浜村弘一取締役の講演“ゲーム産業の現状と展望<2017年春季>”リポート
com

2017年4月14日、カドカワ株式会社 浜村弘一ファミ通グループ代表(以下、浜村代表)による講演“ゲーム産業の現状と展望<2017年春季>”が実施された。


002 003

●Nintendo Switchのスタートダッシュが成功した理由

2017年3月3日に発売され、3月末までの累計販売台数が52万4371台となったNintendo Switch。海外のゲームショップGameStopでの先行予約が120万台を突破し、発売後も国内外で売り切れが続出している任天堂の最新据え置き型ゲーム機だが、浜村代表は、好調なローンチ状況について、セールスに当たって任天堂が実施した施策からその理由を分析した。

B to B向けに効果的だったと思われる施策としては、(1)UnityやUnreal Engineなど、各種ゲームエンジンに早くから対応したこと、(2)Nintendo Developer Portalなどの立ち上げなどでインディーゲームに門戸を開いたことをピックアップ。課題であった任天堂以外のソフトラインアップの拡充につながったと分析。

一方のB to C向けの施策としては、(1)1年間のソフトラインアップについて発売時期を含めて明示したこと、(2)初めての体験をともなう、新機能を搭載したこと、(3)2017年1月13日のプレゼンでは、開発責任者の高橋伸也氏と小泉歓晃氏が登壇するなど、プロモーションにおいて世代交代が印象付けられたことや、わかりやすいメッセージが提示されたことなどを挙げた。加えて、プロモーションではSNSでの拡散を意識しつつ、安心して本体を購入できる環境を整えられたことをスタートダッシュの成功理由とした。


004

 
質疑応答では、質問者からNintendo Switch普及の展望について私見を求められた浜村代表は、「Nintendo Switchは据え置き型ゲーム機でありながら、携帯ゲーム機の良いとこ取りをしたハード。一家に1台ではなく、一人1台になるかもしれない」とし、このまま好調が続けば、「前世代で据え置きハード市場の上限となった1000万台を超えるポテンシャルを秘めている」という考えを明らかにした。



005


2016年の12月15日にiOS版の配信がスタートした『スーパーマリオ ラン』は、2017年1月31日に行われた任天堂の決算発表によるとダウンロード数が7800万、課金率は5%以上とのこと。同じくiOS・Android向けに2017年2月2日に配信が開始された『ファイアーエムブレム ヒーローズ』もセールスランキングの上位をキープする好調ぶりだ。任天堂IPスマホゲームの展開について浜村代表は、据置型ゲーム機と携帯ゲーム機によって構成されていた従来の任天堂ゲーム市場を拡大させる効果があると予想。『ポケモンGO』の爆発的ヒットが『ポケットモンスター サン・ムーン』のセールスにつながったように、任天堂IPスマホゲームのヒットが今後はNintendo Switchなど、家庭用ゲーム機のソフトIPセールスにも繋がっていく相互送客をもたらすであろうことを解説した。


2016年度のプレイステーション4は、本体の価格改定と新型機の登場で2015年度の実績を大幅に更新。平時・ピーク時ともに前年実績を上回る推移をみせた。とくに『ファイナルファンタジーXV』の発売時には、週販10万台を突破する過去最高を記録。普及のペースは、プレイステーション3を上回る成長軌道となっている。2017年7月29日には『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の発売が控えており、さらに販売台数を伸ばすことは間違いなさそうだ。浜村代表は、「国内のゲーム市場規模は2007年のピーク以降、約10年にわたって減少を続けてきたが、2016年度にようやく下げ止まった」と解説。

ただし、国内の家庭用ゲーム機市場はピーク時の半分ほどになっており、また、海外のゲーム機市場に目を移すと、北米・欧州でPS4とXboxともに、前年比のほぼ横ばいか、微減。全体のトレンドとしては、ピークアウトの時期に入っているとした。

ホットなトピックスとしては、PS4 Proの発売と、Xbox Scorpioのスペック発表があるが、浜村代表の話の中で印象的だったのは、両プラットフォームが提示しているゲームソフト開発のポリシーについてだ。PS4 Proを展開するソニー・インタラクティブエンタテインメントは、基本的には標準的な普及モデルであるPS4準拠でゲーム制作を行うとしているが、一方のマイクロソフトは、Xbox One準拠にするとはしていない。Xbox Scorpioは、発表されているスペックをもとにプロモーションを展開されることが予想されるが、PS4 Proとは異なるアプローチとなるので動向に注目が集まる。




以下全文を読む


■ネットの反応
・またスイッチ上げか
・浜村算www
・スイッチ1000万台とか無理だろ
・浜村はまーた適当なこといってら
・浜村算ワロタwwww
・どんだけスイッチに過剰な期待をしてんの
・この人イマイチあてにならんよな
・浜村アナリスト気取り
・一人1台とかハードル上げんなよ
・ハマムラインは1000万台か
・なんかもうこいつ滅茶苦茶だな
ドラクエ11が500万売れるとか言ってたし
・1人一台は草
・超えるべきハードルがいくつもあるぞ
値段、大きさ、バッテリー
Switch Lightとか出ないと厳しいのでは
・500万台もいかずフェードアウトしそうなんだが
・海外でビッグタイトルが続々ハブられてるしKH3もFF7リメイクも移植は無理だし1000万台とか夢見るなよ


まーた適当なこと言ってるよこの人(´・ω・`)