maxresdefault



『Hellblade: Senua’s Sacrifice』海外レビュー

Choke Point  『Hellblade- Senua’s Sacrifice』海外レビュー

『Hellblade: Senua’s Sacrifice』の海外レビューより


ジャンル:アクション
機種:PS4/PC
開発:Ninja Theory
販売:Ninja Theory

必携 Eurogamer
Ninja Theoryが作り上げた、極めて良く出来たアクション・ゲームは、繊細で力強いメンタル・ヘルスの探求でもある。
95/100 GamesBeat
貧弱な悪役、単調なゲームプレー、マルチプレーの欠如、ハマるバグは、『Hellblade』のようなゲームにとって致命的になりかねない。しかし、最高のキャラクター、引き込まれる演技、素晴らしいシネマチック、美しい環境、多彩なゲームプレー、狂気の探求のお陰で、私は欠点に目をつぶることができた。クリアするのは難しく、体験するのが困難なゲームなのである。

本作のエンディングは、何が現実で何が幻覚だったのか考えさせられる。各主要シーンの劇的な展開も存分に楽しませてもらった。落ち着いた始まりから徐々に不安を煽られ、混乱と狂気の中に落ちていくのである。ストーリーテラーやデザイナーたちは、地味であると同時に爆発的でもあるこのゲームで、極めて抑制の効いた仕事を見せている。

Ninja Theoryのような小さなスタジオにとって、このゲームを自社販売するという大変な仕事に乗り出すのは狂気だったかもしれないが、彼らの努力に感謝したい。

9.0/10 God is a Geek
良い点:
・目を見張る環境
・Senua役Melina Jeurgensの演技
・充実した戦闘
・興味深い物語
悪い点:
・面倒になりがちなパズル

今年最も独創的なゲームの一つであり、時間と忍耐力が、やり甲斐のある知的で極めて興味深いゲームを支えることができると示している。

良い点:
・濃密だが簡潔な物語
・痛ましいオーディオ・デザイン
・滑らかな戦闘
悪い点:
・フレームレートが不安定になるEnhancedモード
・お気に入りのセクションを手軽にリプレーできない

『Hellblade: Senua’s Sacrifice』は、安価だが完成された体験となっている。精神病患者の人生を戦い抜くというのは異様な体験であり、『Hellblade』はそうした恐怖に見舞われた人間の人生を垣間見る啓蒙的な機会を提供してくれる。戦闘は生々しく、最も簡単な難易度なら問題なく物語を体験できるはずだ。29.99ドルという価格なら、キャンペーンは十分元が取れたと感じることができる長さだ。『Hellblade: Senua’s Sacrifice』はNinja Theoryによる傑作であり、本作を皮切りにベテラン・スタジオによる「インディ・トリプルA」ゲームが数多く誕生することを願うばかりだ。

9.0/10 Shacknews
良い点:
・精神病の描写
・失敗の結果が高める熱中度
・オーディオ/キャラクター・デザイン
・シンプルだか緊張感のある戦闘
悪い点:
・稀なビジュアルのバグ

『Hellblade: Senua’s Sacrifice』のプレゼンテーションは実に壮大だが、苦悩と内なる悪魔を克服するSenuaの極めて個人的な旅路なのだ。『Hellblade』は、凄まじい存在感、没入感のあるデザイン、印象を残す全体のパッケージ、そして言うまでもなく僅か29.99ドルであるという事実が、非常に些細な障害に打ち勝っている。本作がNinja Theoryのメインストリーム・ゲーミングからの離脱を示すなら、自分たちで作りだした「トリプルAインディ」という空間に永住し、クリエイティブなリスクと高品質の製作価値を見事両立させた新時代の到来を実現してもらいたいと思う。

9.0/10 IGN
『Hellblade: Senua’s Sacrifice』は、雰囲気、ストーリーテリング、そしてメカニックとコンセプトのデザインの融合において卓越している。これがビデオゲームであることを思い出させる要素がねじ込まれることはあるものの、Ninja TheoryがSenuaと彼女の物語に細心の注意を払っていることは明白で、それが素晴らしい作品に結実している。これは誰もがプレーすべきゲームであり、たとえつかの間だったとしても、Senuaの心の中を垣間見る機会を与えられたことに感謝したい。
4.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・驚異的なビジュアルとオーディオ
・野蛮でエネルギッシュな打撃戦闘
・巧妙な視点ベースのパズル
・ゲームにしかできない没入感のあるストーリーテリング
悪い点:
・エンジンがかかるまで時間を要するアクション
・自分で探し回る心の準備を

『Hellblade』は、アクション・ゲーム、神話の探求、そして心理学的性格描写として同等に成功を収めており、素晴らしいビジュアル、最高の演技、創意工夫に富むデザインをまとめている。短いとはいえペース配分は完璧で、先に進むにつれ豊かさと複雑さが増していくアクションとパズルを融合している。『Enslaved』やリブート版『DMC』の方を好む人もいるだろうが、私は本作こそNinja Theoryの最高傑作だと考えている。

8.5/10 EGM
『Hellblade: Senua’s Sacrifice』は、より小規模で個人的な旅路だけになるまで贅肉を削ぎ落としたアクション・アドベンチャーだ。浅薄で物足りなく感じる人もいるだろうが、いつもの70時間の大作ゲーム以外の何かを求めている人にとっては、Senuaの物語は近年でもっと独創的なものとなるはずだ。
8.0/10 Game Informer
コンセプト: 主人公の精神病というレンズによって全てが歪められた英雄の旅路に繰り出す
グラフィック: 北欧の怪物や崩壊した名所が世紀末の荒涼を描き出しているし、Senuaの幻覚の多くは生き生きとしていて美しい
サウンド: 耳元で執拗にささやき声が聞こえ(ヘッドホンでのプレーが推奨されており、私も同じ意見だ)、演技も素晴らしい
プレー性: シュールな環境の移動は直感的に感じる。戦闘時の操作は単純だが、戦闘自体には正確性とスキルが求められる
エンターテイメント性: 題材が重たいだけに、「エンターテイメント性がある」と呼ぶのは不適切に感じる。しかし、印象に残ることは確実で、タブー視されがちな題材を掘り下げた、切実な物語を語っている
リプレー性: 控えめ

ビデオゲームにおける精神病というのは、悪役の世界破壊願望を正当化したり、ゲームプレーのギミックを提示するために利用されることが多い。『Hellblade』はそうしたお約束の殻を破り、Senuaの精神病を物語の中核に据えている。そのアプローチが、動揺を誘う驚くべきナラティブ場面を生み出している。しかしながら、そうした偉業を追及する過程で、『Hellblade』は探索と戦闘において現実世界のフラストレーションを武器化してしまった。インタラクティブ・アートとして魅惑的でありながらも、そこがゲームとしての欠点なのだ。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・アート・スタイルとゲームプレーに溶け込んだ精神病
・幻覚を見事にパズルに活用している
・手堅い戦闘メカニック
・目を見張るビジュアル
悪い点:
・理不尽に感じるとあるシークエンス
・終盤の敵の大群
・敵の種類が少な目
・テンポが悪くなる終盤

『Hellblade: Senua’s Sacrifice』は、決して素通りすべきではない深遠で感覚的な体験だ。精神病にスポットライトを当てて組み込むその手法は表面的なものなどではなく、素晴らしいゲームプレーに寄与しているのである。今後末永く話題に上るであろうメンタル・ヘルスについての議論にとって、類稀な偉業だ。

8.0/10 GameSpot
良い点:
・物語とゲームプレーを盛り上げる、素晴らしいビジュアルと独創的なデザイン
・驚異的なサウンド・デザイン
・充実した手に汗握る戦闘シークエンス
・独創的かつ同情的ややり方で精神病に取り組んだ、魅力的な物語
悪い点:
・テンポを阻害する、過剰に曖昧なオブジェクティブと行き先
・単調なパズル構造

『Hellbalde』で最も注目すべき偉業は、魅力的で作り込まれたアクション・アドベンチャー・ゲームの中で極めてデリケートな題材を扱った点にある。中核にあるのは、自らの病と折り合いを付けようと奮闘するSenuaの苦闘についての物語。その過程で、彼女は耐え抜く強さを内面に見出し、過去との折り合いを付けるのである。深遠かつ物理的なやり方で、我々も彼女と苦難を共にし、世界中の多くの人々を苦しめている病気の一片をより深く理解することになるのだ。

8.0/10 Push Square
『Hellblade: Senua’s Sacrifice』は決して万人向けではないし、万人にアピールしようともしていない。キャラクター主導型のアクション・ゲームとして、悪くないが中途半端な戦闘や玉成混淆のパズルを備えている。しかし、メンタル・ヘルスへの関心を高めるためにこの媒体が持つ特性を活用している点が、本作を全体として昇華している。
78/100 PC Gamer
『Hellblade』は探索と敵の種類がもっと多ければなお良かったが、それでも内なる悪魔を克服する意志の力のパワフルさを見事に描き切っている。
7.5/10 Destructoid
ゆっくりとだが確実にNinja Theoryは映画の領域に足を踏み入れているが、何にでもアクション・メカニックをねじ込む衝動を抑えることができていない。いわゆる「ウォーキング・シミュレーター」が受け入れられつつあることを考えると、彼らが参入できる巨大な市場が存在しているということを意味しているので、将来的にはそちらに挑戦してもらいたい。『Hellblade』の戦闘以外の部分は全て楽しむことができたが、前述した技術的不具合に加え、戦闘が頻繁に登場するのが非常に残念である。
良い点:
・戦闘は素晴らしい
・PS4最高峰の驚異的なビジュアル
・野心的で研究の行き届いたナラティブ
悪い点:
・極めて退屈なパズル要素
・徐々に面白味がなくなる戦闘
・テンポが悪く分かりにくいストーリーテリング

近年で最も優れたチャンバラ戦闘を備えた技術的な偉業だが、ストーリーテリングとパズル要素は支離滅裂で無様な相性の悪さを見せている。




ヘブンリーソードやDmCなどを手掛けたニンジャセオリー最新作『Hellblade: Senua’s Sacrifice』海外レビューが公開されています。
Hellblade- Senua's Sacrifice
メタスコアの方は81/100点でユーザースコアは8.2/10高評価を獲得。
PC版に関しては日本語に対応し、価格の方も2980円とかなり低めに設定しています。

PS4版の国内ローカライズをお願いしたいところですね(´・ω・`)