img_0


私がXBOX oneをテレビから外した日

jpのブロマガ - ブロマガ

私はXBOXのファンです。

初代XBOXは合計3台購入して、2台はいまだに保管しています。
発売日にはビル・ゲイツが来日し、日本市場にかける意欲を感じました。
残念ながら市場では既に他機種が発売され浸透した中での船出で、大きく出遅れたイメージがありました。

360も合計3台購入。1台は中古でしたが、これも長く活躍してくれました。レッドリング問題には頭を痛くしたりもしましたが、そこでMSサポートセンターの見事な対応などを体感できました。

PS3よりも洗練されたUI、フレンド周りの快適さなど、初代箱で培ったノウハウがよりブラッシュアップされていました。そしてレイテンシーの低さから快適に対戦やネットワークゲームを遊ぶなら360という暗黙の了解がコアゲーマーにはあったように思います。(主観です)

HALOシリーズも順調にシリーズがリリースされ、私もその頃からネットの番組に呼ばれはじめ、HALOやXBOXに微力ながらお手伝いをさせていただきました。そこで出会った体験は今でも私の中で大きく息づいています。
しかし、市場は初代箱よりは健闘したものの、他の携帯機や機種に大きく遅れを取っていましたが、確かな手応えがまだあったように感じます。

XBOX oneが発売されました。
当初の日本MSのリーダーは泉水さん。「ユーザーファースト」を打ち出して発売イベントにユーザーを呼ぶなどその意欲は感じ取れました。私も発売日に購入し、ソフトも買って応援していました。
しかし、この頃からある異変がありました。
看板タイトルであるHALO、そしてR6などの対戦ゲームで「マッチングしない」という事が起きてしまいました。マッチングは粘ればできるがラグが大きいなどの状態で、かつての優位性がまるでなくなっていました。市場のトレンドは追っていましたが、別に売れたからいいとか売れないから悪いとか思っていませんでしたが、対戦ゲームができないという状況に追い込まれるとは思ってもいませんでした。
私は多機種ユーザーでしたので、試しにあまり稼働していなかったPS4版R6をプレイしてみると、すぐマッチングし、快適な対戦が行えました。これには正直ショックを受けました。


私は悩みました。
少なからず私のゲーマー人生において大きく影響を貰い、そしてネットワークの快適さや性能で優位であったものが、もうなくなっていたのです。
そして、追従するように日本MSの発信するメッセージは減っていき、日本市場からは撤退しないとは言うものの、独自の施策などは予算の関係からか体感することはできなくなっていました。日本でXBOXが売れるための施策などをMS社員の方と打ち合わせなどして進めたりもしていましたが、これは私の力不足もあり叶うことができませんでした。
XBOXファンの方々は皆さんとても個性的で面白いもしくはかっこいい、そしてゲームを愛する人が多いのですが、本当にごく一部ですが心無いファンの方もいてその悪意が自分に降り掛かってきたりもしました。

昔あった「楽しさ」がそこにはもうなくなっていました。
上記のようなことが重なり、私は初代箱から続いていたXBOX LIVEの有料会員である「GOLD」が途切れ、そしてついにはテレビからの接続を離しました。

これは単なる私の体験記です。
この体験から学んだことは「人は楽しい経験は長く身体に残る」ということと、「楽しい体験が徐々に失われることはとてもとても悲しいと思う」この2つでした。
「たかがゲーム」ではありますが、私は幸いにしてXBOXを通じてたくさんの友人や仕事仲間と出会えました。そして人生を大きく変えました。周りを見渡すとHALOで出会って結婚したカップルなどがいたり、同好の士とイベントを開いている方々もいます。ゲームはもう人生の一部なんだなぁとしみじみ感じています。

なので、今とっても人生が悲しいです。
もちろん市場ではまだまだハードの戦いは続いています。
次世代機の性能の高さなど話題になっていますし、予約状況が好調であるとのニュースが伝わって来ています。
この先のゲームの行方は私にはわかりませんが、XBOXを応援する気持ちは持ち続けています。
いつか同好の士と酒を酌み交わしながら、「あんときゃ辛かったな~」と言い合いたいなと思っています。


未だに箱に執着してるののがちらほらいるけど、あーいうのってまだ現実見れてないんだろうなと思います(´・ω・`)


グランツーリスモSPORT 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入 - PS4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-10-19)
売り上げランキング: 7