maxresdefault

任天堂アメリカ・プレジデント発言「VRはまだ楽しいソーシャル体験とはなっていない」

VR Inside

海外メディアEngadgetは、任天堂アメリカ・プレジデントReggie Fils-Aime氏に独占インタビューを行い、VRに関して質問した。

同メディアが行ったインタビューでは、主としてNintendo Switchのことが話題となった。そして、同デバイスに関するインタビューではもはや定番となっている質問が繰り返された。その質問とは、「任天堂はいつVRに対応するのか」というものである。

同氏は、この質問に対して、以下のように答えた。

ニンテンドー64は、コントローラーにジョイスティックを標準実装した最初のコンシューマーゲーム機でした。DSは、タッチスクリーンをコンシューマー市場に投入した最初のゲーム機でした。

わが社はつねに最先端テクノロジーを追いかけてきたのです。しかし、わが社としては、テクノロジーには楽しさが必要なのです。

...わが社は、任天堂製のゲーム機によって、プレイヤーがソーシャルな体験をできることを望んでいるのです。

モーション・トラッキングは、Wiiリモコンが登場して「Wii Sports」がプレイされるようになるまでは、あまり知られていない言葉でした。

楽しく、ソーシャルで、かつ市場として見込みのあるかどうか、ということがわが社の経営判断における理念です。

わが社は、ニンテンドー 3DSではじめてコンシューマー・ゲーム市場にARを投入しました。わが社がARを投入したのは、ARが楽しくソーシャルだったからです。

繰り返し言いますが、わが社はVRの業界標準を追いかけ続けています。わが社がVR市場に参入しないのは、VR体験がまだ楽しくソーシャルとはなっていないからです。

同氏の発言では、同社の過去のゲーム機が次々と言及されている。それらのゲーム機に実装されている機能は、改めて振り返ると、当時の最先端技術であったことがわかる。それゆえ、同社が技術的に後れをとるようなことなど考えにくいので、同社が技術的にはVRゲームを開発可能だとみて間違いないだろう。

過去の任天堂ゲーム機とVR・ARの関係

Fils-Aime氏のインタビューで言及されているように、同社の過去のゲーム機のなかには現在のVR・ARトレンドにつながる技術を実装したものもある。以下のVR・ARと関係があると考えられる同社ゲーム機を紹介する。

そもそもの始まり「バーチャルボーイ」

任天堂とVRの関係のはじまりは、「VR元年」のはるか以前にさかのぼることができる。

1995年、同社はグラス型VRゲーム機「バーチャルボーイ」をリリースした。今日のVRヘッドセットと形状的な類似を認めることができる同ゲーム機は、立体視によるゲームプレイに対応していた。

しかし、同ゲーム機のグラフィック性能は解像度が384 x 224、またフルカラー表示ではなく32段階のモノクロで表現していた。

以上のようなユーザーを満足させるには不十分なグラフィック性能が影響してか、同ゲーム機は商業的には成功することなく忘れ去られることになった。

モーション・トラッキングのさきがけ「Wii リモコン」

Wiiリモコンとは、2006年12月に発売されたWiiの標準コントローラである。Wii本体セットやに1つ同梱されている他、単体販売もされていたが、2010年11月11日以降の本体セットの同梱コントローラおよび単体発売は後継のWiiリモコンプラスに置き換わっている。


従来のゲーム機で多く採用されていた、両手で包むように持つ横長のコントローラとは異なり、片手で持てる縦長のデザインである。こうしたデザインを採用したのは、直感的なビデオゲームの遊び方を実現するためだった。これまでのボタン操作に替わり、コントローラそのものを実際に動かすことでのゲーム操作を実現した。コントローラを様々なものに見立てて動かすことは、従来のボタン操作より見た目にも分かりやすく、直感的な操作感覚をもたらした。

同コントローラーの技術および設計思想は、今日のVIVEコントローラーやOculus Touchにも通じるところがある。

ARカードを活用したニンテンドー 3DS「ARゲームズ」

2011年2月から発売されたニンテンドー3DSでは、ARカードを使ってARゲームをプレイできる「ARゲームズ」というコンテンツがあった。


同コンテンツは、同ゲーム機に実装されたカメラからARカードを認識するとARオブジェクトが表示される、という今後主流になると思われる空間認識が可能なモバイルARより一世代前のAR体験である。

同コンテンツでプレイできたゲームとして、「マトあて」「タマつき」「キャラさつえい」等があった。

もっとも、同社のARゲームと言えば、本メディアでも再三報じている「ポケモンGO」であることは言うまでもない。

任天堂は、リアルな世界から遮断されてしまうVR体験をまだ「楽しいソーシャル体験」だとは考えていないようだ。逆に言えば、VRゲームに比べて発展が遅れているVRソーシャル・コンテンツが充実してくれば、任天堂はその重い腰をあげてVR市場に参入するかも知れない。

ネットの反応

・それを楽しくするのが貴方たち開発陣の役目でしょうに
・ゴリラが順調に岩田の後継になってんな
・ゴーグル仕様を脱却しないと流行ることは絶対ない
あんなのいちいちかけれるかよ
・ハード名にする程任天堂も乗り気だった3dは完全に失敗したよね
・バーチャルボーイで大コケしたから慎重になってるんだろう
・てめぇんとこのハードもソーシャル向け機能がクソじゃねーか
・しかし実際、「バーチャルボーイ」が与えたネガティブなイメージはデカかっただろう
バーチャルリアリティってこんなもんなんだ、って思われたのは痛い
それこそ3Dボーイとかで良かっただろうに…
・どうせ任天堂もVR出すんだろ
・バーチャルボーイの失敗をちゃんと覚えてるようで何より
・別に枯れた水平技術なんたらで時代遅れ製品作るのはいいけど
先端技術を批判する必要はないよね?
ここの会社って宮本にしてもレジーにしてもなんで他社がやってる先端技術をすぐ批判するの?
・ARの方がまだ発展性がある感じはするな
現状遊びにしか生かせてないけど
地図アプリとか実際の風景とシンクさせて経路案内してくれたら
格段に便利になると思う
経路案内は大体方位がわからなくて動き始めが大体逆行ったりする・・・
・任天堂が提案する遊びが全部否定されてるのは笑うけどなw


VR批判してる任天堂ですが、今もVRを研究中なのでいずれスイッチVRとか出してきそうではあるけどね(´・ω・`)



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-09-11)
売り上げランキング: 23