00000686_820_461

vol.02 モノリスソフト 取締役 高橋哲哉 - CCOが見据える未来|インタビュー|株式会社モノリスソフト
02
高橋さんはRPGというジャンルの中でもいわゆる“JRPG”にこだわって作品を作り続けてらっしゃる印象があります。この辺りのお考えをお聞かせください。

まずはじめにモノリスソフトという会社がRPGを主に制作する会社として設立され、人材を集めたといった経緯があります。
それから18年、現在のモノリスソフトにはRPGを作る人材やノウハウは十分にあるのですが、
それをもって真正面から世界に挑んだとしてもAAAタイトル(トリプルエータイトル。膨大な予算と人員をつぎ込み数百万本単位で売れる大型タイトル)には勝てません。
ならば違う畑~というか方法論で挑もう、それが「JRPG」を選んだ一番大きな理由です。
JRPGのジャンルで世界的にも成功している古巣のバンダイナムコゲームスさんやアトラスさんを目標にしつつ、日々開発を進めています。

2007年に任天堂グループとなって今年で10年経ちました。近年「モノリスソフトの技術力が上がった」とのコメントをよく見かけますが、その点についてはどう思われますか。

評価頂いて本当にうれしいのですが、ごく一部を除いて、実は言うほどの技術は持ってはいません(笑)。本当に“枯れた技術”を一つずつ積み重ねていくことが得意で、ピーキーな技術や絵作りなどができる会社ではないんですよね。自分たちができることをできる範囲で、ただただ愚直にやっているだけの会社です。

もちろんタイトルを重ねる毎に、スタッフの技術力も前回よりも今回、今回よりもその次というように少しずつレベルアップはしていると思いますが、だからといっていきなりハードルを上げるようなことはしないように気をつけています。

以下全文を読む

【モノリスソフトHP】
Wii Uプロジェクト開発スタッフ大募集「こんな人に来てほしい」プログラマー編

http://www.monolithsoft.co.jp/special/interview/vol08/vol08_2.html

杉浦:
さて、矢島さん、以前、プログラマーの皆さんにインタビューさせて頂いた際、
HD機などの他社製品については、常に研究開発をされているとお聞きしていました。
今回、Wii UというHD機が発売されることになって、
ようやくその成果が発揮できる、といったところでしょうか。

矢島:
はい。
モノリスソフトにとってHD機のソフトを手掛けるのは、初めての試みなんですけど
研究開発は以前からしていますので、技術面は全く問題ないです。

今回、HD機ということで、物理演算やShaderが使えるようになり、
表現の幅が確実に広がったので、ここはプログラマーとしても腕の見せ所ですね。

<中略>

稲葉:
あ、はい。がんばります(笑)。
僕は、モノリスソフト初のHD機ソフトをみなさんにあっと驚かれるようなものにしたいんです。
日本の技術はアメリカにはまだ負けないよって思われるように。

そうですね。目標としては、
「Fallout」を制作した、ベセスダ・ソフトワークスのような。
ちょっと、言いすぎですかね(笑)。


ネットの反応

・ワロタwww
・ショボイ目標やな
・目標はべセスダとか言ってたくせに
・ゼノシリーズもちゃんと時代に見合った性能のハードに出せていればもっとまともな扱いされてたんじゃないかな…
・ゼノブレ2がショボイ理由が分かった気がする
・モノリスって信者が持ち上げてるだけで実は大したことないんだよね
・メッキが剥がれるとこんなもんよ
・前々からゼノはもうAAAを諦めてテイルズあたりの分相応に収まったって言ってたけど
本当にそんなんだったんだな
・ゼノブレイド詐欺はホント酷かったからな
・目標はべセスダどころかバンナムとかアトラスてw落ちぶれ過ぎだろw
・テイルズとかペルソナを今後の目標にするとかハードル下げ過ぎw
・ゼノブレ2はキャラで損してるから売れないだろうな
・>JRPGのジャンルで世界的にも成功している古巣のバンダイナムコゲームスさんやアトラスさんを目標にしつつ、日々開発を進めています。
やけにしょぼい成功だな
・モノリスが技術持ってないってあのバグみりゃ分かるだろw
・WiiUのときにシェーダーだの物理演算だの言ってる時点で終わってたんだよ


WiiUのゼノクロの時がこれだったからなあ~・・

sFxQhNR
bsnALpn
f6613769-s
ef6bfb5b

目標をべセスダからバンナムやアトラスに変更したのは自覚があるだけまだいい方なんじゃないですか(´・ω・`)