207083

映画版『METAL GEAR SOLID』が進展?―「ジュラシック・ワールド」のデレク・コノリーが脚本執筆

GameSpark - 国内・海外ゲーム情報サイト
2012年に正式発表されて以来、なかなか具体的な話が出てこない映画版『METAL GEAR SOLIDメタルギアソリッド)』ですが、「ジュラシック・ワールド」や「キングコング: 髑髏島の巨神」などの制作に参加したデレク・コノリーが、本作の最新ドラフトを手がけていると海外メディアVarietyが報じています。

2015年には「モンスターズ/新種襲来」や「ファスト・ガールズ」に携わったジェイ・バスが脚本を担当すると伝えられていましたが、今回の報道ではリライトの言及はないため、デレク・コノリーが全く新しいドラフトを書くだろうと予想されています。

人気ゲーム『メタルギア』がハリウッド実写映画化決定

https://www.oricon.co.jp/news/2016328/full/

2016328_201208300313278001346312570c

人気ゲームシリーズ『メタルギアソリッド』がハリウッド映画化されることが30日、わかった。同日に都内で行われた生誕25周年パーティー『METAL GEAR 25th ANNIVERSARY』内で明らかにされた。コロンビア映画制作で、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの製作・配給で実写化される。公開時期など詳細は現時点で未定。


同シリーズ生みの親である小島秀夫監督は「1998年に『メタルギアソリッド』が出てから、その話は出ていた。そして14年くらい経って、とあるプロデューサーと出会い、僕のモノ作りのソウルをよく理解してくれて、これは間違いないと思った」と、大プロジェクトに踏み切った経緯を説明。そして、実写化に向けてタッグを組むアヴィ・アラッド氏を紹介した。

 映画『スパイダーマン』シリーズや『アイアンマン』などを手がけているプロデューサーのアラッド氏は「深い物語は映画を作るのには不可欠。それがメタルギアにはある。冷戦を舞台にしているが、現代にも通じる物語。この素晴らしいストーリーを伝えたい。決して悪いものにしない。物語のスピリットを忠実にして作りたい」と力説した。

ネットの反応

・映画的な面白さを目指したゲームの映画化ってやる意味あるのかな?アンチャーテッドとか。ゲームだからこその迫力とか感動だと思うけれど。
・辞めといた方が良いと思うけど
・小島が関わらないメタルギアはちょっとね・・・
・いかん映画なのにMETAL GEARって付く名前の新作が出るたび叩きたくなってしまってる自分がいる。
もう新しい気持ちで客観的に見れないのか。
・テイクツー「ビデオゲームを原作にした映画は往々にして失敗する傾向がある」
・どうも2時間とか3時間に収まるように思えない
かといって3部作とかにはならないだろうし、薄味になりそうで心配
・小島不在で丸投げになるであろう企画に不安しかわかない
・今回でようやく脚本決まったんか?
公開は一体何年後になるんだ
・小島監督がスーパーバイザーとして参加するなら良いけどコナミは許可せんだろうしなあ



メタルギア映画化が発表されて早5年、その間にコナミと小島監督の間にゴタゴタがったりしたので、もうこの企画は死んで葬られたかと思ってましたが、まだ生きてたとは・・

あとコナミは魂斗羅スピリッツも映画化すると発表してますし、悪魔城ドラキュラもNetflixでアニメ化してますから

ゲーム分野以外にもどんどん展開していきそうですが、コケる匂いしかないですね(´・ω・`)



METAL GEAR SURVIVE 【Amazon限定特典】DLC「ゴールドハンマーパック」 配信
コナミデジタルエンタテインメント (2018-02-21)
売り上げランキング: 471