dlc-image

Ubisoft決算、ゲーム内課金の収益がゲーム販売を上回る

DAMONGE

課金収益がゲーム販売を上回る

Ubisoftの課金収入がゲーム販売を上回った。

Ubisoftが発表した2017年度Q2決算では、デジタル販売による収益が前年同期比で69%増加し、3億9,660万ドル(約450億ドル)となったことが明らかとなった。

この成長に伴い興味深い事実がある。Gamasutraによれば、この決算においてUbisoftでは初となる、ゲーム内課金(マイクロトランザクション)の収益がデジタルゲーム販売のものを上回る事象が確認されたという。

Ubisoftのデジタル販売における内訳 – Gamasutra


プレイヤーに反復的な課金を促す仕組み(ゲーム内アイテム/DLC/シーズンパス/サブスクリプション)による販売が、同社のデジタル販売における割合の51%を占めており、同カテゴリだけで言えば前年比83%の成長とのこと。

デジタルゲームの売上高は前年同期比57%の増加であった。

以下全文を読む




Take-Two、今後のタイトルで「課金要素」を重要視―「成長の余地がある」

GameSpark - 国内・海外ゲーム情報サイト

・Take-Two Interactive CEOの、Strauss Zelnick氏は先日行われた同社の収支報告中、今後のタイトルで「課金要素」を重視していく予定であることを発表。

・海外メディアGamasutraにて報じられているZelnick氏のコメントによれば、今後Take-Twoは、発売する全タイトルでユーザーに再課金させることを目指しているとのこと。オンラインモデルでも仮想通貨モデルでもないかもしれない、としつつも、(再課金には)リリース後も継続的に利益を生める能力があるという旨をコメント
また、「これは私たちのビジネスにおける大転換です。消費者の再課金は、今四半期の売上高の42%であり、我々を変革しています」とコメント。
Gamasutraは、『GTAオンライン』や『NBA 2K17』などで導入されている「マイクロトランザクション要素」が現時点の同社の利益における大きな部分を占めており、それが同社の新たな方針に繋がっていることを説明
さらに、Zelnick氏は、堅牢な体験や世界を創造することで、ユーザーは継続してゲームへと戻ってくるとし、そこにマネタイズの機会があるという旨を発言。「成長の余地はたくさんあり、これはほんの始まりに過ぎない」
dlc-image

ネットの反応

・やめてくれよ・・・(絶望)
RDR2もGTAと同じになりそうですね・・・
・GTA6はオン重視になりそうで嫌だな
BFやCoDもそうだけどAAAクラスIPの中身がどんどん衰退してきて悲しい
宣伝だけで売ってるようになるのかな
・制作費がアホみたいな金額になってるのも原因だろな。
・課金要素は基本無料タイトルだけでいい
買い切りに課金要素はいらん
・おいやめろ…ボダラン3にまでガチャ要素入れてくるんじゃねえぞ。
・RDR2のオンラインが不安だなぁ
あと噂のボダラン新作も
買い切りの追加コンテンツは大歓迎だけど、ガチャガチャやGTAOみたいなゲーム内マネー課金前提のコンテンツは勘弁してくれ…
・もしこれが業界全体で主流になるならば
開発の高騰も考慮すると仕方のないこと。DLCを必要とする人しない人がいることもそうだし今後のコンテンツを見据えた上乗せ定価じゃ購買意欲がそがれるわけで当然の流れ。ただこの先 こう言った流れになってもなおゲームをするか、やめるかどうか人によって別れるだろうね。僕はやらなくなるかも。
今回のf○15みたいにDLCで完成みたいになるのはやだもの。
・開発費の高騰って事なら、ガチャやマイクロトランザクションじゃなくて
素直にオンラインサポートの継続代金として月額いくらって取られた方が
俺の場合は受け入れやすいかな。
・「西部では銃より札束がモノを言うんだぜ?」とか
RDR2の主人公に言われたらどうしよう
・ハクスラに課金はヤバい
ボーダーランズ3が心配


ゲーム内課金を実装したら想像以上に儲かったもんだからメーカー側も重要視するとのことえですが課金しない側から言わせるとフルプライスでゲーム買ってさらにゲーム内課金を要求させるののはふざけてるとしか言いようがないですね。シーズンパスだけでも負担になってるのに、ゲーム内課金まで要求されたらと思うとぞっとする。

仮にゲーム内課金があるにしてもゲーム本編に影響を及ぼすものだけは勘弁してほしいですね。



課金するユーザーがいたのでメーカー側も課金実装