SNK_01





格闘ゲームの“古豪”復活へ SNKが増収増益

格闘ゲームの“古豪”復活へ SNKが増収増益 - ITmedia NEWS
人気格闘ゲームシリーズを手掛けるSNK(大阪府吹田市)が11月14日、官報に掲載した決算公告(16年8月~17年7月期)によれば、売上高は42億8100万円(前年同期は32億300万円)、経常利益は19億8600万円(同13億1700万円)と増収増益だった。
photo

当期純利益は31億500万円(同5億5800万円の赤字)、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は18億2900万円(同12億7600万円の赤字)。

SNKは1978年の創業。90年代に『THE KING OF FIGHTERS(KOF)』『餓狼伝説』『サムライスピリッツ』などの格闘ゲームシリーズを次々と世に送り出し、業務用・家庭用兼用のプラットフォーム『ネオジオ』も展開。驚異的な売上を記録したが、格闘ゲームブームが沈静化し、多角経営の失敗も相まって、01年にゲーム開発会社としては最大級の380億円の負債額を計上、倒産した。


倒産後は、系列会社だったプレイモアがIP(知的財産)を落札して、SNKプレイモアとして再生した。だが以前のようなゲーム会社としての存在感は薄く、IPを活用して2004年にはパチスロ事業に参入。第1弾の『メタルスラッグ』に始まり『餓狼伝説』『KOF』といった看板タイトルをパチスロ機として投入していた。

 しかし15年8月に中国のゲーム会社、37Gamesが約80億円で買収し、状況が一変。パチスロ事業から撤退し、ゲーム事業とライセンス事業に集中する方針を発表した。16年8月には、6年ぶりの新作タイトル『THE KING OF FIGHTERS XIV』をリリース。12月に社名をSNKに戻し、ゲーム会社として復活する考えを打ち出している。

以下全文を読む


かつて倒産し中国の企業に買収後は増収増益で完全復活!!

SNKプレイモア時代はパチスロばっかでホント酷かったですね。

ここのところアケアカNEOGEOやKOFのスマゲーも好調のようですし、今後は餓狼伝説や竜虎の拳新作などに期待したいところです(´・ω・`)