maxresdefault


「ゼノブレイド2」総監督・高橋哲哉氏インタビュー。ネタバレを避けつつ「アルスト」の背景や,各種システムの意味合いについて聞いてみた

net 2017-12-03
開発は,シリーズ第一作の「ゼノブレイド」(Wii / New ニンテンドー3DS)や「XenobladeX」から引き続き,モノリスソフトが担当している。4Gamerでは今回,本作で総監督および原案や脚本などを手がけるモノリスソフトの高橋哲哉氏にインタビューを行い,今作の開発意図や裏話などを聞いた。
「ゼノブレイド2」は,「ゼノブレイド」(以下,ゼノブレイド1),「XenobladeX」に続くシリーズ3作目となりますが,ここでまたナンバリングに戻した理由から教えてください。
高橋哲哉氏(以下,高橋氏):
XenobladeXは,オープンワールドがベースのクエストや探索に主軸を置いたタイトルで,ゼノブレイド1のストーリードリブン型のRPGとは方向性が別だったんですね。今回は,ストーリードリブン型を採用したため,ゼノブレイド1を引き継ぐ存在として,ナンバリングタイトルにしました。
ですので,今作のマップはオープンワールドではなく,エリアで区切られていますが,その中で自由に遊んでいただくことで,ストーリーとゲームシステムの両方を楽しめるスタイルになっています。
高橋氏:
 本作のストーリー設定自体も,ウルトラマンに当てはめても成り立つような作りにしているんですが,さすがに40mの巨人を画面に出すわけにもいかないので,人間サイズに小さくして,主人公とヒロインを描くストーリーにしています(笑)。

それが公式サイトにある「ボーイ・ミーツ・ガール&ジュブナイル」というキーワードにつながるんですね。

高橋氏:
そういうことですね。

ウルトラマン的な設定を,ボーイ・ミーツ・ガールの作品へと昇華させているのも,ちょっと意外に感じました。

高橋氏:
ボーイ・ミーツ・ガールの部分は,僕が昔から好きな「銀河鉄道999」の影響があるかもしれません。最近は殺伐とした世界の中のキャラクターが多かったので,本作ではちょっと童心に返って,昔自分が好きだったものを元にして作ってみようと思ったんです。

確かに今回の主人公レックスは,活発で非常に男の子らしい主人公ですね。

高橋氏:
ええ。最近は「なろう系」と呼ばれる小説などに見られるように,一切努力せず,ピンチにも陥らず,それなのに強くてモテるみたいな主人公がはやっていて,そういうキャラクターが出てくる作品に人気が集まっているのも分かってはいます。
 でも僕自身ちょっとひねくれ者なところがあるので,今はあえてそこからは距離を置いたものを作りたいという思いが,今回のストーリーのテーマとなるボーイ・ミーツ・ガール&ジュブナイルというところにつながっているんですよ。

ボリューム的にはどのぐらいになるのでしょうか。

高橋氏:
 ストーリーボリュームでは,ゼノブレイド1の1.2倍から1.3倍ほどあります。それに加えて,さまざまなサブクエストや探索,ハイレベルモンスターとの戦いなども入っているので,ゼノブレイド1よりは確実にボリュームがありますね。
 僕がスタートからラスボスまで,脇目もふらずに必要最低限のカスタマイズでプレイして,60時間弱かかるぐらいだったと考えていただければと。

高橋氏:
やはり,いつでもどこでも遊べるというコンセプトがRPGとマッチしていますね。例えばレベル上げやアイテム集めなら,通勤や通学の途中にもできますし,ボス戦やイベントは家に帰って大画面で遊ぶとか,そういった部分が一番魅力的なハードですよね。
 それと本体のディスプレイが高性能なので,携帯モードで解像度が変わっても,TVモードとの差がほとんど分からないんですよ。

エキスパンション・パスを開発しつつ,次回作の構想なども高橋さんの頭の中にはあったりするのでしょうか。


高橋氏:
そこはまだですね。まずゼノブレイド2ありきで,それが多くの方に遊んでいただけないと話になりませんし,まさに今エキスパンション・パスの開発にかかっているところですので,もう少し時が経てば,考える余裕も出てくるのではないかと思っています。

Wiiで発売されたゼノブレイド1がNew 3DS用として発売されたように,XenobladeXをほかのハードで遊べるようにするといった可能性はありますか?


高橋氏:
個人的に,ふとXenobladeXを遊びたくなることがあるので,Nintendo Switchで遊べるといいな……という気持ちはあります。もちろんそこはニーズや,任天堂さんの今後の計画と相談しつつ考えていきます。
7715e345


>それと本体のディスプレイが高性能なので,携帯モードで解像度が変わっても,TVモードとの差がほとんど分からないんですよ。
■携帯モード
20171201220227_000
20171203004805_000
20171203004854_000
fp7nd4f
iCVpYCa

ネットの反応

・ゼノブレ2のインタビューで高橋氏がなろう系ディスってて吹いた。
・だからってキャラデザまで幼稚にすること無いだろ
幼稚な懐古にキャラデザまで合間ったら見てられない
・下ネタをぶっこむ酷さ
・最低なカットシーンだな
・なろう系というよりエロネタ満載でゲスすぎる
・底辺のライトノベルRPG
・やりすぎは萎えるだけ
・この人勘違いしてるけどゼノブレ2の展開なんかなろう系でよくあるやつだぞw
・グラしょぼすぎワロタw
・携帯モードジャギりすぎ
・典型的なJRPGに見られるような寒いノリに耐えられるならやる価値あり。私は駄目だった。

高橋哲哉氏のこのセンスの無さよ(´・ω・`)