cart-odyssey-zelda


ゲーム小売業者:なりゆきゲーム屋ブログ
なりゆきゲーム屋ブログ
驚異のファースト率8割以上!
SWITCHソフトの売れ方がファースト8割以上と話題になっていましたがこれに関しては
逆に8割占めているからこその驚異の普及率だと感じました。

当然の事ながら今、SWITCHをぐいぐい牽引しているソフトは
ゼルダの伝説BOW
マリオカート8DX
スプラトゥーン2
スーパーマリオオデッセイ

このラインナップだからこその200万台普及突破!になっています。
実際本体と一緒に売れる組み合わせですからね。
例えば
発売日から現在(12月)まで発売されたファーストタイトルは
ゼルダの伝説BOW!
マリオカート8DX!
ARMS

のみ!と、なっていたらどうだったでしょう?
SWITCHオンリーのサードソフトのボンバーマン、
3DSマルチのモンスターハンタークロスの注目度が多少上がるでしょうか?
でも、今のような(SWITCHの)売れ方は絶対にしていないと思います
結局、これらのソフトでは「ハードを引っ張っていくには弱い」

ちょいちょい
PS4と普及の早さを比較しているのを見かけますが
PS4が登場した時はPS3が現役バリバリ、
しかも任天堂ソフトに匹敵するファーストソフトがない
今のSWITCHと真逆の状態、スタートダッシュが出来る訳がない。

なのでこのファースト率、
現在のSWITCHの人気っぷりをみればなんの不思議もありません。
ただ・・・・・
任天堂ファーストでハードを買われた方にサードソフトを認知させるのは
生半可ではありません、絶対的なネームバリューみんなが知っている、やっている、環境がいかに作れるか?


来年はサードメーカー様の腕の見せ所ですな。

ネットの反応

・自分はSwitchはファースト遊べれば十分満足
・1年目からこんなに売れるっていうのはやっぱり先代のWiiUのおかげですね。switchはああはならないで欲しい。ただ、80パーセントってやっぱりひどいですね。来年が心配
・むしろ任天堂が、積極的にサードをサポートすべき

・ロイヤリティがありますので、サードが勝つのは無理ですよ
しかも勝負できそうなマルチAAAタイトルは、Switchの低スペックのおかげで出せないようになってるw(直近ではMHWとか思いつきますね)
回収考えたら開発費が限られるサードが、Switch専用タイトルでサードが勝つのは、一般論としては不可能
そういう任天堂専用路線でやってきたレベルファイブが、スマホ、PS4マルチに移行するのでも明らかです
ただ、それやると上にも書きましたが、AAAクラスのクォリティは出せないんですよね…だから同じレベルファイブでも二ノ国2はPS4、PCマルチになる
・まあサードのゲームで言えば今年のVITAとどっこい(11/25付)がスイッチの現状なんで
無理せず堅実に予算に応じたゲームをマルチで出していくのがベターかなと思います
・任天堂の利益は7割以上が海外なので
低性能で海外サードのAAAタイトルが出せないのは割と痛いと思います
なのでインディーズや後発、または劣化マルチに頼ることになる
・売れるには要努力
>このラインナップだからこそ
これらぐらいバカスカ宣伝してやっとやっと「売れるかどうか」の判定町に辿り着けるというのがサードタイトルもはやこれは「努力」などではなく「苦労」でしかないと思います


スイッチ本体が幾ら売れようとも任天堂ユーザーは任天堂ソフトしか求めてないので

Wii/WiiUコースまっしぐらって感じですかね(´・ω・`)