image3905



Access Accepted第557回:Nintendo Switchの成功と 「ニンディーズ」

Access Accepted第557回
 年末商戦に突入した北米ゲーム市場では,ハードウェアやゲームがまさに飛ぶように売れている。とくに注目すべきがNintendo Switchの躍進ぶりで,オンラインショップやショッピングモールの小売店にSwitchや任天堂のソフトがズラリと並んでいる様子を見ると,2017年の欧米ゲーム市場にある種の「厚み」が加わったようにも感じられる。今週は,その成功に一役買ったインディーズゲームと任天堂の取り組みを考えてみたい。

北米のリサーチ会社IDCは,2017年に店頭とオンラインショップで販売されたゲーム用ハードウェアの販売総数を,アメリカとカナダを合わせて約1500万台と予想しており,これは前年比で25%~30%のアップになる。
実際,Sony Interactive Entertainment Americaは,大手ネットワークのCNBCの番組の中で,今年は「史上最高のブラックフライデー」になったと語っており,また,MicrosoftのXbox One XやXbox One Sも好調だという。

Nintendo eShopのセールでは,「I am Setsuna」などのインディーズタイトルがトップページに並んだ
Access Accepted第557回:Nintendo Switchの成功と 「ニンディーズ」

任天堂が2017年に投入したNintendo Switchはこの時期,ファーストパーティのタイトルを含めてとくに値下げなどを行わなかったにもかかわらず,こちらも好調な売れ行きを見せており,Adobeの調査によれば,このサイバーマンデーのオンラインショップで最も売れたハードウェアになったという。
 詳しい数字については今後の発表を待たなくてはならないが,40万台のWii Uを販売するにとどまった昨年(2016年)とは比ぶべくもなく,任天堂は北米ゲーム市場全体の成長に大きく寄与しているようだ。


「スーパーマリオ オデッセイ」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「ゼノブレイド2」,そして「スプラトゥーン2」などの人気タイトルがSwitchの売り上げを後押ししているのは間違いないが,この数年,任天堂が行ってきた,「インディーズゲームの開発者にどれだけアピールできるか」という施策がうまくいきつつあることも,Switch成功の理由の1つではないかと筆者は思っている。
Switchは今や,「ゲームが売れるプラットフォーム」として多くのインディーズゲーム開発者に認識されるようになっており,Nintendo eShopでは毎週のように新作が提供されるなど,Wii U以前とは異なる空気が感じられる。こうした任天堂向けのインディーズタイトルは,海外では親しみを込めて「ニンディーズ」(Nindies)と呼ばれることもある。

実際,2011年にPCなどで大ヒット作となった見下ろし型のシューティング「The Binding of Isaac」を,ストーリーには問題があるという理由からロイヤリティを与えなかった任天堂が,2015年に登場したリメイク版「The Binding of Isaac: Rebirth」を,Nintendo 3DSとWii Uでリリースしている。
Nintendo of Americaでインディーズタイトルを担当していたデーモン・ベイカー(Damon Baker)氏はそのことについて「我が社の認証システムは,『The Binding of Isaac』以前と以降で変化した」と話しており,2015年前後を境に,Nintendo of Americaはインディーズタイトルに対する舵取りを切り替えている。これは,2年後にリリースされるSwitchのための準備だったように思える。
2017年3月にリリースされたSwitchは,当初から「インディーズに優しいプラットフォーム」として海外の独立系デベロッパから評価を得て,「Stardew Valley」「Shovel Knight: Specter of Torment」「I am Setsuna」などの人気タイトルがNintendo eShopを賑わせるようになった。
多くのゲーマーやゲーム開発者達に望まれながら,インディーズゲーム市場になかなか進もうとしなかった任天堂だが,方針を定めてからは機敏で,ゲーマーやゲーム開発者のハートを掴み取るまでには意外なほど時間がかからなかった。今のところ,「Switch躍進の原動力」とまでは言えないかもしれないが,今後,Switch市場が成熟していくにつれ,ニンディーズの存在感も増していくはずだ。
以下全文を読む
海外のインディー開発者の間でスイッチで出せばソフト(インディーゲーム)が売れるハードだと認識されてるようです。
ただ、大手EAがスイッチ版FIFA18の売れ行きを見てスイッチに出すのを様子見したりとゲーム業界全体がスイッチに乗り気というわけではないので、インディー開発者の言う事をあまり鵜呑みにするのは良くないですが、一部インディーがスイッチに出して潤っているというのはあるので、今後もスイッチ向けにインディータイトルは供給され続けると思いますが、インディーがこぞってスイッチに参入することになればやがて供給過多になって埋もれるタイトルも出てくるでしょうし、利益が出ないところが出てくるんじゃないですかね。





【PS4】地球防衛軍5
【PS4】地球防衛軍5
posted with amazlet at 17.12.04
D3PUBLISHER (2017-12-07)
売り上げランキング: 6