gravitydaze2


『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスの稼働期間が7月19日まで延長。海外ファンの熱い想いが届いたか

『GRAVITY DAZE 2』

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは1月12日、『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(以下、GRAVITY DAZE 2)のオンラインサービス終了時期を2018年7月19日に変更することを発表した。当初は2018年1月19日に終了する予定であったが、直前になって半年の延長という判断が下された。


今回の予定変更と直接関係があるかは定かでないが、昨年12月より海外ファンサイト「Gravity Rush Central」の「Draikin」氏を中心に、オンラインサービスの継続を求めるキャンペーン

「#DontForgetGravityRush」が実施されていた。


フォト機能によりプレイヤー同士の交流を生む本作のオンラインサービスは、『GRAVITY DAZE 2』の魅力を語る上で欠かせない。そんな考えに賛同する世界中のファンから、ツイッター上に多くの投稿が寄せられていた。地道な活動のおかげもあってか、キャンペーン開始後、ダスティトークンのオンラインチャートには2万人以上もの新規プレイヤーの名が確認できたという(データは「Gravity Rush Central」より)。


「#DontForgetGravityRush」がSNS上での運動にとどまらず、ゲームのセールスにも影響を与えていたとすれば、間接的ながらそれがSIEの判断を変える一因となったのかもしれない。

いずれにせよオンラインサービス延長というのは喜ばしい知らせだ。上記キャンペーンの発起人である「Draikin」氏も、ツイッター上で「みんなのサポートがなければ判断は覆らなかったでしょう」「わたしたちの努力は無駄ではなかったのです!」とコメントしている。






なおオンラインサービス終了後はトレジャーハント、フォトゴーストといったオンラインコンテンツが停止し、それらのアクティビティを通じて獲得できるダスティトークンならびに各種報酬アイテムを取得できなくなる。

7月19日の終了当日までは「ダスティトークン入手量アップイベント」が開催されているため、本作を未プレイの方や、報酬アイテムを揃えきれていない方は、終了までに遊び尽くしておこう。


以下全文を読む


海外ファンの運動が実を結んだかはわかりませんが、少なからず影響を与えたのは確かでしょう。

ただ、〇〇を追放しろとかスイッチに〇〇をクレクレ運動を起こすアレな連中がいるのは困ったもんですけどね(´・ω・`)




【PS4】GRAVITY DAZE 2 Best Hits
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-12-14)
売り上げランキング: 854