4b5dc37acb63dfd93a7311ac8bc54cde_tb



任天堂によるダンボール製の自作キット「Nintendo Labo」は高すぎる? いろんな遊び方はできるけれど…

任天堂によるダンボール製の自作キット

1月18日、任天堂が新たに発表したNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の周辺機器「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」。

そう、Switchのゲーム体験を強化する画期的なアイテムです。2018年4月20日に発売予定で、同梱されているNintendo Switch用ソフトとダンボールのキットを使えばSwitchがピアノ、ミニハウス、釣り竿など、新しいデバイスに進化します。

プレイヤーはダンボール式のモジュールキットを組み立て、完成したキットにSwitchのコントローラーをはめ込みます。そしてコントローラーのセンサーが組み立てられたキットに反応し、専用ソフトと連動することで遊ぶことができる…という仕組みです。

見たところ、奇抜さ、楽しさ、そして戸惑いが混ざり合ったような...そんな印象を持ちました。


動画の最後のほうに登場するロボットは、別のキットに入っており、値段は80ドル(日本では税別7,980円)です。

どことなく懐かしい感じで、想像上の遊びを実現したような描写のリリース動画を見ると、すぐに和感を覚えてしまいます。いわゆるこういう「ごっこ遊び」の最大のポイントは、子どもの想像力が無限大だということではなく、ごっこ遊びは無料であるということなんです(そしてこのキットは無料ではありません)。モジュール式のダンボール箱が、HDグラフィックスによって台無しにする以外に一体どうやって子どものごっこ遊び体験の質を高めてくれるというのでしょうか?


※改めて、Nintendo LaboにはNintendo Switch用ソフトとダンボールのキットが同梱されています。ただNintendo Switch用ソフト「1-2-Switch」が税別4,980円だったことを考えると、ダンボール代で2,000〜3,000円もプラスされるのは確かに割高かも…。

以下全文を読む




海外ゲーマーから皮肉が効いたコラも続々と投稿
tumblr_p2s05dtuhF1rl04amo1_1280
cfd
4b5dc37acb63dfd93a7311ac8bc54cde_tb

この強気な価格で果たして成功できるか?(´・ω・`)

ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション - PS4
スクウェア・エニックス (2018-03-06)
売り上げランキング: 23